• 特集
  • 【ガチ恋!】の特集企画ページです。

AZUMA HITOMI 「食わずぎらい」インタビュー

「ギャルに聴いて欲しい」「EDMは好きじゃない」。2014年4月2日に配信限定でリリースされるAZUMA HITOMIの「食わずぎらい」は強烈なダンストラックと赤裸々で戦慄のラップが織りなすエモーショナルでありながら「萌え」すら感じさせる稀有なタイトルとなった。矢野顕子のアルバム「飛ばしていくよ」の表題曲にトラックメーカーとして抜擢され、テレビ番組で初めてその素顔を明らかにしたAZUMA HITOMIへのインタビュー。プロデューサー小林氏を交えたトークでは彼女の意外な音楽性や信念が次々に明らかになった。さらにテレビ以外では初となるスナップ写真も公開。文字通りAZUMA HITOMIの素顔に迫った特集です。(photo by 山田秀樹)

 

AZUMA HITOMIにとっての矢野顕子とは。アルバム「飛ばしていくよ」参加エピソード

初めに矢野顕子さんのアルバムに楽曲提供することになった経緯を教えてもらえますか。

AZUMAファーストアルバムの「フォトン」ができた時に矢野さんに聴いてもらいたくて送らせてもらったんですけど、(矢野さんが)新しいアルバムをどうしようかって段階だった時に私のCDを聴いたと言うのを思い出してくれたみたいで。初めはコンサートに呼んでいただいて、その後にメールで「お願いします」って言われました。

AZUMAさんにとって矢野顕子さんはどういう存在ですか?

AZUMAYMOのワールド・ツアーで矢野さんが「在広東少年」を一緒に歌って演奏してるライヴがものすごくて。YMOのツアーで自分の歌をあんなに自由奔放に歌ってるその動画を見た時に「なんてすごいんだろう!」って。私が音楽をやるにあたってテクノであるけれども歌は歌い上げるようなパフォーマンスをしたいって思っていたので、矢野顕子さんの説得力のあるボーカルがテクノの音楽の中で自由に跳ねまわってる感じって言うのはすごく目標にしてます。

最初にオファーが来た時に不安はなかったですか?

AZUMA頂いたデモは、矢野さん独特と言うか、矢野さんにしか弾けないピアノの弾き語りになってて。それを私が、四つ打ちにするっていう…。でも、私の「フォトン」を聴いて、そういうものを望んでらっしゃるということで、そこがびっくりしたし、不安と言えば不安でしたね。
特に話しあいもなく「おまかせします」って感じだったんですけど、インタビューで「AZUMAさんの良さが光る楽曲を提供しました。」って言っていただいて…。それは薄々感じたんですけど、ご本人から聞くと感動でいっぱいって言うか。それもあって私も自分の曲みたいにやりやすかったです。

AZUMAさんが作ったものを渡した後のやり取りは?

AZUMAピアノと歌入れを見学させてもらえたので、「ピアノのソロを…って言うよりはリズムが乗れる感じがいいよね」みたいな会話はあったんですけど、私は矢野さんが目の前でピアノを弾いてるところをただ見てました(笑)レコーディングが終わって、トラックの抜き差しやミックスのラフはしたんですけど行ったり来たりって言うのはほとんどなかったです。

余談ですが、矢野さんとAZUMAさん声が似てますよね。

AZUMA一緒にやる前から「矢野顕子っぽい」って言われてて。すごい嬉しかったんですけど。歌い方だったり表情の付け方とかもすごい影響受けてるし、歌詞や私が歌いたい感じの一つの理想型が矢野さんなのでとても勉強になりました。

「春咲小紅」を聴いた時に矢野さんにすごく似てると思いました。「春咲小紅」を作った頃の矢野さんが現代にきたら多分あんな感じの曲になるんだろうなって。

AZUMAリアルタイムで聴いてた人が思い出してくれたり、YMOの中にいる矢野さんを思い出してくれたら「やった!」って感じです。あのカバーは敢えて原曲の通りに再現してみたので、それで共通点を見つけてもらえるとすごく嬉しいです。

これからまた他の人に楽曲提供やアレンジで参加することは考えたりしますか?

AZUMA機会があれば!ボーカルだけ参加するとか、曲だけ作って違う人が歌うとか、どこの工程を人にやってもらうかって色んなパターンがあると思うので、色々やってみたいと思います。

関連記事一覧