チャラン・ポ・ランタン 二人編成全国ツアー完走

唄とアコーディオンの姉妹ユニット、チャラン・ポ・ランタンが2018年7月29日(日) 大阪市中央公会堂にて全国ツアー『チャラン・ポ・ランタン ホールツアー2018 唄とアコーディオンの姉妹劇場 ~ページをめくって~』のツアーファイナルを開催した。

今回のツアーは、6月からスタートした姉妹二人編成のLIVEで、 全国12公演を実施。
コンセプトはツアータイトルから連想し、ページをめくる”紙”をテーマに、真っ白な空間をイメージ。
手作りのステージセットや衣装には真っ白な紙を使用するなど、チャランポらしいオリジナリティ溢れる世界観を作り出した。

本編では、何にも染まらないまっさらな気持ちを感じてもらうようにと、このツアーでしか聴けない未発表の新曲を多数披露。
ど頭から新曲「春のあお」で始まり、6月にリリースされた新曲「ページをめくって」や「juu-juu」、また、これまで発表された二人の歴史を感じることのできる楽曲たちを畳み掛けるようにパフォーマンスしていく。
そして本編のラストにも未発表の新曲「あの丘の向こう」を披露。
途中、セットリストの間には地面に撒かれた紙を拾い、物語を読むシーンが数回見受けられたが、実はこの楽曲の歌詞を朗読しており、本編を通して一つの物語が完結する演出に、会場からは惜しみない拍手が沸き起こった。

アンコールでは現在『小学館の図鑑NEO』CMソングとして放送中の新曲「ガリレオ」や、自身の代表曲「進め、たまに逃げても」「ムスタファ」を披露。そして「最後の晩餐」で締めくくられると、会場のオーディエンスは総立ちとなり、惜しみない拍手がステージ上の二人に贈られた。

結成丸9年が経ち、10週年イヤーに突入したチャラン・ポ・ランタン。
今ツアーで姉の小春にが奏でるアコーディオンは、様々なアーティストのサポートとしての経験を経たことでより厚みが増しており、たった一つの楽器で奏でているとは思えないほどの音色を生み出した。
そこに舞台等の役者活動により表現力の増したヴォーカルももの声が重なりることで生まれるサウンドは10周年を迎え進化した二人だからこそ生み出せるものであり、二人の音楽性の高さを見事に表現したツアーと言えるだろう。

MCでは11月23日(金・祝)に結成10周年を記念した一夜限りの特別なLIVE『10周年目突入記念公演”大拍乱会”』がNHKホール(東京)で開催することを改めて発表。

とどまることを知らない二人の進化にこれからも注目だ。

10周年目突入記念公演”大拍乱会”
2018年11月23日(金・祝)OPEN 16:45/START 17:30
東京・NHK ホール
チケット料金:全席指定 ¥5,000(税込)
※3歳以上はチケットが必要、3歳未満も座席が必要な場合はチケットが必要
チケット一般発売日:2018年9月23日
※問い合わせ先:ホットスタッフ・プロモーション 03-5720-9999(平日 12:00〜18:00)
www.red-hot.ne.jp/

リンク
チャラン・ポ・ランタン オフィシャルサイト www.charanporantan.net/

関連記事一覧