• HOME
  • 全ての記事
  • レポート
  • Hilcrhyme/ソロ名義のTOC 2組出演の生誕祭開催。歳の数だけ(37人)女性ファンをステージに上げる異色な演出も。シークレット・トークゲストとして盟友のDJ松永(Creepy Nuts)が出演

Hilcrhyme/ソロ名義のTOC 2組出演の生誕祭開催。歳の数だけ(37人)女性ファンをステージに上げる異色な演出も。シークレット・トークゲストとして盟友のDJ松永(Creepy Nuts)が出演

自身の誕生日である10月4日に「TOC生誕祭2018」を恵比寿LIQUIDROOMにて開催したHilcrhyme/TOC。
2018年7月リリースの「One Man」、そして9月に日比谷野音にて開催されたワンマン・ライヴにて、本格的にHilcrhymeはMCであるTOC一人のプロジェクトとして始動。それを受け、今回のライヴは、メインでステージに立つのはTOC一人なのだが、HilcrhymeとしてのTOC(トク)と、ソロとして5年前から活動を展開してきたTOC(ティーオーシー)の、2つのプロジェクトを同時に提示する構成で展開された。

まずはソロであるTOC(ティーオーシー)サイドからライヴはスタート。ステージに明かりが灯り、Gucciのスタジャンに身を包んでステージに登場したTOCは、「Today is my birthday!」とシャウトし、2013年の誕生日にリリースされたソロ・デビュー曲“BirthDay”を披露。ソールド・アウトした会場は、ファンが手にするTOCの誕生日を祝う赤いサイリウムに埋め尽くされる。その光景にはTOCも驚いたようで「こんなLIQUIDROOM初めて見たよ。ありがとう」と会場にメッセージする。その言葉と呼応するように、会場からは「おめでとう」というコールが様々な場所から起き、その光景からは、TOCとリスナーとの深いつながりを感じさせられた。

「TOCのソロ・デビューから今年で5年目。毎回来てくれるみんなにお礼を言いたい。本当にありがとう。じゃあ俺のソロにとって重要な作品、アルバム『SAFARI PARK』から」とアナウンスし、2ndアルバム収録の“SAFARI PARK”、そして「関西からも仲間が来てるぜ!」と、ラッパーのMARとSNIPE、そしてTOCがヘッドを務めるレーベルであるDRESS RECORDS所属の弘Jr.をステージに招き入れ、“SIZE feat.MAR, SNIPE, 弘Jr. ”を披露し、会場の熱気を高めていく。

そして「お客さんにサイドキック(メインのラッパーをサポートする役目のラッパー)やらせるなんて、他にいないんじゃない?」という言葉から、客席からTOCの曲を歌える自信のある男性を立候補させ、その中から二人をステージに上げ、共に“Bird”を披露。自ら立候補しただけあり、TOCのラップをしっかりと援護し、TOCも「どうなることかと思ったけど、スゲえ良かったよ。流石俺のファンだな!」と満足げな表情を浮かべる。

そのままハードなビートに彩られた“リスキーダイス”、じっくりと聴かせる“過呼吸”とカラーの違う2曲を披露し、ソロとしての幅の広さを見せる。そして「ソロを5年間やって、当初から変わらない事がある、それは女性をステージに上げる事。今回は齢の数だけ女性をステージに上げたい」と宣言し、37人の女性ファン(!)をステージに上げ、まさに「女性に囲まれながら」、“HATE”を披露。異様な高揚感の中、女性にもみくちゃにされながらラップするTOCと、「何が起こってるんだ……」というあっけにとられた表情を浮かべるバックDJのDJ AGETETSUとのコントラストが、非常に印象的だった。

TOCソロのライヴが終了すると、ステージには2年前までTOCのバックDJと務めていたDJ松永(Creepy Nuts)が、TOCの愛車の立体バースデー・ケーキを持って登場。同じ新潟出身であり、旧知の仲である二人の話は、際どい部分にも踏み込みながらも、「TOCさんはめちゃくちゃ正義感が強い、捨て身で人を助けられる、本当に凄い人」とDJ松永がTOCを評すれば、TOCも「松永は俺が去年落ち込んでた時に、むやみに励ましたりするんじゃなくて、良いニュースを出せるようになった時に、反応してくれた。それが嬉しかったし、信用できる」とお互いにへの信頼感を口にし、友情を感じさせるトークを展開。それに続いてはTOCがプロデュースするアイウェア・ブランド「One Blood」のサングラスなどが当たるプレゼント抽選会が行われ、「生誕祭」というコンセプトに相応しい、アットホームな雰囲気で、ライヴは進行していく。

DJセットが片付けられ、黒のセットアップに衣装チェンジしたTOC(トク)が再登場すると、Hilcrhymeサイドのライヴ・パートがスタート。
初っ端からHilcrhymeをスターダムに押し上げた“春夏秋冬”を披露し、会場からは大きな合唱の声が上がる。そして最近のライヴではあまり披露されなかった“チャイルドプレイ”がパフォームされ、その意図について「この曲はライヴでは久々にやったけど、今日のHilcrhymeのライヴにはコンセプトがあるんだ。その意図に気づくかな?」とオーディエンスに謎を問いかけるTOC。

そのまま「じゃあ、こう続けていけば謎が解けるかな」と“BOYHOOD”、“友よ”、“Kaleidoscope ”を披露。「今日披露する楽曲は、2009年のデビューから、2010年、2011年って、リリースした曲を1年毎に披露してるんだ。しかも俺が気に入ってる、好きな曲に絞ったから、そのチョイスも楽しんで欲しい」と、Hilcrhymeパートの選曲コンセプトについて解説する。
そして、「めんどくさい女子に捧げるよ」と“Lost love song”、「めんどくさい男子、一緒に歌ってくれ」と“⾔えない⾔えない”と展開し、Hilcrhymeの構築性の高いラヴ・ソングを会場にアピールする。

「9月の野音では、初めてステージ上で涙が止まらなくなったんだ」と、ワンマンライヴを振り返るTOC。「だけど今は笑っていこうぜ!」と、オーディエンスと共に「笑え」とコール・アンドレ・スポンスしながら、“WARAE ~In The Mood~ ”、そして“恋の炎 ”とラスト・スパートをかけ、ラストは最新曲となる“アタリマエ”を披露。活動を中止しなければならなかった事態があったからこそ、いまはHilcrhyme、そしてTOCがリスナーにとってオーディナリーである、つまり「当たり前の存在」である事を、強くオーディエンスに宣言した。

「楽しんでくれた?どこに行っても帰ってくる場所は俺だから、またみんな遊びに来てよ。仲間と、そしてあなたに感謝を。気をつけてね。バイバイ」と軽やかにステージを降りるTOC。その背中に大きな声援が沸き起こり、この日のステージは終了した。

HilcrhymeとTOC。ベース・ミュージックの吸収やエッジなサウンド感といった最新系のヒップホップとのリンクや、タイトで力強いハードなラップ・スタイルなど、ストリートとの接続性を感じさせるTOCソロ。ラップとメロディアスなヴォーカル性を混和させたスタイルと、J-POPとの親和性の高いトラックで、ポップスとしての機能性を高めるHilcrhyme。共にTOC一人でのプロジェクトではあるが、その違いは、ざっくりと言えば、そう切り分けることが出来るだろう。そして、そういったそれぞれのスタイルの違いをこの一夜の中で見せることで、その感触の違いを、リスナーにしっかりと提示した「TOC生誕祭2018」。その意味でもTOCが、Hilcrhyme/TOCの2つをどのようにこれから動かしていくのか、そしてどのようなカラフルな世界観を提示していくのか、今後の展開を期待させられる、非常に充実の好イヴェントだった。

TOCは、この生誕祭を毎年10月4日に開催していくことを高らかに宣言。ぜひ、予定していてほしい。
また、本公演では、2019年1月9日(水)にLIVE DVD/Blu-ray 『Hilcrhyme LIVE 2018「One Man」』が発売されること、そしてこの映像作品の発売を記念したHilcrhyme出演のトーク+先行上映会を12月26日より全国5都市で開催することが発表された。
(Text by高木“JET”晋一郎/Photo by Real☆SHOT MASATO )

TOC生誕祭2018 セットリスト
2018年10月4日@恵比寿LIQUIDROOM
▼ TOC
1.BirthDay
2.武器と勇気
3.SAFARI PARK
4.SIZE feat.MART,SNIPE,弘Jr.
5.Bird
6.リスキーダイス
7.過呼吸
8.HATE
▼ Hilcrhyme
1.春夏秋冬(27歳/2009年発売)
2.チャイルドプレイ(27歳/2009年発売)
3.BOYHOOD(28歳/2010年発売)
4.友よ(29歳/2011年発売)
5.Kaleidoscope(30歳/2012年発売)
6.NEW DAY, NEW WORLD (31歳/2013年発売)
7.Lost love song(32歳/2014年発売)
8.言えない言えない(33歳/2015年発売)
9.WARAE 〜In The Mood〜(34歳/2016年発売)
10.恋の炎(35歳/2017年発売)
11.アタリマエ(36歳/2018年発売)

Hilcrhyme LIVE 2018「One Man」
2019年1月9日(水)リリース
Blu-ray(1枚組み)/POXE-12100/7,344円(税込)
DVD(2枚組み)/POBE-12100/1/6,264円(税込)
2018年9月2日(日)に東京・日比谷野外大音楽堂で開催された、『Hilcrhyme LIVE 2018「One Man」』が映像作品化。
チケット即完につき、全国の映画館でのライブ・ビューイングやWOWOWでの生中継も行われた話題のライブを全26曲完全収録。伝説の公演が蘇る!ボーナス映像には、公演までのドキュメント映像を収録。
LIVE CD
『Hilcrhyme LIVE 2018「One Man」』 同時発売

LIVE DVD/Blu-ray『Hilcrhyme LIVE 2018「One Man」』発売記念、特別先行上映会
当映像作品の発売に先駆け、全国5都市にてHilcrhyme出演のトーク+LIVE DVD/ Blu-ray ダイジェスト特別先行上映会を開催することが決定。
(東京公演のみHilcrhyme出演のトーク+LIVE DVD/ Blu-ray ダイジェスト特別先行上映+ライブ)
2018年12月26日(水)START 18:30 東京:ヒューリックホール東京(トーク・上映/LIVE)
2018年12月28日(金)START 19:00 福岡:Tジョイ博多(トーク・上映)
2018年12月29日(土)START 14:00 大阪:梅田ブルク(トーク・上映)
2018年12月29日(土)START 19:00 名古屋:ミッドランドスクエアシネマ(トーク・上映)
2018年12月30日(日)START 18:00 新潟:Tジョイ新潟万代(トーク・上映)
特別先行上映会内容
Hilcrhyme出演 上映前トークイベント
2018年1月9日(水)発売LIVE DVD/Blu-ray『Hilcrhyme LIVE 2018「One Man」』のダイジェスト先行上映
※12月26日(水)の東京会場のみLIVEも実施。
チケット料金
2018年12月26日(水)東京公演 ¥5,800(税込/ドリンク代別)
東京公演以外 ¥2,800(税込)
チケット一般発売 2018年12月1日(土)10:00〜

Hilcrhyme TOUR 2019“Hill Climb”
2019年2月2日(土)OPEN 16:30/START 17:00 広島・HIROSHIMA CLUB QUATTRO
2019年2月3日(日)OPEN 16:30/START 17:00 岡山・CRAZYMAMA KINGDOM
2019年2月9日(土)OPEN 16:30/START 17:00 福島・郡山 HIPSHOT JAPAN
2019年2月11日(月・祝)OPEN 16:30/START 17:00 神奈川・Yokohama Bay Hall
2019年2月16日(土)OPEN 16:30/START 17:00 千葉・柏PALOOZA
2019年2月17日(日)OPEN 16:30/START 17:00 静岡・浜松窓枠
2019年2月23日(土)OPEN 16:00/START 17:00 熊本・B.9 V1
2019年2月24日(日)OPEN 16:00/START 17:00 福岡・DRUM LOGOS
2019年3月2日(土)OPEN 16:30/START 17:00 岐阜・club-G
2019年3月3日(日)OPEN 16:30/START 17:00 兵庫・神戸 THE CHICKEN GEORGE
2019年3月9日(土)OPEN 16:30/START 17:00 長野・CLUB JUNK BOX
2019年3月16日(土)OPEN 16:30/START 17:00 愛媛・松山WstudioRED
2019年3月17日(日)OPEN 16:30/START 17:00 香川・高松オリーブホール
2019年3月21日(木・祝)OPEN 16:30/START 17:00 石川・金沢EIGHT HALL
2019年3月23日(土)OPEN 16:00/START 17:00 大阪・なんばHatch
2019年3月30日(土)OPEN 16:30/START 17:00 北海道・札幌 PENNY LANE24
2019年3月31日(日)OPEN 16:30/START 17:00 宮城・仙台Rensa
2019年4月6日(土)OPEN 16:30/START 17:00 愛知・名古屋 DIAMOND HALL
2019年4月7日(日)16:00/START 17:00 東京・Zepp DiverCity Tokyo
2019年4月13日(土)OPEN 16:30/START 17:00 新潟・新潟LOTS
▼ チケット料金
前売 ¥5,500(税込/ドリンク代別)当日 ¥6,500(税込/ドリンク代別)
※3月23日 大阪/4月7日 東京公演
前売 ¥6,000(税込/ドリンク代別)当日 ¥7,000(税込/ドリンク代別)
▼ 席種
オールスタンディング
3月23日 大阪/4月7日 東京公演のみ スタンディング/2F 指定席
▼ 年齢制限
3歳以上有料、3歳未満入場不可
▼ チケット一般発売
2018年11月3日(土・祝)

関連記事一覧