松隈ケンタ氏にアイドルのボーカルディレクションとレコーディングのやり方を聞いてきましたよ。

2016/06/17 18:55編集後記 BiSH POP 松隈ケンタ 

松隈ケンタの印象に残ったアイドルとそのボーカル

松隈さんが、今まで関わってきたアイドルの中で歌やボーカルで印象に残ってる人を教えてもらえますか。

松隈 歌を録ったり作品を作ったのが楽しかったり印象的だったというので考えたんですけど、上手いしすごいなと思ったのはやっぱり中川翔子さん。あの人の歌は録ってて楽しいし、クリエイティブに感じますね。あの人は僕以外のディレクターでも10回以上歌うらしいです。だからみんな楽しいって言いますね。普通のアイドルの子はそういう発想ないですから。普通はOK出たら終わりなんですけど、しょこたんは「あと3本、4本」って言うから歌手寄りですよね。

それだけ歌うのが好きだってことですね。

松隈 そうですね。歌うのが好きなのと、作曲家が作った曲を愛して解釈しようとする意識がすごく強いなって。好きになったり、好きになろうとして歌ってる感じがしますね。

他にそういう人っていました?

松隈 アイドルの子たちは遠慮しちゃってあんまり言ってこないですね。時間も限られてるし、グループだと他のメンバーもいる中で「私だけあと一回」とは言わないじゃないですか。ただ、帰り際とか空き時間に寄って来て「どうやったら私、上手くなりますか?」って聞いてくる子が何人かいて、実は一番ストイックだったのはハグ・ミィなんですよ。

ほぉ。

松隈 辞めちゃったけど(笑)他のみんなもなんとなくは聞くんですけどあの子だけはメモを持ってくるぐらいの勢いで「松隈さん、私はどうやったらうまく歌えるようになりますか?」って聞いてくるハグ・ミィは印象に残ってますね。そういうストイックさがあるのはハグ・ミィとウイカ(BILLIE IDLE®:ファーストサマー・ウイカ)。ウイぽんは元々スペックも高いし、「こう歌って欲しい」って注文すると色々挑戦する子だから一緒に作ってる感がありますよね。

他にはありますか?

松隈 あとは"ヘンテコリン・ゾーン"が好きですね。

確かに松隈さん、変わった子が好きですよね。上手い人より好かれる声というか。

松隈 そう。それで言うと最近一番好きなのはPOPのマアヤ(イヌカイ・マアヤ)とか、BiSHで言うとリンリン。あのヘンテコリンな感じいいですよね。ミチバヤシ(ex.BiS:ミチバヤシ・リオ)とか、モモコ(BiSH:モモコグミカンパニー)もヘンテコ・ゾーンですね。あの辺の人はたぶん普通のディレクターは嫌がると思う。こう言っちゃうと本人たちかわいそうですけど録るの大変だから(笑)俺も"あの子で一曲録りなさい"って言われたらすごい大変ですけどね。

松隈さんも大変だとは思ってるんですね。

松隈 無理無理無理。「モモコで一曲作ってくれ」って言われたら断ります(笑)断るか、ラップにする。

(笑)そこはグループになってることの良さなんですね。

松隈 そうそう。いい味が出せるんですよね。「Fly」のDメロの「光る 光る 秋の空は」みたいな所でミチバヤシみたいな儚い声質とか歌い方がすごく好きなんでよく使いますよね。

みっちぇる(=ミチバヤシ)の歌が好きな人は多いですよね。BILLIE IDLE®の「どうせ消えてしまう命なら」もリクエストがあって、みっちぇるの歌割り増やしたらしいですね。

松隈 元々、僕はミチバヤシをサビには使いたくない派なんですよ。プールイとウイカとか、チッチとアイナ的な二大巨塔を作るのが好きなのでその二人にサビを歌ってもらって、その対比でヘナチョコな子が頑張ってるDメロってパターンが好きなので、ミチバヤシもサビは少なかったんですけど、NIGO®さんから「サビのミチバヤシの歌がいい」ってアイデアが出たので、僕も初めてなぐらいにミチバヤシの歌をサビに使ったんじゃないですかね?

なるほど。

松隈 あと単純に声の良さとか、ストレートな意味で好きなのはチッチかな。あとプールイ。もうその人にしか出ない声じゃん。

プールイさんは天性というか持って生まれた声って感じしますね。

松隈 もう最初からエフェクターかかってるじゃないですか。

アニメ声とも違うんですけど...どう言ったらいいんですかね。

松隈 コーラスがかかってますよね。透明っていうか芯がないっていうかね(笑)チッチもそうですね。

チッチは、レコーディングも苦労しながらやってる印象がありますが、松隈さんは好きなタイプと。

松隈 オーディションに歌担当でよく派遣されるんですけど、アカペラで歌ってるのを見てもよく分からないから「誰が良かったですか?」って聞かれても「分かんね」って答えるんですけど(笑)、チッチだけは声がいいってみんなにゴリ押しした記憶がありますね。アイナに関しては期待を込めて言うけど全然ダメっすね。スペックが異常に高いけどアイナはもっといけるしまだ全然下手だね。アイナこそもっと幅を広げて...椎名林檎ぐらいになれるけん、もっとやっていかないとダメですね。

僕、ユア(POP:ユメノユア)ちゃんの声が好きなんですよ。

松隈 ユアちゃんいいっすよ。ユアちゃんとミチバヤシはおんなじもんだね(笑)おんなじエフェクター。使い方も全く一緒。

「アイドルに歌の上手さは必要か?」

そういう色んな人が歌を歌ってますが、アイドルの歌に上手さって必要なんでしょうか?もし必要ないんだとしたら、それ以外に必要なものが何かを聞かせて欲しいんですが。

松隈 ...これは難しいですね。みんなあっちこっちで話すことだし、レコーディングとライブも違うしね。ただ、僕がアイドルのプロジェクトに関わる時はレコーディング部門なので、レコーディングに関して言うのであれば上手い必要はないと思います。今って実は世の中が思ってる以上に機械でアイドルの実力以上のものを作れちゃうんですよ。なので必要なものと言えば、ディレクターとコミュニケーションができて、ディレクターの求めに対してうまくできる子、求める以上のものを出せる子が一番いいでしょうね。それが一つと、あとは修正ではできない個性。それは声質やグルーブ感とか発音の仕方とか。これだけは修正では作れないので。だからいわゆる"上手い人"はレコーディングでは必要ない。でも、ライブは上手くないと嫌だし、ライブでお金もらってる以上は上手くなってほしいですよね。

普通、そこは一直線でつながってるもんだと思ってますよ。

松隈 ですよね(笑)でも、そこに関しては時代がもう変わってしまいましたね。

音楽スクールは"プロへの近道"か? -SCRAMBLES MUSIC COLLEGEについて-

では、最後にSCRAMBLESのスクール(SMC:SCRAMBLES MUSIC COLLEGE)について聞かせて欲しいんですが。実際にレコーディングとかでやっていることと、スクールで教えてることの違いはあるんですか?

松隈 基本は一緒です。ホントに実践で使ってることしか教えてないので。ウチのスクールって教科書ないんですよ。教科書とか参考書は書いてあっても使わないことも多いので。ただ、いきなり若い子が僕のレコーディングを見ても、できることが違いすぎて見せてもしょうがないところもあるのでスタジオに行くまではお勉強が必要です。僕は運良く自分がデビューしてプロデューサーがついてたんで、それを見て勉強させてもらったんですよね。ウチのSCRAMBLESに所属してるクリエイターたちが今その状態だと思います。スクールはそのもう一歩手前の準備段階なんですけど、曲作りだったりデータの処理の仕方だったり、かなり実践的なことをやってます。スクールの生徒も戦力になってきて、BiSHのステラボールでのワンマンのオープニングとかは、基本ウチの井口(イチロウ)が作ったんですけど、一部分の音楽は生徒が作ったものを使ったりとか。今度のBiSHとかのアルバムにも曲が採用されるかも?って感じです。


松隈ケンタ氏とSCRAMBLESスタッフ(佐藤カズキ/松隈ケンタ/井口イチロウ/春輝)

スクールに入ってくる人達はどんな人が多いんでしょう?

松隈 それは様々で俺の仕事を知らないで入ってくる子も半分ぐらいいますね。中にはBiSHとかBiSの曲が好きで、「松隈さんに教えてほしい」「SCRAMBLESに入りたい」って気持ちで受けに来てる子もいるので、そういう子は手伝えることをドンドン教えていきます。それとは別に作曲家になりたいって人もいれば、バンドをやりたいって人もいるし...、僕らの時代は"見て盗め"じゃないけど、スタジオのインターンで入ったり、本で読んだりとかね。

我流でやってた人が多そうですよね。

松隈 そう。でも我流でやれる場所もあったじゃないですか。本があったり、先輩がいたり、あとパワーがありましたよね。九州から「バンドのローディーで上京します」って人がいたり(笑)でも、昔はそうやってしか上に行けない時代だったけど、今はそれも古くなってきてるからウチでは「俺が今二十歳だったら教えて欲しいこと」を教えるのがテーマです。しかも15年前に知りたかったことじゃなくて、2016年の俺が今二十歳ならコレがあった方がいいって思うことを教えてますね。そこは他のスクールとは絶対違うというか負けないところだと思います。

なるほど。

松隈 あと、これ書いておいて欲しいんですけど「SCRAMBLESに来たら爆音を出さなきゃいけない」みたいのは無いから。"あそこに行くと凶悪なサウンドを作らされる"みたいなのは無いです。むしろ今は爽やかな音が作れる人が欲しい(笑)

今は(笑)

松隈 ウチは面白くて、今はSCRAMBLESの田仲圭太は元々生徒でしたから。ウチはできる生徒には仕事も振っていくので、月の授業料より給料が上になったら卒業...っていうかもうプロでしょ?って。

では、最後は究極の質問で締めようと思うんですが、音楽のスクールや専門学校で学ぶことはプロへの近道なんでしょうか?

松隈 おぉ!そんなこと聞いちゃいますか。

僕もそういう学校も見てきたし、学生とも触れ合ったりしたんですけど、卒業して音楽業界に進んだ人って...ほぼゼロなんですよ。

松隈 いないよね。いるにはいるけど、それはそのスクールにいたからじゃなくて、そいつ自身にツテがあったり、才能があったりで...。スクールの功績もゼロではないと思いますけど、"そこに入ればプロになれる"と思ってる人がいたらまずそいつの脳みそがクズ(笑)

(笑)

松隈 学校が悪いんじゃなくて。そいつが悪い。この学校にいったらデビューのチャンスがあるとか、事務所と繋がってるとか。そんな発想が一番クソじゃないですか。もちろん事務所と繋がってるのは事実だからいいんですけど、ここに入ればプロになれる、みたいな学校っていっぱいあるらしいんですよ。でもウチはそうじゃないから。ここに来たからプロになれるとは、俺は絶対思わない。ただ、ウチとかでプロで使えるモノを自分で吸収して、ちゃんと勉強すればいくらでもチャンスはあると思うんですよね。だからやっぱり自分次第なんじゃないですかね。変な話ですけど、「このスクールはヤバいな」とか「いても意味ないな」って感じてる人もすごくいるらしくて。

そうなんですね。

松隈 そういう人は一回ウチに来たらいいと思います。ウチに来た子はなかなか辞めないですよ。頑張り屋さんが多いし、休まないで一生懸命やってるから、そういう子は上に残るだろうし、そういう子にこそチャンスがくると思う。さっきも言ったけど"弟子入りする"とか"独学で..."って時代じゃなくなってきてるので、その意味でスクールとかで勉強するのは近道ではあると思いますね。

スクランブルズミュージックカレッ ジ 2016年6月・7月のセミナー日程

2016年6月26日(日)下北沢校
「楽器を弾けなくてもOK!! ゼロから始めようDTM作曲!」講師:田仲圭太 時間:12:00~
「コード進行で楽曲の質が変わる!?~ コードとメロディの関係性~」講師:松隈ケンタ 時間:14:00~

2016年7月9(土)大岡山校
「高い声を出すボーカル講座!チェスト ボイス&ヘッドボイスをマスターして ボーカル力アップ!」講師:高木誠司&松隈ケンタ 時間:12:00~
「リズム隊のコンビネーション講座! バンドはベースとドラムで決まる!」講師:若山トシユキ&坂内"noriP" 孟紀 時間:14:00~

2016年7月17(日)下北沢校
「今話題の「コライティング」に挑戦! 課題トラックにメロディを入れてみよう!」講師:田仲圭太&松隈ケンタ 時間:12:00~
「プロ作家のメロディをアレンジしてみ よう。課題曲のアレンジに挑戦!」講師:佐藤カズキ&松隈ケンタ 時間:14:00~
※本セミナーは受講者参加型のチャレンジセ ミナーです。

参加費:1講座 2,500円(税込)
※5回分の講座が受講できる回数券チ ケット10,000円(税込/複数人での使用OK)

時間:各90分ほどを予定
定員:各10名 (講座により多少前後)
※申込先着順、定員に達し次第締め切り 予定

ご参加予約、お問い合わせ
03-5726-9169(11:00~20:00)
smc@scrambles.jp(名前、連絡先、希望講座を明記)

詳細はオフィシャルサイトへ
SCRAMBLES MUSIC COLLEGE http://scrambles.jp/smc/
  • 1
  •  
  • 2
  •  
  • 3