たむらぱん 2枚組ベストアルバム「tamuLAPIN」の収録曲と描き下ろしジャケットを公開

アルバムは2枚組となり、最新シングルでテレビアニメ「京騒戯画」オープニングテーマの「ココ」に始まり、代表曲となっている「ラフ」「バンブー」、2008年7月にリリースされたファーストシングル「ハレーション」まで、たむらぱんが発表してきたすべてのシングル表題曲9曲全曲を収録。
シングル以外のアルバム楽曲からも、ライブの定番曲である「ジェットコースター」、初期の代表曲「責めないデイ」「回転木馬」、近年の意欲作である「おしごと」「フォーカス」「ファイト」、最新作の「love and pain」までを満遍なく収録した26曲は、まさにたむらぱんのオールタイムベスト的内容となっている。

また、たむらぱんが描き下ろしたジャケットだが、初回盤はプレーンな白いキャンバスに「たむらぱん」という名前の由来になっている「LAPIN」(フランス語でうさぎの意味)をモチーフにしたアートワークとなっており、歌詞もすべてたむらぱんの手書き文字が採用されている。
通常盤は黒バックで、たむらぱんが描き下ろした初回盤のイラストに、これまで発表してきたジャケットデザインをコラージュしたアートワークとなっており、どちらもファン必携の力作だ。

なお、たむらぱんは現在、「love and pain」ツアーの真っ最中だが、今週末の2月21日(金)に初のZepp Tokyoワンマンライブを行う。
今回のツアーで初めて披露されている「ココ」のシングルバージョンをはじめ、最新アルバム「love and pain」収録曲、さらに過去の代表曲の数々を網羅した内容になっているので、是非足を運んでみよう。

関連記事一覧