• 特集
  • 【ガチ恋!】の特集企画ページです。
  • HOME
  • 全ての記事
  • 特集
  • 【TIF2018レポート】リリスク、amiinA、オサカナ、ヤナミューetc… 次代の主役を担うアイドルたちが真夏のお台場で競演

【TIF2018レポート】リリスク、amiinA、オサカナ、ヤナミューetc… 次代の主役を担うアイドルたちが真夏のお台場で競演

2018年8月3日(金)〜5日(日)の3日間をかけて東京は台場・青海にて「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」が開催された。2018年はこれまでのアイドルシーンを盛り上げてきたグループの解散の知らせが相次ぐ中での開催となったが、その一方では次代のアイドルシーンを担うべきグループの確かな成長を見せたTIFでもあった。
【ガチ恋!】では、そんなこれからの活躍が期待されるアイドルたちをピックアップ。そのライブの様子をレポートする。

夜空のSKY STAGEから熱波のDREAM STAGEまで。TIFに爆音ロックチューンが響かせたヤなことそっとミュート

TIF2018の開催3日間を全日出演したヤなことそっとミュート。ヤナミューのライブでよく言われる”爆音”はTIFでも変わらなかった。
SKY STAGEに登場した1日目は、お台場の夜景と月夜をバックに「sputnik note」、「ホロスコープ」、「ツキノメ」、「Afterglow」とSKY STAGEのロケーションにベストマッチな4曲を披露。日中の暑さを和らげる穏やかな風が吹く中で激しさの中にミステリアスな雰囲気も醸し出すライブを繰り広げた。
そして3日目は一転して日中のDREAM STAGEでのステージ。強烈な西日を真正面から受けながら「Lily」や「Just Breathe」など5曲を披露したライブは、さながらロックフェスの空気をそのまま持ってきたような熱量に覆われた一時となった。

リリスクは夏の大本命!”みんなが集まる”ステージはどこへ行っても大盛況。

アイドルグループが数ある中で「“夏”という言葉で連想するグループは?」と聞かれたらlyrical school(リリスク)の名前が最上位に上がるのは間違いないだろう。
そんなリリスクにとってTIFが夏の本現場の一つ。現在好評開催中の全国ツアー前半戦を終えたリリスクが今年もお台場にやってきた。

TIF2日目、DREAM STAGEに姿を見せたリリスクは、夏空の下に多くの観客を集めてのパフォーマンス。ベースボールシャツにショートパンツと夏仕様な出で立ちで登場したリリスクは「秒で終わる夏」「夏休みのBABY」と鉄板サマーチューンをセットに織り交ぜ、汗だくで見守るファンたちを大いに盛り上げた。
そして夕方にはDOLL FACTORYでは、DJセットのライブを披露。「常夏(ナッツ)リターン」のMVにも登場した”サメ”をDJに従えての”爆レスチューン”「DANCE WITH YOU」からのスタート。途中「ごめんだけど。リリスクはもう帰っちゃうから。TIFの夏は終わりだぁぁー!!」(risano)の煽りにも大歓声が上がり、「Let‘sGrooveブレイクラップ」でのコール&レスポンスもファンとの息がぴったり。キュートでクール、そしてひたすらに楽しいリリスクのDOLL FACTORYは会場いっぱいに集まったファンとの一体感のあるライブを演出し、”みんなが集まるリリカルスクール”の真価を発揮したステージとなった。

関連記事一覧