• COLUMN
  • 【ガチ恋!】編集長が書くコラムページです。

俺が推すとアイドルが辞めていく特殊能力

アイドルシーンというものを長く見続けていると「お前が推すとアイドルが辞めるから勘弁してくれ」と疫病神みたいに言われるかわいそうな人を時々見かけると思います。

現行のアイドルシーン自体も10年以上の時が経っていますし、アイドルの数もかなり増えたのでこんな”アイドルあるある”は大した根拠もない都市伝説の類いだとは思うのですが、そう言われる人の中に「俺、本当にそういう能力持ってるんじゃないか?」と自分を疑っている人もいるんじゃないかと思います。

それについて本当のことを言うと、そういう”能力”を持ってる人は確かに存在します。何故そう言い切れかというと、僕自身がそうだからです。

「山田さんが推すアイドルってホントすぐ辞めちゃいますよね(笑)」と、いじられることは前々から結構あったのですが、そう言われる前から自分でも薄々勘づいてはいました。

過去に自分でも驚くぐらいの頻度でそういう事例が頻発したことがあったので、怖くなって推しのアイドルや注目しているグループを口外しないようにしていたこともあったぐらいです。

Good bye, Idolという僕にとっては最悪な答え合わせをし続けるtwitterアカウントがありましたが(←怖くてフォローできなかった)、タイムラインにツイートが流れてくるたびに絶望的な気持ちになることがしばしばありました。

この能力。メディアというアイドルを広める立場の仕事の僕にとっては全く不必要なので、なのでなんとかしなければと思って、一度真剣に分析してみたことがありました。

その結果として出た答えは…
元々、そういう人(や物事)が好きだから仕方ない
でした。

  • 不安定に見えるなもの
  • 刹那的に見えるもの
  • 儚さを感じさせるもの
  • 先行きが見えないもの

が、そもそも好きなのです。
それが故にそういう”ニオイ”に人一倍敏感で、その積み重ねが”能力”として身についたのではないかと思っています。

それが分かってしまったので、それ以降の僕は”能力”について反論したり言い訳したりすることを辞めました。

諦めたからです。
僕が推すアイドルはそこそこの高確率で辞めてしまうのです。

もし、これを読んでいる人の中で思い当たるフシがある人がいたとしたら僕と同じ様に諦めた方が懸命かもしれません。努力や練習で得た能力というよりは、生まれついての本能に近いものなので抵抗するだけ無駄なのです。

ただ、分析をしていく過程で、「この子、推せるな」と思った時の感覚に微妙な差があることにも気づきました。それは能力が発動して”推せる”と思ったケースと、それ以外の理由で”推せる”と思ったケースです。

先ほども書いた通り、僕の場合はアイドルさんを取材して「こういう人がいるよ」と紹介するのが仕事なので、「あの人に推されるとメンバーが辞める」みたいなレッテルは貼られてしまっては商売になりませんし、「俺が推すと辞めちゃうかも…」という理由で取材を控えてしまったらそれは完全に本末転倒です。

そのため最近は特に、「このグループはいいぞ!」「あの子は売れるんじゃないか?」と思った時は、自分の”能力”がそう思わせているのか?それとも推したい理由が別にあるのか?を検証してから行動(取材など)するようになりました。

そして、自分が推したい理由に”能力”が関係していると思われた場合は、その後の言動を極めて慎重に行うようにしています。もちろんそれは僕が能力者であることを気づかれないためです。

ただ、どんな対応をしたところで”能力者”である以上、高確率でやってくる推しの「大事なお知らせ」は避けられません。同じ能力を持っているあなたも同じです。そこはもう覚悟しておくしかないのです。

基本的に僕らは”能力”の前に無力な訳ですが、そんな僕らでも”能力者”だからこそできることが一つだけあります。それは…

会いに行くのを惜しまない

これです。これに尽きます。

「(アイドルは)会えるうちに会いに行け」という格言がありますが、普通のときですら大切なお知らせが連日発生するのがアイドルシーンな上に、あなたは”能力者”なのですから、「あの時、行っておけば…」の意味が他の人とは違うことは分かっているはずです。

一回の現場、一回の接触に後悔を残さないようにするのは能力者の使命です。もちろん僕もアイドルに取材をさせてもらう時は、「これが最後かもしれない」「いつ誰が辞めてもおかしくない」と思って取材の内容や企画を考えることが多くなりました。

そして、「大切なお知らせ」がやってきしまった時も、

やれることはやったのだ…

と潔く諦め、アイドルを笑顔で送り出してあげる。それが能力者にできる”最後の推し事”です。

 

…とこれが、「俺が推すとアイドルが辞めていく特殊能力」の全容(?)なのですが、以下の有料部分では、実際に僕が”能力”を発揮したとしか思えないアイドルのことと、僕がこれまでの経験から得た”こうなったら危ない!”というパターンについても書こうと思いますので、ぜひご支援のほどよろしくお願いいたします。

 

(有料)僕が”能力”を発動したとしか思えないアイドル一覧

関連記事一覧