松隈ケンタ氏にアイドルのボーカルディレクションとレコーディングのやり方を聞いてきましたよ。

2016/06/17 18:55編集後記 BiSH POP 松隈ケンタ 

松隈ケンタのボーカル・ディレクション3 -ボーカルとアレンジの関係-

レコーディングとは少し離れるかもしれないんですが、アイドルの歌や声を活かすためにアレンジを変えることはありますか?

松隈 まっったくしない。

しないんですか。

松隈 全くしない。僕も結構言われたんですけど、「Bメロにこんなギター入れたら歌の邪魔してるじゃん」とか。でもウチの現場では一切ないです。

そうなんですか。

松隈 だってウチの音はうるさいし邪魔くさいじゃないですか(笑)それを言ったら前提が崩れちゃいますからね。ロックなんてのは歌を邪魔するもんだから。"ボーカルを潰してナンボ"というか。

(笑)

松隈 ロックは楽器隊がみんな攻めていくし、そこを突き抜けていくボーカルが欲しいわけだからボーカルのためにアレンジを変えたりはしないですね。僕がこだわるのはむしろ逆でボーカルが楽器にちゃんと乗っかってくれたらって思うんですよ。例えば、ボーカルがガツンって力(りき)んで歌うときは、ドラマーも必ずバチンって強く叩いてるわけですよ。

ああ、なるほど。

松隈 やけど、ほとんどのボーカルはそれを無視してて。ドラムや楽器を聴かずに自分の世界で歌ってるんですよ。でも、上手いボーカル...さっき言ったサキちゃんとかはそこが分かってきてるんですけど、楽器がバーンってくるのが分かってるからそこにちゃんといいタイミングで倍増して歌を乗せる。アイナ(BiSH:アイナ・ジ・エンド)とかもそう。「MONSTARRRRRR」の「TARRRRR」にドガスカドガガンッってくるじゃないですか。「TARRRRR」って伸ばしてる声が楽器を引き連れて歌うというか。だから楽器が邪魔になるっていうのは歌がズレてたり、楽器を聴いてないからなんですよね。

なるほど。

松隈 例えば「あなたの...」って歌詞があったら「あなたの"た"にスネアのパーンって音が合うようになってるからそれに合わせて歌ってみて」って言うとうまく歌えたりするんです。

そこまで言ってもらえたら、歌う方も楽器を聴くことができますもんね。

松隈 そう。「このギターの"チャッ"って音がくるとこまで歌を伸ばそうか」とかはすごく言う。そこをこだわる人とこだわらない人で、曲のできあがりが完全に違うものになるので。

この話、ヤバくないですか。結構なネタばらしになってる気がする(笑)絶対真似する人、出てきますよ。

松隈 大丈夫です。俺はこの部分ものすごく細かいので。ウチのSCRAMBLES(松隈ケンタ率いる楽曲制作集団)の連中にディレクションをやらせても「サビの最後のところ伸ばし方が違うよ。一番は7拍で、ニ番は6拍だよ。そこはっきりせんと」ってインターネット見ながら言ってるし、歌い手さんはもっと分からないから、それはディレクターがしっかり聞いて、指摘してあげないとですよね。

さっき話題に出た「DEADMAN」なんですが、この前たまたまインストを聴いたんですけど、サビ前のアイナがロングトーンで歌うところってサビに向かって盛り上がっていくぞ!ってところじゃないですか。歌アリで聴いてた時はあそこが一番の"山"だと思ってたんですけど、アレンジは全く逆なんですよね。

松隈 一回落ちてますね。たしかギターのチューニングを下げてると思う。

それがすごく意外で。あれだけガーって鳴ってる曲なのにあそこだけ落ちてるのは、アイナのボーカルを立たせるためにアレンジを変えたのかな?って。

松隈 いや、僕の場合はアレンジありきなのでレコーディングをする前から歌をああしようと思ってたんですけど...ちょっと確認していいすか。たしかそこのアレンジで一悶着あったんですよ。

(「DEADMAN」のギターを弾いた佐藤カズキ氏を呼ぶ)

松隈 「DEADMAN」のサビ前の部分の"WE WANNA DEDEND RUN"のところで白玉(しろたま=全音符)するやない。あそこって一回カズキが出した案に対して、俺なんか言わんやったっけ?

佐藤カズキ(以下、カズキ) 最初はギターをデレデレデレ...っていうのを入れてて。

松隈 そうだ。もっと派手だったんだ。

カズキ これじゃダメだって言われて...

松隈 で、落としたんよね。

カズキ 元々はもっと...

松隈 ギターがもっとブルルルル...って次行くぞーってギターで引っ張ってたんですよ。だから落としたのは意図的なんよね。「チューニング下げろ」とも言ったよね。

カズキ そうです。

松隈 「もっと終わる感じにして」「嫌な感じにして」って言ったんよね。そこは歌で引っ張ろうって決めたから、歌のためにアレンジで落としたと言えるのかもしれないですね。順番的にはレコーディング前にやってますけど。


ギターの調整に余念がない佐藤カズキ氏(SCRAMBLES)

ボーカルがいいのが録れたから、アレンジを変えた訳ではないってことですね。

松隈 そう。ただ歌を活かそうとは思ったけど、そこにアイナを入れようってイメージはなかったです。僕、録る前に誰をどこに歌わせるってあまり考えないんで結果アイナになった、ってだけですね。

すごく面白い話です。

松隈 すげーマニアックなところ気づきましたね(笑)


松隈ケンタ氏

松隈ケンタのボーカル・ディレクション4 -英詞の歌い方-

では、次に歌詞というか、歌の言葉についてなんですが...

松隈 内容というより音的な意味で、ってことですね。

そうです、そうです。僕がアイドルの曲を聴いてガッリするパターンで多いのが、英詞の歌なんですが...

松隈 それは英語が嫌だってことですか?

英語が嫌なんじゃなくて、一生懸命英語で歌おうとしてる感じが伝わってきちゃって。これなら無理せず日本語詞で歌わせた方がいいんじゃない?と思ったり。

松隈 それってアイドルじゃなくても普通のバンドでもそうですよね。

そうです。そうです。

松隈 英詞をワザと面白く歌ったりする人はいいんですけど、ネイティブっぽく歌ってるのに全然ダサっみたいな人がいるじゃないですか。

はい(笑)

松隈 でも、BiSとかBiSHはかっこよくないですか?

そうなんです。BiSの「IDOL」とか、BiSHの「OTNK」とか。英語っぽく聴かせたり、そもそもが英詞を歌わせるための工夫ってどうされてるんでしょう?

松隈 僕も英語は喋れないし、英会話苦手ですけど、洋楽をめっちゃ聴いてるから、なんとなく音楽で使われる英語の歌いまわしがウソくさいとかホンモノっぽいっていうのは分かるんですよね。だから、それは歌を録ったディレクターの責任だと思うんですよ。アイドルたちはそんなの絶対歌えないですから。でも実際、英語を録るのはすごく難しいです。これもネタばらしになっちゃいますけど、カタカナに変える。例えば"gone away"って歌詞だったら"ゴナウェイ"ってカタカナで言わせるんですよ。そっちの方が英語に聞こえるんですよ。

へぇ。

松隈 この前それで面白いことがあったんですけど、ハグ・ミィが辞めたからBiSHの歌を録り直したんですよ。

らしいですね。

松隈 その時に「歌詞カードと全然違うやないか」ってチッチ(BiSH:セントチヒロ・チッチ)に言ったら「松隈さんがこう歌えって言ったんですよ」って言われて...。そうだ、「スパーク」で"愛のない 罪のない"のところを、"つmidnight"って歌ってくれって俺が言ってたんですよ。こっちはそれを忘れてるから「midnightって言ってるやん」って笑いよったんですけど。今のは逆のパターンでしたけど、そうやって英語でダサいときはカタカナにしちゃう。みんなどうしても英語を読もうとするから。

そうですね。

松隈 (たまたま室内にあったダンボールのロゴを見つけて)「Natural Box」って言おうとするとダサい英語になるから「言葉は"ナチュラーボック"でいいから音符の方をしっかり歌って」って言うんですよ。音符は「ナチュラーボック」でいいのに、ほとんどの人は「ナチュラルボックス」って言っちゃうから。

譜割りと合わなくなっちゃいますもんね。

松隈 そう。外人は絶対譜割りに対して歌っていくから。日本人はひらがなに対して歌っちゃうからダサくなるんですよ。

スクランブルズミュージックカレッ ジ 2016年6月・7月のセミナー日程

2016年6月26日(日)下北沢校
「楽器を弾けなくてもOK!! ゼロから始めようDTM作曲!」講師:田仲圭太 時間:12:00~
「コード進行で楽曲の質が変わる!?~ コードとメロディの関係性~」講師:松隈ケンタ 時間:14:00~

2016年7月9(土)大岡山校
「高い声を出すボーカル講座!チェスト ボイス&ヘッドボイスをマスターして ボーカル力アップ!」講師:高木誠司&松隈ケンタ 時間:12:00~
「リズム隊のコンビネーション講座! バンドはベースとドラムで決まる!」講師:若山トシユキ&坂内"noriP" 孟紀 時間:14:00~

2016年7月17(日)下北沢校
「今話題の「コライティング」に挑戦! 課題トラックにメロディを入れてみよう!」講師:田仲圭太&松隈ケンタ 時間:12:00~
「プロ作家のメロディをアレンジしてみ よう。課題曲のアレンジに挑戦!」講師:佐藤カズキ&松隈ケンタ 時間:14:00~
※本セミナーは受講者参加型のチャレンジセ ミナーです。

参加費:1講座 2,500円(税込)
※5回分の講座が受講できる回数券チ ケット10,000円(税込/複数人での使用OK)

時間:各90分ほどを予定
定員:各10名 (講座により多少前後)
※申込先着順、定員に達し次第締め切り 予定

ご参加予約、お問い合わせ
03-5726-9169(11:00~20:00)
smc@scrambles.jp(名前、連絡先、希望講座を明記)

詳細はオフィシャルサイトへ
SCRAMBLES MUSIC COLLEGE http://scrambles.jp/smc/
  • 1
  •  
  • 2
  •  
  • 3