BELLRING少女ハートを未見のアイドルファンや音楽ファンに届けたいベルハーに思うあれこれ。

2016/12/05 16:23編集後記 ベルハー 

ライター泣かせなベルハー?「どう説明していいのか分かりません、田中さん」

BELLRING少女ハートは、僕がこれまで見てきたアイドルの中で最高峰を極めたグループの一つだと思っているのですが、それと同時にベルハーほど「ベルハーとは?」や「ベルハーの良さ」について説明をするのが難しいグループもいませんでした。だいたいのアイドルグループにも、一言じゃなくてもそのグループを象徴するような単語がいくつか頭に浮かんできたりするものなのです。"破天荒"、"アキバ"、"エモい"、"かっこいい"、"かわいい"、"◯◯系"とか。

ベルハーに関しても断片的にはそういった言葉が当てはまることもあるのですが、ベルハーが厄介だったのは、ある言葉でベルハーを語ろうとすると、それをすぐさま完全否定するような活動やライブパフォーマンスをすることが結構多かったんです。

以前、電撃ネットワークのギュウゾウさんがベルハーのことを"最凶"と喩えたことがありました。ああ、なるほど、と。とても分かりやすい言葉だな、と思ったのですが、ただ「夏のアッチェレランド」や「bedhead」を歌うベルハーからは"凶"な要素は微塵も感じられません。また前述の通り、学芸会以下と言われているライブでのパフォーマンスも視点を少し変えれば非常にハイレベルな一面も兼ね備えていたり、歌も本当は上手いのか下手なのかが分からなかったり...。

なのでベルハーはライブを見ても曲を聴いても評し方が本当に難しかった。いいのは間違いないんだけど、ある一つの魅力について語ることが、逆にある別のベルハーの魅力を否定することになってしまうような気がして、初めて田中さんと打ち合わせさせてもらった時に最初に伝えたのは「ベルハーをどう説明していいか分からないんですけど...」という言葉でした。

例えば、最強の武器同士を全力でぶつけ合って±0にしてしまうとか、強酸性と強アルカリ性が融合させて強引に中性状態を作ってしまうとか...そういうことなのかな?と。
打ち消し合いが激しすぎるので結果何も起きていないように見えるけれど、実際はものすごいことが起きてるんですよ、と。それが今のところのBELLRING少女ハートというグループに対する一つの答えになっています。

ベルハーを見て欲しい、聴いて欲しい、そして体験して欲しい。そして12月22日は赤坂ブリッツへ

...と、僕なりにベルハーについて書かせてもらいました。抜けや漏れ、思い込みやツッコミどころが満載な内容かと思いますが、長文にお付き合いいただき本当にありがとうございます。

今回、こんな長文ブログを書こうと思ったのは吉田豪さんとベルハーのトークイベントでみずほちゃんが涙ながらに語った「人がいっぱいがいい」という12月22日の赤坂ブリッツワンマンへ想いをなんとか実現できないか?と思ったから。そしてバズネタに偏りがちなベルハーのことをもっと色んな角度から見ることができないか?と思ったからでした。

その結果、こんなバラバラと統一のないトピックを並べた記事になってしまいましたが、それだけベルハーには複雑で様々な魅力がごった混ぜになっているといことかな?と思ったりもします。

もし、このブログを見て「あー、そうそう」と思ってもらえたり、「一回ぐらいベルハー見てみようかな?」と思ってもらえたりしたらとても嬉しいです。