大森靖子 絢爛と混沌のワンマン26曲。ツアーファイナルでavexからメジャーデビューも発表

女性シンガーソングライター大森靖子(おおもりせいこ)が最新アルバム「絶対少女」のリリースワンマンツアーツアー「絶対少女が夢見るBBa’14ツアー」の最終公演を2014年3月14日(日)に恵比寿リキッドルームで行った。ライブ冒頭からavexからのメジャーデビュー発表など、驚きと衝撃にあふれたワンマンライブで全26曲を披露した。

前売りSOLD OUT、当日券ナシ。人気、期待、注目の全てが集まった大森靖子ワンマンライブ「絶対少女が夢見るBBa’14ツアー」@恵比寿リキッドルーム。
フロアの照明が落ちて、最前列下手あたりが歓声混じりにざわつくとステージ袖から表れた大森靖子が客席へなだれ込み、「ミッドナイト清純異性交遊」でワンマンライブをスタート。
まだ幕も開いていないステージに立ってスマートフォンで、歌う自分とファンを自撮り(その後ライブ中にtwitterへアップ)、そこから客席にダイブしたかと思えば、今度はフロア袖の関係者席に突入。映像用スクリーンの前で熱唱するその目元には血の涙を流すラメがペイントされていた。大森靖子が次々にサプライズを畳み掛ける。

ファンが用意したピンクのサイリウムを振るのもままならない内に「ミッドナイト清純異性交遊」が終わると、スクリーンに流れた動画の中で大森靖子がavexからのメジャーデビューを発表。客席から祝福の大歓声が起こる中、動画の方は蒼波純(「ミッドナイト清純異性交遊」のPVに出演)、いずこねこ、南波志帆、アップアップガールズ(仮)らからのメッセージが続いていた。

そして動画が終わり、2曲目の「絶対少女」でいよいよステージの幕が上ったが、そこに露わになったステージの装飾はサイケデリックに彩られつつも、内臓をぶちまけたような幻想と倒錯が入り混じった世界。
カーネーションの直枝政広(ギター)を中心に、レピッシュのtatsu(ベース)、ソウル・フラワー・ユニオンの奥野真哉(キーボード、サックス)、H Mountainsの畠山健嗣(ギター)、久下恵生(ドラム)と錚々たるメンバーを従えた大森靖子は赤と黒のツートンカラーのドレスに着替えて再登場。ステージに垂れ下がるリボンを首に巻き付けて引きちぎるショッキングなパフォーマンスも見せるなど、次々に起こるサプライズ、そしてめまぐるしい展開する大森靖子のワンマンライブは、オープニングの2曲だけで完全に集まった観客を完全に飲み込み、会場の一体感は前半の「あたし天使の堪忍袋」での大合唱で既に最高潮に達していた。

最新アルバム「絶対少女」はバンドアレンジと弾き語りが入り混じった作品。これまで弾き語りのライブが定番のスタイルだった大森靖子がバンドアレンジの楽曲をどう見せるかは今回のライブは見どころの一つだったが、大森靖子と直枝政広率いるバンドメンバーが見せたライブは弾き語りでは出し得ない多彩な音色でカオティックな世界観を高い完成度で魅せつけた。長い沈黙も延々と続くセッションは抗いきれない説得力を持ち、弾き語りの楽曲に入るときの淀みない転換など曲順や構成にも相当に練り上げられたものを感じさせる。中でもライブ中盤に直枝政広と畠山健嗣によるノイジーな爆音ギターセッションの間を大森靖子が「キラキラ」のピアノで分け入ってくる演出は見事としか言いようがなく、さらにピアノの弾き語りパートでは序盤の赤やピンクの照明がブルー基調に変わり、ステージ全体がまるで巨大な水槽のような空間を描き出し、歌や演奏にとどまらない綿密な演出が行き届いたワンマンライブだった。

ピアノの弾き語りが終わった後、再びバンドを従えてのライブになった終盤はラストスパートにふさわしく、ステージのどこを見てもいい音といい歌が鳴り響く音楽空間が繰り広げられ、最後の2曲は、ギターを置いてバンド演奏をバックに「新宿」「音楽を捨てよ、そして音楽へ」を歌う。トレードマークとも言えるギターを手放した大森靖子の歌はむしろ激しさを増し、「音楽は魔法ではない」と叫び続けるその姿は拘束具を剥がしたエヴァンゲリオンのような凄まじい狂気を放つ。そして歌い終わると同時にステージを後にする大森靖子。ステージに残ったバンドメンバーによるアウトロはライブの余韻をたっぷり滲ませながら本編の終了を迎えた。

アンコールは本編で高まりすぎた熱とカオスを少しずつ時解くように「最終公演」「デートはやめよう」を披露。それでも飽き足らないファンのリクエストに応えたWアンコールでの「ハンドメイドホーム」。様々なサプライズとカオスを生み続けた最後はファンの手拍子によるアットホームな空気に包まれて大森靖子のワンマンライブは終演となった。

 

大森靖子「絶対少女が夢見るBBa’14ツアー@恵比寿リキッドルーム」セットリスト
1.ミッドナイト清純異性交遊
2.絶対少女
3.あまい
4.Over The Party
5.エンドレスダンス
6.あたし天使の堪忍袋
7.展覧会の絵
8.hayatochiri
9.PS
10.魔法が使えないなら
11.呪いはみずいろ
12.婦rick裸にて
13.さようなら
14.愛のさざなみ(島倉千代子カバー)
15.高円寺
16.キラキラ
17.青い部屋
18.KITTY’S BLUES
19.パーティードレス
20.少女3号
21.君と映画
22.新宿
23.音楽を捨てよ、そして音楽へ
<アンコール1>
24.最終公演
25.デートはやめよう
<アンコール2>
26.ハンドメイドホーム

大森靖子×チャラン・ポ・ランタン “イビツな女子の宴”
2014年3月20日(木)
仙台 PARK SQUARE
OPEN 19:00~/START 19:30
前売/3,000円 当日/3,500円(税込/D代別)
ピエール中野(凛として時雨)主催「ピエールナイト」
2014年3月21日(金)
Zepp Diver City TOKYO
OPEN/START 15:00~(出演時間:未定)
1F立見 3,500円(税込/D代別)
後藤まりこと大森靖子
2014年3月23日(日)
下北沢GARDEN
OPEN 17:30~/START:18:00
前売 3,500円(税込/D代別)
大森靖子の夏休み 八丈島単独ライブ
2014年8月13日(水)
八丈島PotHall
OPEN 17:00/START 18:00
チケット:2000円
その他のライブ情報は大森靖子オフィシャルサイトへ
oomoriseiko.info/live/

アルバム「絶対少女」
2013-12-11リリース
PINK-4 ¥2,500(税込)
収録曲
1.絶対彼女
2.ミッドナイト清純異性交遊
3.エンドレスダンス
4.あまい
5.Over The Party
6.少女3号
7.婦rick裸にて
8.PS
9.hayatochiri
10.W
11.展覧会の絵
12.青い部屋
13.あれそれ
14.君と映画
15.I&YOU&I&YOU&I
Produced by 直枝政広
Recorded &Mixed by 近藤祥昭(Gok Sound)、原真人
Mastered by 間部敬克(CROWN MASTERING)

関連記事一覧