BELLRING少女ハートを未見のアイドルファンや音楽ファンに届けたいベルハーに思うあれこれ。

2016/12/05 16:23編集後記 ベルハー 

やまー。

BELLRING少女ハートから朝倉みずほと柳沢あやのが脱退しかも年内をもって活動休止、という「はへっ!?!?」としか言いようがないニュースが飛び込んできた2016年10月の某日。

ここ最近のアイドルシーンを見ていれば、いつどこで何が起きてもおかしくないという心の準備はうっすらとですが常にしていたつもりだったのですが、それでもこのニュースには驚かざるを得ませんでした。

だって。だってですよ。【ガチ恋!】ではその少し前にカイちゃんの単独取材をしたばかりだったし、取材のときには気配は全くなかった訳ですし...。

とは言え、決まってしまったことは決まってしまったこと。現行体制のベルハーは2016年12月31日をもって終了、グループは一時活動休止となり、朝倉みずほは引退、柳沢あやのはソロへと転身していくことになります。

現BELLRING少女ハートに残されたあと1ヶ月弱の活動期間。とりわけ12月22日(木)に控えている赤坂ブリッツでのワンマンライブをなんとか成功させるべく先行するヲタちゃん(←ベルハーファンの総称)の檄ブログにならって、若輩ながら僕もベルハーのどこがすごいのか、何にこんなにも狂わされてしまっているのかを書き綴ってみようと思います。

心を震わされているのは、"暴れる"ヲタちゃんたちだけじゃない

僕から見たベルハーの歴史語りから入ろうと思ったんですが、まず最初にどうしても書いておきたいと思ったのがこれです。

ベルハーと言うとライブで暴れるファンとその結果として時折起こるイベント主催者とのトラブル...みたいなことがネット上で取り沙汰され「ベルハーのライブは怖い。荒れる。」みたいなことを言われたりしますが、ベルハーのライブが本当に怖いのか?荒れているのか?と言うと...否!それは断じて否!なのです。

たしかにフロアの中央以前のヲタちゃんたちはリフトにサーフにモッシュにと毎回大騒ぎです。そんな姿を見ながら「今日も荒ぶってるなぁ」と思ったり、最前の柵前で撮影している時などはいつ後ろから降ってくるとも限らない人影を気にしながらカメラを構えていたりしますが、フロアにいる全ての人がそんな状態かというと実際はそうではありません。盛り上がっているヲタちゃんたちを遠巻きにしながらベルハーのライブを見ている人たちも結構いるんです。

僕も仕事柄、会場の奥や脇からライブを見ることが多いので、同じように遠巻きに見ている人たちを見ていると、曲に合わせてリズムを取ったり、メンバーと一緒に歌っていたり、たまたま居合わせちゃったのではないベルハーを見に来たヲタちゃんたちがライブを楽しんでいますし、僕も毎回大感動しながらベルハーのライブを一歩引いた場所から見ています。

なのでもし「怖いから」とか「荒れるから」という理由でベルハーのライブを避けている人がいたとしたらそれは間違った先入観だと思います。ベルハーのライブは全てのファンが激しく盛り上がってる訳ではないし、それを強要される現場でもありません。総じてヲタちゃんたちはフレンドリーで面白い人たちばかり。ただ、ライブとなるとちょっと狂っちゃう人が"少々"いるくらいで、ベルハーのライブは、黙って見ていても、人の間でもみくちゃにされなくても、十分楽しめる現場であるというのはまず最初に理解してもらいたいと思っています。

でも、最初はどっちかというと"嫌い"でした

この際、忌憚なく書いてしまおうと思うのですが、正直に言って初めて見たころのベルハーについては何とも思っていませんでした。というか自分の中の"どちらかと言えば嫌いボックス"に入っていた気がします。

正確な時期は覚えていませんが、ベルハーを初めて見たのは2012年の終わりか2013年の初めのころ。TIRAさんの帰国やアルバム「Bedhead」のリリースの情報は普通に知ってたのでたぶん初見は2013年の初めじゃないかと思います。

当時はまだアイドル戦国時代の始まりの方で、今ほどシーンとして成熟も洗練もしていませんでしたが、かつてのアイドルの価値観やあり方がどんどん壊れて新しい形が生まれ始めていたとてもホットな時代でした。

ベルハーもそんなアイドルの中の一組という認識で、ライブを見ることもあったのですが、その時はどうにも好きになれませんでした。メンバーの立ち居振る舞いやライブを見るヲタちゃんたちの激しさは基本的には今と変わらないのですが、今なら理解できるベルハー特有の"ゆるさ"が当時は"不真面目な態度"に見えてしまってたんですね。

メンバーも今よりはるかに若くて子供にしか見えなかったし歌も踊りも適当、いわゆる"ほつれ"を集約させたグループ、ファンもそれが好きでただ単に"荒れたい人"、"湧きたい人"が集まっているんだなという印象を持っていました。

実際に、本当に不真面目だったのかどうかは分からないし、もしかしたら今のベルハーに対してそれと近い印象を持っている人もいるかもしれません。なので、そのこと自体はそんなにおかしいことじゃない...というか同じことを思っている人は他にもいる、ということも分かってもらえたらと思います。

除菌&消臭アイテム「ナノクロ」を販売する佐藤文誠社のECサイトDORESURU(ドレスル)は、楽天会員のIDとパスワードで買い物できます!