• 特集
  • 【ガチ恋!】の特集企画ページです。

BELLRING少女ハート(ベルハー)カイ単独企画 献血体験&インタビュー

10床ほどある採血ベッドの一つに案内されたカイちゃん。水分補給用のジュースを片手に”その時”がやって来るのを待ちます。

そして、ついに…

ものの見事にブッスリといきました。あとはひたすら抜かれるのを待つだけです。採血の間は血行をよくするために足首を伸ばしたり曲げたり、目の前にあるiPadでインターネットを見ることができたり、他の献血ルームではTVが設置されていたり、マンガや雑誌を持ち込む方もいたり…と、やることは色々あるので退屈はしないはず。また、万が一途中で手のしびれや痛みが強くなったり、気分が悪くなった時は中止することもできるので安心してください、とのことでした。

採血している時間は全血献血で10〜15分とのことですが、カイちゃんは5分ちょっと。思った以上にあっという間に終わってしまいました。止血措置の後、採血した血液が入ったバッグを特別に持たせてもらいました。

献血が終わった後は少なくとも10分以上の休憩が必要になります。その間を利用して献血について話を聞いてみました。

「カイはあとどれくらい血があるんですか?」と素朴な質問をしたところ、カイちゃんの場合はあと3000mL以上あるとのこと。

採血されたカイちゃんの血液は、都内にある血液センターで検査され、輸血用血液製剤などに加工された後、医療機関からの要請により患者さんのもとに届けられるとのこと。その一方で、いわゆる”輸血”はがん(悪性新生物)の患者さんの治療に使われることが多く、交通事故などでの大量出血による使用は少なく、全体の3%未満くらいだそうです。

自分の血液が誰かの役に立つことが分かって安心した様子のカイちゃんは、

「思ったより怖くなかった」
「いろんなところ(献血ルーム)に行きたくなった」

と献血へ興味が湧いたようでした。

さらに献血の魅力は?と尋ねると…

「腕をギュッとされたい人にはいいかも。刺激的です。」

とのこと。血圧を計ったり、血管を浮き出させるためのバンドをしたり、確かに腕に圧力がかかることが多い献血ですが…、とてもカイちゃんらしい感想をいただきました。

カイちゃんの結婚は25歳?献血ルームで初占い

献血ルームでは飲み物やお菓子が無料。場所によってはマンガを多く用意していたり、お坊さんの人生相談など様々なイベントや献血者サービスがあるそうです。(※各献血ルームのイベントの情報はホームページにてご確認ください。)

この日の新宿東口駅前献血ルームでは占いをやっていたので、カイちゃんにも受けてもらいました。占いも初体験のカイちゃん、手相と生年月日で見てもらったところ、良妻賢母の相があるようです。カイちゃん自身も「自信ありました」と得意げでしたが、良妻賢母でありつつもあまり家庭に入るタイプではないらしいです。
結婚のチャンスは2022年か2023年というアドバイスに「25歳で結婚します」と結婚宣言も飛び出しました。

また、”意外と親分肌なところがある”と隠れたキャラクターも引き出され、近くで聞いていたベルハーの田中ディレクターも大納得。

カイちゃんからは「セレブになれますか?」と質問がありましたが、占いによると玉の輿タイプではないようで、「お金は使う方」「貯まらないけど入ってくる」という結果が出ました。

最後に「(献血は)自分じゃ絶対やってなかったから良かった」と感想を残したカイちゃん。近年、献血に協力する人は減少傾向にあるようで、中でも若年層は特に減っているとのこと。

今回、取材協力していただいた新宿東口駅前献血ルームにはカイちゃんのサインも飾ってあるので、ベルハーファンのみなさんもぜひ献血にトライしてみてください。

特集の後半は、カイちゃん単独インタビュー。ベルハーに入ってからの3年間とこれからについて話してもらいました。

関連記事一覧