• HOME
  • 全ての記事
  • レポート
  • 校庭カメラガールドライ(コウテカ3)の屋外フェス”PLAYGROUND MUSIC FESTIVAL”は「ハンパないくらい めっちゃダンス!」

校庭カメラガールドライ(コウテカ3)の屋外フェス”PLAYGROUND MUSIC FESTIVAL”は「ハンパないくらい めっちゃダンス!」

3人組ラップユアイドルニット・校庭カメラガールドライ(コウテカ3)主催のフリーイベント「PLAYGROUND MUSIC FESTIVAL」2018年10月27日(土)が稲毛海浜公園野外音楽堂で開催された。

MELLOW MELLOW、桜エビ~ず、RYUTist、amiinA、Maison book girl、校庭カメラガールドライ(出演順)というフリーイベントとは思えないほど豪華かつ個性豊かな6組のアイドルグループの共演。イベントはそれぞれが互いの持ち味を発揮し、グループの魅力と音楽の楽しさを伝えるイベントとなった。

開催前は悪天候の予報もあった中で迎えた当日だったが、イベントが始まる頃には空を覆っていた雲も切れ、秋の日差しがそそぐ絶好のフェス日和り。

トップバッターはMELLOW MELLOW。フェスならではの開放的な空気と観客の盛り上がりにメンバーのSENAも「どこも盛り上がってない場所がない!最高!」とハイテンション。「アテンションガール」などのダンストラックで観客を盛り上げイベントを勢いづかせると、続いて登場した桜エビ~ずは、ファンクなサウンドからエレクトロニカにロックまで、音楽的な幅広さとクオリティの高さを併せ持つ楽曲を次々に披露。この先に続くイベントへの期待感を大きく膨らませて、RYUTistへバトンタッチ。

新潟を拠点に活動するアイドルRYUTistも音楽通のアイドルファンを唸らせてきた楽曲とそのパフォーマンスを存分に見せつけた。途中「青空シグナル」「無重力ファンタジア」「Blue」をMIXするなど趣向を凝らしたライブを展開。最後はご当地新潟のゆるキャラを手に代表曲「ラリリレル」で締めくくった。

若干のインターバルを挟んで、ステージに現れたのはamiinA。「Jubilee」で最初からアクセル全開のにスタートしたライブは「Caravan」「Unicorn」と現在進行系のamiinAを見せつけんばかりのステージを繰り広げる。振り返ってみるとamiinAと校庭カメラガールドライは、現体制となる前の活動初期には盟友と呼んでもいいほど鎬を削り合っていたていたグループだった。その後はそれぞれの活動と変遷を重ねて現在に至っているが、互いに意識しあっていたグループであったことは過去の対談でも匂わせている。そんなコウテカ3がamiinAを自らの主催イベントに招くということは、普通の対バンイベント以上の意味を持っていたのかもしれない。

「Canvas」を歌い終えたamiinAは「暑いから脱いでいいですか?」と衣装のジャケットを脱ぎ捨て、黒の上下のスタイルに。そしてamiから「アイドルって辞めたり解散したりとか、結構あると思うんですけど、私はずっと継続してたら必ずゴールは見えると思うんですよ。最後に歌う曲は新しい一歩を踏み出すための曲を歌いたいと思います」と語り、miyuも「私たちが続けている証として聴いてもらえたら嬉しいです」と受けると最後の曲として「リフレイン」を披露する。そしてイントロが流れ出すと、ステージ奥から校庭カメラガールドライの3人が登場。湧き上がる観客の前で黒い衣装に身を包んだ5人のコラボライブが実現。かつてはコラボ楽曲もリリースしていた2組の邂逅を昔からのファンやそれぞれのスタッフはどんな思いで見届けただろうか。メモリアルなひと時を観客に送り届けてamiinAと校庭カメラガールドライはステージを後にした。

続くMaison book girlは、観客がSEに合わせてクラップを上げる中、新衣装を身にまとって登場。ブクガにとって屋外のロケーションは、ミスマッチさも感じなくもなかったが、「bath room」や「おかえりさよなら」など過去曲と新作を織り交ぜたライブを進めるうちにメンバーたちの洗練さを増したパフォーマンスと独創的な楽曲が観客達をブクガの世界観に引き込んでいくその姿からはもはや風格すら感じられた。
どちらかと言えば開放感を満喫する空気感が漂っていたこの日のイベントも、ブクガのライブが良い意味での引き締め役を演出し、イベント全体の価値をより一層高めているようでもあった。

そんな各出演者たちの充実のライブを終えたクライマックスを迎えた中、稲毛海浜公園野外音楽堂のトリとしてステージに現れたコウテカ3。客席サイドに背を向け、そのままの姿勢で「Tronto Lot」からスタートしたライブは、一曲目からレイブパーティーを彷彿させる盛り上がりを見せる。

グループの活動開始から約1年。節目となる記念のライブにきゃち まいはーは「今日、このフェスを選んでここに来てくれてるみなさんと一緒に最後まで最高の思い出を作るためにもっともっと私たちでブチ上げていくぞ!」と煽りを入れ、他のアイドルファンをも巻き込みながらさらにボルテージを上げていく。

その後も「Slowly World」「No limit Dance」と屋外ライブらしいアッパーなセットで畳み掛けるコウテカ3は、後半の「Lonely lonely Montreal」の曲中にぱちょと んぱが12月31日にオールナイトイベント「PLAYGROUND COUNTDOWN FESTIVAL」を開催することを発表。さらに盛り上がった客席を前に「踊るか踊らねぇかしかねぇから!」とぱちょと んぱが強烈な煽りを浴びせかける「Lovin flash Da Bagdad」でライブのテンションはピークを迎え「ハンパないくらい めっちゃダンス!」の大合唱が会場を包んだ。

そしてラストはピアノの音色が印象的な「Girlz Can’t (Unplugged)」で上がりすぎた熱量を”覚ます”ようにしっとりとライブを終わらせ、校庭カメラガールドライ主催の「PLAYGROUND MUSIC FESTIVAL」は幕を閉じた。

校庭カメラガールドライはこの先も年内にアルバムリリースを予定しているほか、2018年11月7日(水)にはアイドルラップグループlyrical schoolらとの対バンイベント「GK NITE」への出演を控えるなど、目が離せない状況がまだまだ続きそうだ。

GK NITE(ジーケーナイト)
2018年11月7日(水)OPEN 18:30/START 19:30
渋谷 SOUND MUSEUM VISION
チケット:前売り 3500円/当日 4000円(+1d:600円)
チケット販売:2018年9月22日(土)10:00〜
イープラス sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002273652P0030001
【訂正】プレイガイドおよびチケットのイベント開始時間の記載に誤りがありました。
(誤)19:00 開演
(正)19:30 開演
上記、記載通り開演は19:30からとなります。お詫びして訂正いたします。

▼ 出演者
lyrical school/校庭カメラガールドライ/彼女のサーブ&レシーブ/WB
主催:MUSIC INISIGHT

リンク
校庭カメラガールドライ オフィシャルサイト tapestokrecords.com/
amiinA オフィシャルサイト amiina.jp/
桜エビ〜ず オフィシャルサイト www.sakuraebis.jp/
Maison book girl オフィシャルサイト www.maisonbookgirl.com/
MELLOW MELLOW オフィシャルサイト mellowmellow.jp/
RYUTist オフィシャルサイト ryutist.jp/

関連記事一覧