• COLUMN
  • 【ガチ恋!】のコラムページです。
  • HOME
  • 全ての記事
  • COLUMN
  • 【開催直前コラム】「無理かもなー」から始めたGK NITE。-lyrical schoolと校庭カメラガールドライの共演-
GK NITE(ジーケーナイト)

【開催直前コラム】「無理かもなー」から始めたGK NITE。-lyrical schoolと校庭カメラガールドライの共演-

いよいよ来週11月7日(水)に迫ってまいりました「GK NITE」。

イベントを主催するのは2016年1月のEspeciaとジャズバンドBlu-Swingの2マンをJz-Bratでやった以来なのでもう3年ぐらい遠ざかっていました。

今回の企画を最初に思いついたのは1年くらい前。たぶんリリスクさんのリキッドのワンマンを見た後ぐらいじゃなかったかと思います。その後にやったhimeさんの単独インタビューの際、「”校庭カメラガールドライ”っていうグループがいるんですよ」と撮影に向かいながら話した記憶があります。

とはいえ、

「無理かもなー」
「受けてくれないよなー」

と最初は思っていました。明確な理由はなかったんですが、ここ最近ラップアイドル同士の対バンというのをやっていない(避けられている?)印象があったので、何かしら行われない理由があるような気がしてたんですね。

僕がイベントを主催・企画する時は、取材や現場を通じた中で感じた「この組み合わせだったら何か面白いことがが起こりそう!見てみたい!」というのを第一に考えているのですが、lyrical schoolと校庭カメラガールドライの対バンはここ最近考えた組み合わせの中では一番ワクワクするマッチングでした。

同じラップアイドルを謳ってるグループ同士ながら、現代ラップアイドルの先駆者でもあり、ライムスターの宇多丸さんに「KING OF IDOL RAPを名乗ってもいいんじゃない?」とまで言われたlyrical school。一方、遠くカナダでのライブで第一歩を踏み出し、トランスやドラムンベースといったゴリゴリのクラブサウンドにラップをのせる校庭カメラガールドライ。
“ラップ”というワードではつながっていながら両極端にも思えるアプローチをしている2組が相まみえる現場は、互いのファンの人たちにも確実に”何か”を残せるイベントになると思ったんですよね。

「でもなー」
「やっぱ無理かもなー」

と、しばらくは悶々としていました。
ただ、その後の2組の活動を追っていく中で、その充実ぶりや勢いを目の当たりするにつけ

「これはなんとか実現させないと!」
「来年になったらできないかもしれない!」

というナゾの使命感と衝動が抑えきれなくなり、内心は”ダメでもしょうがない”ぐらいの気持ちでオファーをさせていただいた、というのが今回の「GK NITE」の第一歩でした。

あと、最近のアイドル事情というと苛烈な労働環境の問題、相次ぐグループの解散・活動休止、ファンのライブ鑑賞マナーと運営側の規制によるいたちごっこetc…とネガティブな情報ばかり。そんなのを見せつけられてたらアイドルを知らない人はもちろん、アイドルファンですら「もうアイドルは終わりだな」と思って当然だと思うんです。

ただ、少なくとも僕が見ている現場ではこちらを感動するぐらいのライブをするアイドルや面白いグループが次々出てきているので、”終わる”という感じは全くしないんですね。むしろここからが本番。ここから生き残る人たちこそが本物だ、と。だったらその「まだまだ面白いグループがいる!面白い人たちが集まる現場がある!」を知って見つけてもらえる現場作りと情報発信をしていくことを目的にしているのが「GK NITE」だったりもします。

他の出演者、彼女のサーブサーブ&レシーブとWB(ダブルビー)については以前書いた「彼女のサーブ&レシーブが #アトロク で!?-GK NITE出演者紹介コラム-」を読んでもらえたらと思うのですが、アイドルイベントというだけではなく、演者さんについては音楽的な新しい発見ができる人たちというところにもこだわりました。ライブ時間にこそ偏りはありますがご来場される方には全組楽しんでもらえるイベントになることをお約束します。

本当のことをいうと土日開催にしたかったのですが、今回は日程よりも出演者さんのライブや音楽をロケーション含めてどうやったら楽しんでもらえるか?うことを優先させたかったので、会場は渋谷のVISIONさんをお借りすることにしました。
個人的な話ですが音楽を体感する場所としてのクラブというのが僕はとても好きなんですね。
渋谷周辺も以前ほど”クラブらしいクラブ”がなくなってきているのですが、クラブ特有のきらびやかで異世界なイメージと音楽空間に”足を踏み入れる”ドキドキ感が得られる場所、そして今回の演者さんともマッチする最高の会場だと思っています。
先日、PAさんとの打ち合わせもしたのですが、VISIONで数多く仕事をされている方だったので音周りに関しても安心して楽しんでもらえたらと思います。

2018年秋の今ここでしかできない”ONE AND ONLY”なイベントになると思います!11月7日(水)は「GK NITE」へお越し下さい!!

GK NITE(ジーケーナイト)
2018年11月7日(水)OPEN 18:30/START 19:30
渋谷 SOUND MUSEUM VISION
チケット:前売り 3500円/当日 4000円(+1d:600円)
チケット販売:2018年9月22日(土)10:00〜
イープラス sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002273652P0030001
※上記URLは9月19日から有効。販売は9月22日(土)から
【訂正】プレイガイドおよびチケットのイベント開始時間の記載に誤りがありました。
(誤)19:00 開演
(正)19:30 開演
上記、記載通り開演は19:30からとなります。お詫びして訂正いたします。

▼ 出演者
lyrical school/校庭カメラガールドライ/彼女のサーブ&レシーブ/WB
主催:MUSIC INISIGHT


当日のイベントに関しての注意事項についても触れておきます。
▼ 撮影について
・写真撮影については出演者様のルールに準ずる形としますが、動画撮影は全編NGです。
・写真機材はスマホ・携帯電話のみとさせていただきます。撮影時は周囲のお客様へのご配慮をよろしくお願いします。
・当日は撮影スタッフが入る予定となっております。ライブ中にカメラマンがフロアを移動する場合もありますので予めご了承ください。

▼ ライブの観覧について
・クラブは自分以外のお客さんも含めた全員で音楽を楽しみを共有するところだと思っています。もちろんクラブにダイブとかモッシュとかサーフとかはないのでよろしくお願いします。踊りたい時は周囲のお客さんにも配慮してその場で踊ってください。
・多くは言いませんので”常識と良識の範囲”でみんなでたのしくやりましょう。

関連記事一覧