• 特集
  • 【ガチ恋!】の特集企画ページです。

963(くるみ)ニューシングル「ホシノフルマチ」インタビュー

九州出身のラップアイドルユニット963(くるみ)への初インタビュー。現体制につながる2015年の活動開始以来、紆余曲折を経てぴーぴるとれーゆるの2人体制となって約1年。2019年4月の雑誌「プレイボーイ」での衝撃の水着グラビアが発表されるなどインディーアイドルシーンの中でも急激に注目を集める存在となった。

そんな中、2019年4月5日にリリースされたニューシングル「ホシノフルマチ」は、これまで数々のアイドルの中で歌い継がれてきた名タイトル。ラップとポエトリーリーディングがクロスする963のスタイルとジャジーヒップホップサウンドの融合は音にうるさいアイドルファンからも評価が高かったが、本作では今まで以上に彼女たちの成長を感じさせる作品に仕上がっている。

まさに話題沸騰中と言っても過言ではない963のインタビューは、2人の奔放さ丸出しの内容となった。グラビアや楽曲からはうかがえないぴーぴるとれーゆるの”素顔”をお楽しみください。

「布がなかった」プレイボーイ水着グラビアの背景

――最初に自己紹介からお願いします。

れーゆる背の高い方のれーゆるです。大分県出身の16歳、高校1年生です。

ぴーぴるなんにもない方のぴーぴるです。出身は熊本県で育ちは福岡です。

――”なんにもない方の”ってフレーズはいつから言い始めたんですか?

ぴーぴる私が初代の相方のやーぷんよりも背が高くて地黒で運動もできたりしたから色々あるよねって言ってたんですけど、やーぷんの方は「なんにもないよね」って。それから背の低い方が”なんにもない方”を受け継いでる感じです。

――僕が963を最初に見たのは2017年の新木場スタジオコーストでのギュウ農フェスなんですけど、その時のぴーぴるさんは超ガキんちょでした。本当に子供の顔をしてて。

ぴーぴる(笑)私、中学生の時が黒歴史で、めっちゃ太ってたし顔がヤバい。「ストロー」までのPVとかヤバいもん。

――そんな963ですが、たぶんこのインタビューが出る頃には雑誌「プレイボーイ」の水着グラビアがものすごくバズってるはずなんですが…

ぴーぴるバズってて欲しい。

れーゆる(笑)

――撮影はいつ頃だったんですか?

ぴーぴる3月?

れーゆる今月だ。

ぴーぴる寒かったって感じかな(笑)

――確かに少し寒そうでした。布がほとんどなかったですし。

れーゆるそう。布がなかった(笑)

ぴーぴるこんな真冬にねぇ。

れーゆる真冬ってほどではなかったと思うけど。

ぴーぴる私の中では真冬だった。あれは寒い。川辺で撮ったんですけど、釣りしてるおじさんがすごいこっち見てきて。

れーゆる橋の上の人とかもめっちゃ見てた。

――できあがった写真を見てどうでしたか?

ぴーぴるヤバいですね(笑)初めて誌面に載る水着グラビアだったから。まずビキニとか着たことないし。

れーゆる分かる。

――でも、すごく良いグラビアだったと思いますよ。これは出たらみんなびっくりするだろうなって。

れーゆる963がこんなことするなんて、ね。

――でもきっと病んじゃうファンの人もいると思うんですよ。

れーゆるえー。病むんだー。

――そういうファンの反応は気になったりするんですか?

ぴーぴる今の人たちはみんなおじさんばっかりだからそんなに気にならない。

れーゆるそうだね。

――でも、もしかしたらこのグラビアのおかげで若いお客さんも増えるかもしれない。

ぴーぴる変なお客さんも来るかもしれない(笑)

――今までは変なお客さんは少なかった?

ぴーぴる福岡で慣れちゃいました。

れーゆる(笑)

ぴーぴる「これダイヤの指輪だから」ってくれる人がいたりとか。

――マジすか。

ぴーぴるそういうので慣れちゃいましたね(笑)

 

「几帳面だけど、時々抜けてる」(ぴーぴる) -963の他己紹介 れーゆる編-

――では、ぴーぴるさんとれーゆるさん個人について、お互いに相手の「性格」「いいところと直した方がいいと思うところ」「やられて喜ぶことと怒ること」について話してもらえますか。

ぴーぴるれーゆるの性格は几帳面。あと努力家?ステージで失敗した時も悔しがるし。私はダンスの練習とか自分の家ではほぼしないけど(笑)、れーゆるはすぐに覚えて「練習やろうよ!」って言う。メイクとかダンスとかも何かしら努力してる感じがする。A型っぽいなって。…次なんでしたっけ?

――いいところと直した方がいいと思うところ。

ぴーぴる美容に気を使ってるから色々やってくれるんですよ。結構世話好きなところがあるからお姉さん感があっていいなって思う。

――れーゆるさんは実際にお姉さんだったりするんですか?

れーゆる長女です。

ぴーぴる私基本年上が好きだから…

――でも、れーゆるさんの方が年下ですよね?

ぴーぴる年上っぽいしっかりした人が好き。逆に年下の子たちは扱いづらいのがあって。れーゆるが来た時も”年下かー”ってちょっと凹んだけど、性格を知ったら全然大丈夫!って。直した方がいいところはちゃんと勉強した方がいいと思う。

――学力面でってことですか?

ぴーぴるちょっとおバカキャラっぽい雰囲気があるから、常識程度にはやっておいた方がいいと思う(笑)

れーゆるない?常識?

ぴーぴるあるっちゃあるけど、時々抜けてるから…。直して欲しくないけど直して欲しい。

――バカキャラって結構難しいですもんね。

ぴーぴるそうですね。

れーゆるわざとじゃないんだけどね。

ぴーぴる次なんでしたっけ?

――やられて喜ぶことと怒ること。

ぴーぴる怒ることは、最近”23歳”って言ったら怒った。

れーゆるちょっとムカついてきて(笑)

――喜ぶことは?

ぴーぴる何が喜ぶかなぁ。れーゆるが興味がある話をして、盛り上がったらすごく喜ぶよね。声がどんどん上がっていって一人でいっちゃう。”あ、待って待って”って感じ(笑)だから興味がある話をしてあげるのがいいのかな?

――例えば?

ぴーぴる今だったら高校野球の話とか…

――野球好きなんですか?

れーゆる好きですね。「ダイヤのエース」ってマンガがあるんですけど、それをずっと見てて、その影響で高校野球も見るようになって、地元の高校が出ることになったので応援してます。

ぴーぴる最近はそれよね。

れーゆるうん。

 

「めんどくさがり屋でダンスを覚えない」(れーゆる)-963の他己紹介 ぴーぴる編-

――では、れーゆるさんから見たぴーぴるさんは?

れーゆる性格はめんどくさがり屋。

ぴーぴるうん。めんどくさがり屋。

れーゆる遊びに行こうって誘うんですけど、”めんどくさい”っていっつも言ってくるんで。

――出不精ってことですか?

ぴーぴる外に出たくないって訳ではないけど、友達と遊びに行くとかだったら行きたいお店とか合わせなきゃいけないじゃないですか。「ここ行こう!」って言われて、値段的に高いなぁって思うところでもせっかくだし行かなきゃって思うし。1人の方が気楽だなって思う時はある。

――じゃあ自分から誰かを誘ったりはしない?

ぴーぴるしないしない。誘われたい。

――誘われたいのに行きたがらない?

ぴーぴるそう(笑)気持ちのアップダウンがありますね。行きたい時は”いいよ”って感じだけど、自分にメリットがあるのか?とか考えちゃう。

れーゆる(笑)

――では、いいところと直した方がいいところ。

れーゆるいいところはノリがいいのと喋りができるところ。私が人見知りなんですけど、共演者さんと写真を撮りたい時に自分から行けないので、その時はいつもぴーぴるに(笑)

ぴーぴる「写真撮りたいよね」って私に言ってきて。「そだねー」って答えて会話が終わっちゃって。…え?私が行けってこと?みたいな(笑)

れーゆるMCとかも喋れるから任せてるところはあります。

ぴーぴるでも最近2人とも喋るからね。

れーゆるで、直した方がいいところはちゃんとダンスを覚えてきて欲しい。

ぴーぴるやだー(笑)

れーゆるずっとやってなかった曲があったんですけど…覚えないんですよ。ホントに。

ぴーぴるダンスが下手で動画を見ても覚えられないんですよね。

――振りの動画を送ってもらって覚えるやつですか。

ぴーぴるそう。れーゆるってK-POPの振りとかも動画を見て覚えてる人だから覚えるのが得意なんですよ。私は絶対教えてもらった方が早いから、れーゆるに会った時に聞いた方が早いから。

れーゆるそれは先に言ってほしかった(笑)

――じゃあ、やられて喜ぶことは?

れーゆる食を与えたら喜びます。

――まさに今(編集部註:本インタビューは食事しながら行いました)

ぴーぴる奢ってくれたら嬉しい。

れーゆるめっちゃ喜ぶね。あとなんだろう?

ぴーぴるケチだからお金に関することだったらなんでも。

れーゆるそう。お金しかないと思います(笑)

――もらって一番嬉しかったプレゼントとかありますか?

ぴーぴるパソコンとか…あと、刀も嬉しかった。

――刀?

ぴーぴる「刀剣乱舞」ってゲームとアニメにハマってる時に、ファンの方がそれを知ってて”これ誕生日プレゼント”って。なんだろう?と思って開けたら刀が入っててすごく嬉しかった。

 

スポーツ万能美少女れーゆる&ちょいブス好きのぴーぴる -2人の出逢いからこれまで-

――2人の初対面っていつなんですか?

ぴーぴる2017年の10月ぐらい。

――その時の印象は?

ぴーぴるすっごい礼儀正しいなって。最初に「やっほー」って言ったら「あ、こんにちは」って。「お茶いる?」って言ったら「もらってもいいですか?」みたいな。すっごい敬語だったから部活入ってたのかな?って感じで。

れーゆるだって先輩だし、知らない人だから敬語で言わないとって。

ぴーぴるあと、かわいいじゃん。私と同じくらい(笑)

れーゆるいやだわー。この子(笑)

ぴーぴるそこがちょっとがっかりしたけど、”ま、いっか”って。

――れーゆるさんの第一印象は?

れーゆるほっそ!って思いました。細長い?

――確かにこの間、別の企画で写真を撮らせてもらった時に細いなーって思いましたね。

れーゆるですよね。でも、今の方が痩せてるんですよ。当時は顔が丸くて…たぶん顔に出るんだと思うんですよね。それが第一印象でしたね。あとテンションが高い人(笑)

ぴーぴるテンションが高くてノリでいっちゃえばだいたい友達になれる。

――友達は多い方ですか?

ぴーぴるいないって思ってる人もいるけど結構いるんですよね。逆にアイドルをやってるのがバレた時にぶりっ子チックだなって思われたくないから。テンションが高ければみんな楽しいじゃないですか。みんなが楽しい方がいいなと思って、楽しい子を演じてます。

――過去の経歴についても聴きたいんですが、れーゆるさんは前から芸能活動に興味があったんですか?

れーゆる私はマネージャーさんに羽田空港でスカウトされました。

――マネージャーさんがスカウトをやってた話は聞いたんですけどそれですか。

れーゆるはい。芸能活動はたぶんスカウトされなかったら入ってないと思います。

――その時はなんで羽田に?

れーゆる陸上のジュニアオリンピックの帰りですね。お母さんと一緒にいた時。

――声をかけられてからやろうって決めるまではどれくらいの期間で?

れーゆる1ヶ月ぐらいですかね?お母さんと話をして、本当のスカウトかどうかを確認した後に「やってみなよ」って言われて。

――じゃあ963が2人とも九州出身だったのはたまたまなんですね。

れーゆるたまたまですね。

――初めての芸能活動がアイドルということになりましたがそのことについては?

れーゆる最初はアイドルって聞いて、あんまりやりたくないなって思ったんです。めっちゃフリフリの衣装を着てるイメージがあったのと足を出すのが嫌いなのでそういうのだったらイヤかな?って思ったんですけど、963は衣装が制服だし、コールを入れるような曲じゃないじゃないですか。そっちの方が好きなので楽しいですね。

――ぴーぴるさんの方は…結構キャリアもありますもんね。もうすぐ4年目ですか?

ぴーぴるそうですね。

――最初からアイドルをやるってことで入ってきたんですか?

ぴーぴるいや。最初はモデルでショーとかに出てたんですけど、963の妹分の369(みるく)を始める時にメールでお誘いがきて、そこでえりんこ(彼女のレシーブ)とも一緒のメンバーになって。で、そこで1〜2年ぐらいやってから963のオーディションを受けて入った感じですね。

――963というと人の入れ替わりが激しいという印象があるんですが、その辺りはどうだったんですか?

ぴーぴる最初は全然興味がなくて。別に誰でもいいやって感じで。ちょいブスだったら(笑)

れーゆるもうマジでやめてー。怖い、この子(笑)

ぴーぴるできる子だったら誰でもいいなって感じで。ねーぷん(2代目)が入った時も歌がうまいし、ダンスができるし、スキル高いし、ヤバいじゃんこの子と思ってたんですけど…

――かわいい子でしたよね。僕も昔写真を撮った時に申し訳ないけど”こっちの子(ねーぷん)かわいいじゃん”と思いながら写真を撮ってましたよ。

れーゆる(笑)

ぴーぴるあの頃は本当に黒歴史で、小学生にしか見えなかった。ただでさえ童顔なのに化粧もなにもしないで。

れーゆるウチも入りたては黒歴史よ。

ぴーぴるれーゆるはまだ大人っぽい顔つきだったから。化粧とかしなくても大人っぽかったし。

れーゆる今がベストかな。

ぴーぴるねーぷんとも仲が良かったから”遊びに行こうね”って話てたのにいなくなっちゃった。初代の子なんてすごいんですよ。「次の大阪楽しみだねー。ばいばーい」って言ってたらその直後にどかーんって。(編集部註:詳細はネットを検索してください)

 

「二重は作った(笑)」「”かわいい”は飽きた。」-963史上最長コンビのぴーぴる&れーゆるが語るアイドル本音トーク-

――でも、今ようやく1年同じメンバーでやれた訳ですよね。なんで続いたんですかね?れーゆるさんがデキる子だったから?

ぴーぴるYDK(笑)※YDK…ヤればデキる子

マネージャー氏未経験だったのが良かったのかな?と思うんですけど。

ぴーぴる何も分からないのが一番いいよ。

――気がついたら1年経ってた感じですか?

れーゆる意外と早かった感じかな。

――その中でもしんどかったこともあったんじゃないですか?

れーゆる飛行機はしんどいですね。乗り物が弱くて。東京の事務所に行くのにもまあまあ時間がかかるなって。

――ぴーぴるさんから見たれーゆるさんのこの1年の変化を感じたりしますか?

ぴーぴる顔が変わった(笑)二重の幅が広くなった。

れーゆる二重は作った(笑)

――努力の成果ですね。

れーゆるダイエットもしたもんね。

ぴーぴるそうかダイエットしたのもあるのか。

――でも、僕がここ最近見てるアイドルさんの中でも2人ともものすごくかわいいと思いますよ。

ぴーぴるあざますっ。美少女だから(笑)

――そうやって調子に乗られると褒めがいもないんですけど(笑)

れーゆる(笑)

――ちょっとぐらいは照れたりした方が…

ぴーぴるそぉんなことぉなぁぃですよぉ〜、って?

――そうそう。そういうのが好きな男の人多いし。

ぴーぴる。でも、JKのノリを知ってるから「かわいいね」って言われても「そんなことないよー。◯◯ちゃんの方がかわいいよー」っていうのを期待してるのが分かるから、逆に「そうだよね。私やっぱりかわいいよね」って言っておいた方がさっぱりする。そこで話が終わるから。

れーゆるそれか「ありがとー」って返して終わりにする。

ぴーぴる”かわいい”って言われるのは飽きた。

れーゆるたしかにね。

ぴーぴるだから言われる度に「そう?ありがとう」で終わっちゃうし、かわいいよりも普通に接して欲しい。

れーゆる友達みたいな感じで話して欲しい。

ぴーぴる嫌な気持ちはしないけど、そればっかりは言われたくはないかな。

――あ、でもこの前現場で会ったヲタクの人が「963は色気がある」って言ってましたよ。

ぴーぴるそのツイート見たんですけど、どこに見出した??とか思って。

――”色気”っていうのはツイートする時に言葉を変えたんですけど、実際には”エロいよね”って言われたんです(笑)

ぴーぴる(笑)

れーゆるあらー。

――でも、言われた時にちょっと分からなくないかも?って思いました。

ぴーぴる分かる?

れーゆるんー、分からん。

ぴーぴるでも、れーゆるはちょっと分かる。なんかおじさんが好きそうな顔。

――2〜3歳は年上に見られそう。

れーゆる最高年齢25歳ぐらいですから(笑)

――そんなお2人に興味を持ち始めたきっかけがあるんですが、割と僕は963に対してマイナスからスタートしてるんですね。ライブ中にうるさいなーとか思ったり。

ぴーぴる・れーゆる(笑)

――でも、2018年の年末からですかね。すごく良くなったなぁって思うようになったんです。

ぴーぴる相方がちゃんと定まったからっていうのはあるよね。2人組とかだと相手に合わせなきゃいけないじゃん。相手のことも知らなきゃいけないし。変わられるとまた振り出しか、ってなっちゃう。

――毎回1からリセットしないといけないところはありますよね。

ぴーぴるそうそう。だからやっと相手のことも分かるようになってきたかな?って感じ。

――れーゆるさんは963が変わってきた感覚ってありますか?

れーゆる最初の頃はあんまり自分の気持とかもあんまり言わなかったんですけど、最近は言ってる方じゃないかな?と思います。

ぴーぴるそうだよ。お互いのことを知るのが一番大事だから。

――僕が見て一番変わったと思うのはライブなんですよ。特に振りが合い始めたのを見て「おっ!?これは?」と思うようになりました。

ぴーぴるれーゆるがK-POPにハマってるからK-POPになりたいんです。私たちは(笑)

れーゆる練習に行った時とかはどのタイミングで手を上げ始めるとかカウントを合わせるとかはするようにしてます。

ぴーぴる色んなアイドルグループさんを見ても揃ってる方がかっこいいから。もうちょっと揃うようになってからでかいステージに出られるようになりたい。

 

名曲「ホシノフルマチ」と963の楽曲の魅力とは?

――今回は「ホシノフルマチ」のインタビューなので新譜についても聴きたいんですが、「ホシノフルマチ」はもうライブでも何度もやられてますよね?

れーゆるめっちゃいい曲。

――アルバム「963」にも入っていなかったので音源をずっと探してたんですよね。

ぴーぴるその後にレコーディングしたからね。私たちも「ホシノフルマチ」がCDになるとは思ってなかったから。

れーゆる確かに。カバー曲だし。

ぴーぴるカバーと新曲(「タイムカプセル」)が入ってる。どっちもいい曲だよね。

れーゆるホントに。

――「ホシノフルマチ」がカバーだっていうのは意識しますか?

ぴーぴるいや、もう自分たちの曲だと思ってます。

れーゆる(笑)

――963の歌に関しては1ついいなと思ってるところがあって。

ぴーぴるなんですか?

――ポエトリーリーディングって分かりますか?

ぴーぴるぼえとり?

れーゆるなんだろ。

――説明が少し難しいんですけど曲の上に言葉を乗せていく感じというか…

ぴーぴる語り、みたいな?

――そうです。963はそのポエトリーリーディングとラップが交差してるのがすごく新鮮なんですよ。

ぴーぴるコウテカ3さんとかライムベリーさんとかはガチガチのラップじゃん。

――あとリリスクとかもね。

ぴーぴるでもウチらはそれができないじゃん。

れーゆるそうだね(笑)

ぴーぴる絶対無理だから。最初の時からできなかったんだよね。やーぷんも私も歌が下手だし、ダンスもできない2人が選ばれたから。なんで選ばれたのかもよく分からなかった。それでラップも歌も無理だと思ったんだろうね(笑)

 

「有名人にお葬式に来て欲しい!」(ぴーぴる)-963のこれからは??-

――この先963には売れていって欲しいと思うんですけど、963の場合は割と色々な道があるんじゃないかと思うんですけど。

ぴーぴるあるのかなぁ。

――グラビアもそうだし、音楽活動もあるし、それ以外の芸能活動も含めて可能性があると思うんですけど、2人は963のこれからについてそれぞれどんな風に思ってますか?

ぴーぴるやれることは全部やりたいなって。芸能人になりたいなと思ったのが、お葬式に有名な人が来て欲しいなって思ったからで…

――自分の葬式に!?

ぴーぴる誰かのお葬式に所ジョージさんとかタモリさんとかがあいさつしてるのを見て、「私、芸能人になりたい!死後もこうやって華やかにされたい!」って思って入ったから。とりあえず有名な人が来るお葬式ができるくらい大きな人になりたい。

れーゆるでも、弔事を読むのって絶対ウチでしょ。

ぴーぴる分かんないよ。その時はいなくなってるかもしれない。

れーゆる(笑)

――れーゆるさんは自分の方向性についてはどんなことを考えますか?

れーゆるとりあえずは963で売れたい。ぴーぴるが売れていったとしても一緒のグループじゃないですか。だったら私も上がっていけるじゃないですか。だから今は2人でがんばりたいなと思います。

――さっきK-POPが好きって言ってましたけど音楽活動で売れたいみたいな気持ちは?

れーゆるいい曲ばかりだからみんなに知られてほしいなとは思います。

――TIFのメインステージで歌ってみたいとか?

れーゆる歌ってみたいけどコールとか入るグループとかがいっぱい出るイメージがあるから、そういうのとはちょっと合わないのかな?って。

――2人でこの先どうなっていきたい、みたいな話はするんですか?

ぴーぴる全然。

れーゆる2人では話さないよね。

ぴーぴる練習しなきゃねー、みたいなみたいな話はするけど。でも、まあ同じところ目指してるから一応は。

――”同じところ”って具体的に言えますか?

ぴーぴる売れる?色んな人に知ってもらう。パフォーマンスも歌もスキルを上げて、何処に出ていっても恥ずかしくないぐらいになりたいっていうのは暗黙の了解だから。

――れーゆるさん最後に何かありますか?

れーゆる最後に…?

れーゆる元号も変わるのでこれを機に売れていきたいです!

ぴーぴる一人でもいいけどね!

れーゆるグループだからどっちかが上がったら一緒に行くからね。

ぴーぴるま、一人でもいいけどね!(笑)

れーゆるやめて。私、悲しくなる(笑)


ホシノフルマチ
2019年4月5日リリース
LHFC-006/¥1,500(税込
▼ 収録曲
1.ホシノフルマチ
2.タイムカプセル

月と青
2019年4月14日(日)OPEN 17:30/START 18:30
月見ル君想フ
前売 2,500円/当日 3,000円(+1D600円)
チケット受付 docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeaNOt12-HCsWqIdfzLoOMg8MO8xwNEsE784mdZOqj-mYjYzg/viewform
▼ 出演者
963/Kabanagu a.k.a.カバを殴る仕事/諭吉佳作/men

リンク
963 オフィシャルサイト 9x6x3.com/
963 オフィシャルtwitter twitter.com/9x6x3

関連記事一覧