2016年1月30日のBlu-SwingとEspeciaの2マンについて書いてみましたよ。

やまー。

2016年1月30日(土)に【ガチ恋!】2度目の主催イベント「【ガチ恋!】WINTER BREEZE 2016」を開催します。

VIP席、一般席の予約は終了し現在は当日券扱いの事前予約を受け付けてますので、詳細を知りたい方は↓のバナーをクリックしてください。

【ガチ恋!】WINTER BREEZE 2016 Blu−Swing Especia

前回はEspecia、WHY@DOLL、Faint⋆Star、Stereo Tokyoの4組に出演していただきましたが今回開催するのは異色の対バン。ジャズ・バンドのBlu-Swingと前回も出演してもらったEspeciaの2マンライブを企画しました。

ご来場いただける方の中には「Especiaってなに?」「Blu-Swingって誰?」「つーか、なんでこの2組?」と思う方もいるかもしれませんので、当日のライブをより楽しんでもらうために今回のイベントを企画した背景について書きたいと思います。

先にネタバレをしてしまうと、この2マンの企画はリベンジです。実は1年半前ぐらいにこの2組の共演を画策していて、その時も実現一歩前までいったのですが、スケジュールの折り合いがつかず「またの機会に...」となってしまいました。

ただ、その後もこの企画は頭に残ってて、2015年夏の自主企画を経て「やろうと思えば自分でできる」と思えるようになったのが今回の企画の始まりな気がします。

Blu-Swingについて

お付き合いの長さで言うと実はEspeciaよりも長いのがBlu-Swingです。
最初に知ったのは2009年、【ガチ恋!】の前身サイトのINMUSICを運営していた時にJABBERLOOPと言うジャズバンドを紹介され、見に行ったイベントで共演していたのがBlu-Swingでした。

当時の僕にとってジャズは全く縁遠いジャンルの音楽だったのですが、"クラブ・ジャズ"というかしこまった雰囲気ではないスタイルとバンドメンバーの若さ(たぶん全員20代だったはず)に、僕の「ジャズ=大人の音楽」という固定観念はきれいさっぱりなくなりました。

しかも曲がすごくよかった。
Blu-Swingはその日が全くの初見で曲も初めて聴いたのですが、「Sum」と言う曲に完全にやられました(https://itun.es/jp/q_Xsr?i=290136040)。

それ以降、事あるごとにライブに通い、サイトの企画として当時はまだ珍しかったライブのUSTREAM配信をやったりもしましたが、ライブのたびに演奏がどんどん上手くなっていくBlu-Swingを見ている内に普通にファンになってしまいました。

そんなご縁だったBlu−Swingなのですが、2013年11月にAORをフィーチャリングした「SUNSET」と言う曲がYouTube上に公開されました。

「え、AOR? Blu-SwingがAOR??」

Blu-Swingの全て(で、あってるかな?)の楽曲を作るyusukeさんはジャズバンドのメンバーでありながら、個人名義ではエレクトロなアルバムもリリースしていたり、さらには2015年には東京女子流のアルバム「REFLECTION」のメインアレンジャーになったりと意欲的な制作活動をしているのですが、当時のBlu-SwingがAORに寄せてくるとは全くの予想外で、僕の頭の中で最初に"Blu-Swing x Especia"の可能性を感じたのがこの瞬間でした。


Especiaについて

新木場スタジオコーストのワンマンライブで発表された三ノ宮ちか、三瀬ちひろ、脇田もなりの卒業。

驚きました。そして寂しい発表でした。事前に全く聞いてなかったこともあってショックも大きかったんですが、今回のイベントを企画した直接のきっかけはその発表を聞くさらに前、2015年11月7日に横浜のF.A.D YOKOHAMAで開催された全国ツアーの神奈川の公演でした。

この日のライブが本当に素晴らしくて、ライブを見ながら思わず号泣してしまった(恥)ぐらいだったんですが、見終わった後に「このパフォーマンスはもっとたくさんの人に知ってもらわないと!Especiaを知らない人達にも届けないと!」という謎の使命感に駆られた僕は、その時ハッとBlu-Swingのことを思い出し、公演後メンバーに「次のイベントやるから!」と伝えて今回のイベント開催に向けて動き始めました。

今回がリベンジということもあり、スケジュールさえ合えば実現できると思っていたのですが、この2マンをやる上でどうしてもこだわりたかったのが会場でした。
せっかくの2マンなのに普通のライブハウスじゃつまらない。この2組だからできるpremiumでespecialな場所でやらなきゃ意味がない。そう思って会場として選んだのが、僕が初めてBlu-Swingを見た渋谷Jz Bratでした。

渋谷Jz Brat
渋谷Jz Brat


Blu-Swingはこの会場で何度もライブをやっている常連ですが、Especiaにとっては初めての場所。しかもEspeciaにとって初めてなだけでなく、Jz Bratでアイドル(シーンで活動する)グループがライブをやること自体が今回初めてです。

Especiaの先輩でもあるBiSは下北沢シェルターでアイドルとロックの垣根を乗り越えました。ならば後輩のEspeciaにはアイドルとジャズの間に風穴を開けてもらおう。それができるのは数多いるアイドルの中でEspecia以外いないっ!そんな身勝手な思い入れを描いていたのですが、もし僕が真正面からJz Bratにオファーをしてたら断られたんじゃないかと思っています。そして、そこの間を取り持ってJz Bratに対して話をしやすくしていただいたのはBlu-Swingのスタッフさんなので、本当にそのご尽力には感謝しています。


Especiaファンの方にはBlu-Swingのライブはぜひとも見て欲しい。卓越した演奏技術とその調べにのせて歌うyu-riさんの歌声は必ずみなさんの琴線に触れるはずです。
そしてBlu-Swingファンの方にもEspeciaのライブを見て「アイドルにこんなグループがいるんだ!?」という驚きとそのファンの人達が送る熱い愛にあふれた声援を見届けて欲しいです。

Especiaから3人が卒業する発表があったことで今回のイベントの趣旨は当初の僕の目論見とは若干変わってしまったかもしれませんが、これからもEspeciaを続ける冨永悠香と森絵莉加の二人には今回のイベントを新生Especiaを続けていく上での一つの足がかりにしてもらえたらと思うし、卒業する3人にとっても今回のイベントが3年半Especiaをやってきた成果の一つとして、残り少ない5人でのライブを目一杯楽しんでもらえたら嬉しいです。

そして何よりお越しいただいたみなさんにとって、今回のイベントは音楽に対する新たな発見とさらに深く音楽を楽しむきっかけを与えてくれる2マンライブになるに違いないと思っていますので、期待して当日をお待ちいただけたらと思います。

【ガチ恋!】WINTER BREEZE 2016 Blu−Swing Especia
蝶野正洋のメンズファッションブランドARISTRIST(アリストトリスト)のECサイト