2014年1月ごろの映画観覧まとめ

2014/02/06 00:16日記的な 映画 

やまー。

備忘録も兼ねて2013年末から2014年1月ごろまでの見た映画まとめと一言感想。
基本的にタマフルか町山智浩さんが推したものしか見ない感じです。

「もらとりあむタマ子」 監督:山下敦弘/脚本:向井康介

ダメだな、日本は。前田敦子と中学生とのやりとりが面白すぎる。富田靖子がめちゃきれい。


「ゼロ・グラビティ」 監督・脚本/アルフォンソ・キュアロン

IMAX 3D初体験。目の前全てがスクリーンの尋常じゃない臨場感。鑑賞後「生還できた...」と言う実感に満たされる。ガンダムの大気圏突入を思い出しながら見てた。おかーさーん!かわいい女の子が出てこない。


「奇跡」 監督・脚本:是枝裕和

是枝監督作品初見。まえだまえだがハマりすぎ、特に弟。橋本環奈がこの時点で信じられないぐらいかわいい。


「横道世之介」 監督:沖田修一/脚本:沖田修一・前田司郎

青春映画の金字塔。個人的には「桐島...」よりも全然好き。メイドのズームが一番泣いた。この記事も読んでね。吉高由里子がかわいすぎた。


「アウトロー」 監督・脚本:クリストファー・マッカリー

邦画の名作ばかりみていたのでちょっと息抜きした感覚。そこそこ普通に楽しかった。かわいい女の子が出てこない。


「はじまりのみち」 監督・脚本:原恵一

美しい映像が作り出す世界観だけでもう満足。最後の木下惠介映画の引用の納得感でお腹いっぱい。物語的にはものづくりをしてる人がより共感できると思う。物言わぬ田中裕子のお芝居。旅館の姉妹がかわいい。


以上です。

これから見たい映画は

・ばしゃ馬さんとビッグマウス
・母なる証明
・ビフォア・サンライズ、ビフォア・サンセット、ビフォア・ミッドナイトの3部作
・凶悪

他に何かいいのあったら教えてください。