「【ガチ恋!】フェス」に出ていただくアイドルさん達について書いてみましたよ。

やまー。

いよいよ明日(8月14日)に迫った初の主催イベント【ガチ恋!】SUMMER OF LOVE 2015(通称:【ガチ恋!】フェス)ですが、開催前最後のブログとして今回出演していただくアイドルさんたちについて書こうと思います。

今回のイベントを企画して、出演者の方々にお誘いする際に以下のようなことを考えていました。

一、僕がガチで恋しているアイドルさんであること。
一、曲を聴いて「最高だ!」、ライブを見て「すげぇ!」と思ったアイドルさんであること。
一、【ガチ恋!】のサイトでお世話になっているアイドルさんであること。
一、でも必ず一組は"はじめまして"なアイドルさんを入れること。
一、単体ではなく全体でライブが成立するラインナップにすること。

もちろんアイドルさんのご都合が最優先なので全て思い通りにいく訳ではないですが、この軸はだけブレないように心がけました。

1.Stereo Tokyo(19:00〜19:30)

Stereo Tokyoさんは今回の出演者さんの中で唯一まだ【ガチ恋!】でインタビューをしていないアイドルさんです。
なので上記で挙げた中の「"はじめまして"なアイドルさん」になるのですがお声がけした一番の理由は曲とライブです。

EDMが大流行している現在、アイドルの中でもそれっぽい音色だけを取り入れた"EDM風"な曲をリリースしてる人はたくさんいるんですが(もちろんその中に名曲もあるんですけど)、Stereo Tokyo(≒STEREO JAPAN)さんぐらい真正面からEDMをやってくれるアイドルさんは他にいなかったのでまずそれがすごいと思った。
曲やライブパフォーマンスが海外のEDMアーティストのパ◯リだとか言われていますが、そのスタイルを貫くのはなかなか真似できることじゃないので、Stereo Tokyoさんにはこのまま誰かに怒られるまで今の道を突き進んで行って欲しいと思っています。


ライブもEDMそのものなんですが、これまでやっていた小さなライブハウスだけじゃなくTIFで見せた1000人規模のお客さんもがっちり掴んでいるのを見て、「アイドルファンの人もEDM全然受け入れられるんじゃん」と思ったのと同時に「これはひょっとすると...」とブレイクの予兆を感じているのがStereo Tokyoさんです。

当日、Stereo Tokyoさんはトップバッターでの出演をお願いしています。お客さんと一緒にStereo Tokyoさんらしいライブが見れたらな、と思っています。
イベント全体としてもあまり細かいルールを設けるつもりはないですが、「NO HAPPY, NO LIVE」がイベントの大原則だと思っているので、くれぐれも「♪ケガだけはダメ」でお願い致します。

2.Faint⋆Star(19:35〜20:05)

Faint⋆Starさんと知り合うきっかけになったのはサイトへの問い合わせからでした。
その後の打ち合わせの際に【ガチ恋!】がやっていることに興味を持っていただき、その時既にリリースも済んでいた「フィルム!フィルム!フィルム!」のインタビューをその場で決めていただいたんですが、まさかその後こんなにFaint⋆Starを好きになるなんてねぇ...と自分でも驚いています。


そうなった一番の理由はやっぱりその曲で、インタビューさせてもらった「フィルム!フィルム!フィルム!」もそうなんですがデビュータイトルの「Sleeping In Your Car」も含めてリリースされていた楽曲全部が素晴らしすぎました。

その一方で、Faint⋆Starの入念に作りこまれたコンセプトやビジュアルワークには多少の"近づきにくさ"を感じてたんですが、ライブのMCを見れば分かる通りHINAちゃんYURIAちゃんのめちゃめちゃキャッチーな人柄や、不思議ちゃんっぽく見えるHINAちゃんも実は自らの音楽活動やトマパイでの経験を冷静に捉えていたり、一見しっかりしてそうに見えるYURIAちゃんが必死にFaint⋆Starの活動についていこうとしていたり...その辺りは過去のインタビューを掘っていただけるとありがたいんですが、そう言う2人の素の一面も垣間見てしまうともう好きになることは避けられない言うか...。

あとアルバム「PL4E」がとにかく傑作でした。
攻撃的なEDMサウンドとオーガニックなシティポップみたいな真逆な音楽性が共存できることを証明(大げさ?)したのは2015年の音楽シーンの一大事(さらに大げさ?)として語っていかなきゃいけないなぁと今でも思っています。

きっとこの日来てくれるお客さんならFaint⋆Starのどの曲もすぐに反応してくれると思うし、特に今回のイベントはサンフランシスコで開催された「J-POP SUMMIT 2015」からの凱旋ライブにもあたるので向こうでの土産話もMCで聞かせてもらいつつ、アメリカで大きく成長したFaint⋆Starを見せて欲しいですね(軽いプレッシャーw)。

3.WHY@DOLL(20:05〜20:35)

WHY@DOLLを知ったのは「Girls Pop'n Party」というコンピレーションアルバムに収録されている「初恋☆キラーチューン」を聴いたのがきっかけでした。たくさんある曲の中で「これはいい曲だ」とすぐにお気に入りになったのを覚えています。で、その後に聴いた「Magic Motion No.5」で完全にWHY@DOLLにハマりました。


本当に名曲だと思いました。2014年の代表曲にしたいぐらいに好きな曲です。しかもこの曲を作ったのがagehaspringsという言う点で、Faint⋆StarとWHY@DOLLの間にはそんなに遠くない縁戚関係を(勝手に)感じています。

ちょうどWHY@DOLLを知った頃、二人組アイドルだけが持っている互いの立ち位置や関係性の面白さにハマっていた時期だったので、歌って踊れてしかも曲が最高なWHY@DOLLをものすごく好きになりました。

あと最近の楽曲でこそ少なくなりましたがWHY@DOLLは"打ち曲"を持ってるのが素晴らしいと思っています。
今回、出演者さんにオファーした際には(半ば意図的に)アイドルとアーティストの境にいる方たちへ声をかけさせてもらったんですが、アイドルイベントと銘打つ以上、WHY@DOLLが持っている「初恋☆キラーチューン」や「サンライズ!〜君がくれた希望〜」のような鉄板の"打ち曲"を持ってる人を一組は呼びたいと思っていました。

本番のライブがどんなセットリストになるかは完全にアイドルさん側にお任せなので"打ち曲なし"でも全然OKですし、春以降に続々披露されている新曲もいい曲ばかり。曲以外にも最近レベルがぐんぐん上がってるダンスもWHY@DOLLのライブの見どころでもあるので、「WHY@DOLL、初めて見たけどいいじゃん。推せるじゃん!」と他のヲタさん達の心を揺らすようなライブを見ることができたら嬉しいなぁと思っています。

4.Especia(20:35〜21:05)

Especiaに関しては今さら取り立てていうことはありません。本当に好きなんです。デビューの時からずっと好きで3年過ぎた今でも変わらず応援し続けているグループです。

Especiaが好きになった理由にまず楽曲があるのは間違いないんですが、それ以外で"Especiaすごいな"と思えるのは、東京に来るたびに、ライブを見るたびに必ず前回とは違う成長した姿を見せてくれるところ。
最初は確かに歌も上手くなかった(そんなにひどいとも思わなかったけど)。でも、次見ると「あれ?上手くなってるじゃん」。またしばらくして見ると「前と全然違うじゃん!」、その成長の繰り返しをデビューからずっと見せ続けてくれるのが僕にとってのEspeciaです。

去年のメンバー脱退の時は「大丈夫かな?」とちょっと心配したんですが、全国ツアーファイナルワンマンのO-EASTで見たEspeciaはそれまでとは見違えるほどに成長した"新しいEspecia"なっていたし、その後のメジャーデビューから現在に至ってはメンバー個々人の意識の変化やスキルアップが目覚ましくて、中でも悠香ちゃんが初めて会った時とはまるで別人に思えるほど立派なリーダーになっていたのが本当に驚きました。

ライブに関して言うと、最近は大きな会場でのフルバンドワンマンが目玉になっている感もありますが、個人的にはライブハウスでやるEspeciaのライブもものすごく好きなんです。
CD音源とは別にオケを作ったりするライブへの本気度は他のアイドルさんたちもお手本にして欲しいぐらいだし(楽曲を"売り"にしているアイドルさんであれば特に!)、「No1 Sweeper」の歌詞じゃないですが"正気じゃいられないくらい踊っていたい"とほぼ毎回思っています。


その意味で、今回使わせていただく新宿MARZは音響面でもかなり好きなライブハウスなので、来場するお客さんにはEspeciaの歌とサウンドを存分に楽しんでもらえるライブになると嬉しいな、と。

今回Especiaに出演してもらえたことが本当に嬉しくて、ここがこれまで応援させてもらった一つの節目になるのかな?と思ったりもするんですが、Especiaにはもっともっと売れて欲しいし、個人的にも実現させたいもっともっと大きな別の夢があったりします。実現できるかどうかは全く分かりませんが、今回のライブをその足がかりにしていきたいなと思っています。

---

という訳で今回の「【ガチ恋!】SUMMER OF LOVE 2015」(【ガチ恋!】フェス)に出演していただくアイドルさんたちの紹介は以上となりますが、今回の4組はEspeciaとStereo Tokyoは同じ事務所、WHY@DOLLとEspeciaはレーベルメイト、Faint⋆StarとWHY@DOLLはどちらもagehaspringsが楽曲制作に関わってる点、Stereo TokyoとFaint⋆StarはEDMなサウンド...という感じで、出演者同士のどこかしらに接点や共通点があることも"裏テーマ"的なことも考えてました。

もし、次にイベントを主催するとしても同じ企画ではやらないと思うので、このラインナップでライブが見れるのは今回が最初で最後です。
コミケがあったり、ライジングがあったり、サマソニが控えてたりする8月14日ですが、ここは一つ新宿MARZでアイドルのライブを見ながら熱くて暑い夜を過ごしてみませんか?そして一緒に乾杯しましょう!!

蝶野正洋のメンズファッションブランドARISTRIST(アリストトリスト)のECサイト