The Wisely Brothers

The Wisely Brothers 主題歌「柔らかな」を書き下ろした映画『青のハスより』に栗原類が映画単独初主演

The Wisely Brothers が音楽を担当し、主題歌「柔らかな」を書き下ろした映画『青のハスより』のメインキャストと最新映像が発表された。

映画『青のハスより』は映画を撮るため東京を目指す男たちの物語とライブツアーを巡るバンドのドキュメンタリーを並行して描く異色の青春群像劇。
主演の荻島役にはバラエティーやモデルとしても活躍中で今作が映画単独初主演となる栗原類、ともに上京する松川役には『モリのいる場所』『素敵なダイナマイトスキャンダル』の大友律、同じく三浦役には『野球部員、演劇の舞台に立つ!』の渡辺佑太朗が出演。
そして物語のカギを握る女性、和田/青蓮役は『桐島、部活やめるってよ』『南瓜とマヨネーズ』の清水くるみが一人二役を演じる。

『青のハスより』は、今年11月に新宿のK’s cinemaほかで順次開催される音楽×映画の祭典「MOOSIC LAB 2018」の長編部門に出品され、映画書き下ろしの主題歌「柔らかな」は2018年11月14日(水)に7inchアナログと配信でリリースとなる。

荻島役(栗原類)コメント
話をいただいた時凄い不安がありました。“僕でいいのか?“と言う恐怖をずっと抱えていました。でも撮影前に大友さん、渡辺さんと顔合わせで会ってお話しもしていったらなんか一瞬“繋がった”と感じて全面的に信じることができました。いい意味で男のダサさがつまりまくった作品です。かっこつけている所やセリフのやりとり。自分が言うのもなんですが、3人組が本当に可愛く見えて仕方なかったです。
このカンパニーの皆さんと一緒に素晴らしいものが作れました。是非よろしくお願いします。
和田/青蓮役(清水くるみ)コメント
一人二役と初めての経験をさせていただきました。初めて行く地域で撮影したりなど、色々なことが新鮮な現場でした。学生時代の仲間、淡い恋心…誰もが感じたことのある感情、懐かしい青春物語になってると思います。たくさんの方に観ていただけると嬉しいです!
The Wisely Brothersコメント
初めて映画に曲を作りました。荻島監督のつくるストーリーの温度が好きです。
誰の物語だって、他の人の目で見れば楽しめるのかもしれない。
何気ない日々の、それぞれの眼差しがいつでも光っているわけじゃないから、彼らが愛しいのかな。
荻島健斗監督コメント 
この映画は私の実体験をフィクションとして再構築するという企画からスタートしました。しかし荻島役(なんと私自身の役)として栗原類さんを迎えられたこと、和田と青蓮という一人二役を清水くるみさんが引き受けてくれたこと、そしてThe Wisely Brothersのライブツアーに同行できたことでその様相が徐々に変化しました。単なる青春ドラマでも音楽ドキュメンタリーでもない、カメラの前で起こる「奇跡」みたいな出来事を捉えているような気がして。この不思議な感覚を共有できる日を、映画に携わったすべての人への感謝を込めて心待ちにしています。

柔らかな
2018年11月14日(水)リリース
7inchアナログ/¥1,500+税 収録曲は後日発表
配信 iTunes/Apple Music/Spotifyなどで配信予定

Soft Power Tour
2018年12月3日(月)名古屋 Live & Lounge Vio
2018年12月4日(火)大阪 Live House Pangea
2018年12月13日(木)東京 TSUTAYA O-Nest

リンク
The Wisely BrothersオフィシャルHP wiselybrothers.com/

関連記事一覧