DOCUMENTARY OF TIF 2015 -少女たちはこの先のシーンにどう立ち向かう?-

lyrical school(8月1日 SMILE GARDEN/8月2日 SKY STAGE)

TIFには4回目の出場となりもはや常連といってもいいlyrical school。一週間前にZepp Diver Cityでワンマンライブを終え、再びお台場の地に戻ってきた6人は容赦なく日差しが照りつけるSMILE GARDENから2015年のTIFをスタート。「FRESH!!!」「そりゃ夏だ!」「ワンダーグラウンド」の3曲でSMILE GARDENにリリスクの夏を凝縮。押し寄せた観客たちも思い思いにライブを盛り上げパーティー感に溢れたライブとなった。
そして2日目夕方のSKY STAGEはlyrical schoolにとってTIF最後のステージ。そこで披露された「おいでよ」「ワンダーグラウンド」「photograph」の3曲は初日のSMILE GARDEN同様オーソドックスなものだが、そんなライブでも今のlyrical schoolには観客を惹きつけてやまない魅力があふれている。
全国ツアーとZepp Diver Cityワンマンで身につけた実力と経験がライブに表れているのかもしれないが、取材に当たったステージ以外でも2日目のHOT STAGEでのライブをBase Ball Bearの小出祐介が絶賛していたり、他にもlyrical schoolを賞賛する声はあちこちで聞かれた。
とりわけ最後の「photograph」でlyrical schoolと観客たちが一斉に手を振っていた様子は、やがて終わりを迎えるTIFと夕闇を迎えたSKY STAGEの空と相まって多幸感と感傷が折り重なる印象的な光景を描き出していた。
TIFの2日間で改めて多くの人から注目を集めたlyrical schoolだが、その後のlyrical schoolも9月5日にはアイドルヲタクとしても名高いリーダーの大部彩夏がキュレーションしたアイドルイベント「TOKYO IDOL PROJECT LIVE curated by lyrical school ayaka」を六本木ニコファーレで開催したり、11月にはlyrical school主催のオールナイトイベントも控えたりと注目イベントが続く、”いま見ておくべきアイドルNo.1”のlyrical schoolのこれからは逃さずチェックしておこう。

リンク
lyrical school オフィシャルサイト http://lyricalschool.com/

小桃音まい(8月1日 SKY STAGE/DOLL FACTORY)

”天性の雨女”として名高いアイドル小桃音まい。
2013年のTIFではSMILE GARDENに雷を呼びライブを中止させる”能力”はTIFの語り草(?)となっているが、昨年はその能力を発揮できずに終わり「さて今年は?」と複雑な期待と注目が集まっていた。
フジテレビ湾岸スタジオ屋上(!)のSKY STAGEに立った小桃音まいはスタッフから「雨注意」Tシャツを着せられて登場。2013年に雷を呼んだ「Oh, my Sunny Day!」でライブをスタートさせたが、曲終わりのMCで「今年はもう必要ありません!!」とステージ上でそのTシャツを脱ぎ捨てて雨女を返上。その甲斐もあってか、そのSKY STAGEはもちろんのこと2015年は2日間とも天気に恵まれたTIFを開催することができた。
最初のステージで大役を果たした小桃音まいは、同日2回目のライブとしてDOLL FACTORYに出演。昨年、同ステージで披露した渾身のメドレーの噂を知ってか、会場には多くの観客を呼び、その期待に応えるように小桃音まいも2015年バージョンのメドレーでライブに挑んだ。数々の代表曲を大胆なリミックスでつなぎ、最後は「BANG BANG 鼓笛サンバ」からの「Dreamscape☆」(新アレンジver.)で締めくくる。そのパフォーマンスは去年に負けず劣らずのビッグステージだったが、ライブを盛り上げる”こと民”(小桃音まいファンの総称)たちの熱量も凄まじく、「BANG BANG 鼓笛サンバ」の民族大移動や「Dreamscape☆」のケチャを初めて目にした観客たちが驚愕の表情を浮かべているのが印象的だった。
8月24日(月)に、恵比寿リキッドルームでのワンマンライブを控える小桃音まい。大舞台を前に多くの人のその魅力と持ち味を存分に発揮できたのではないだろうか。

リンク
小桃音まい オフィシャルサイト http://www.versionmusic.net/kotone/

関連記事一覧