ELEPHANT NOIZ KASHIMASHI

ELEPHANT NOIZ KASHIMASHI×マーフィーの会 共同企画「KISS」 ダイジェスト映像公開

2012年結成以降都内を中心に精力的にライブ活動を行い、ノイズの概念を日々更新・再構築。ライブハウスシーンに爪痕を残し続ける新世代6人組ノイズバンド「ELEPHANT NOIZ KASHIMASHI」と、2006年からアンダーグラウンドで活躍するミュージシャンを中心にブッキングを行い、通算60回の主催イベントを企画してきた「マーフィーの会」の共同企画として、2018年5月13日にTSUTAYA O-NESTで開催されたライブイベント『KISS』。出演バンドは「qujaku」「ENDON」「ELEPHANT NOIZ KASHIMASHI」「cunts」の豪華4組。
爆音・轟音に会場が終始包まれる衝撃的な一晩となり、イベント終了後、来場者から多くの反響がSNSを中心に飛び交い話題となった。

そんな『KISS』のダイジェスト映像が先週公開。撮影は、日本で一番ELEPHANT NOIZ KASHIMASHIを撮っている男・白岩義行を始め、ホシノダイスケ、沢野裕也。編集も白岩義行が手がけ、各バンドのライブ映像が長尺で収録され、見応えのある一本となっている。

また先日「ELEPHANT NOIZ KASHIMASHI」は、「qujaku」の秋の東名阪ツアーに追加出演することが決定し、『KISS』以来、約半年ぶりに「qujaku」との対バンを控えている。

二度とないであろう貴重な4組による記録を、是非チェックして欲しい。

関連記事一覧