DOCUMENTARY OF TIF 2015 -少女たちはこの先のシーンにどう立ち向かう?-

STEREO JAPAN 8月1日 HEAT GARAGE/8月2日 SKY STAGE

「パー!ティー!ピー!ポー!!」
今年のTIFで、このフレーズにどれだけ狂喜の魔法がかけられているかを思い知った人も多かったのではないだろうか。Stereo OsakaとStereo Tokyoの2組が一つになった”EDMアイドル”STEREO JAPANは、8月1日のHEAT GARAGEに「Exciting Dance & Live Express」と銘打たれたライブのトップバッターとして姿を表した。
満員のZepp Diver CityにまずはStereo Osaka、続いてStereo Tokyoが登場し、最後にSTEREO JAPANが勢揃い。「Electron」や「Anthem」で「パー!ティー!ピー!ポー!!」の声が上がるたびにうねるような盛り上がりを見せるその光景は、EDMの一大イベント”ULTRA JAPAN”と見紛うほど…と言っては大げさかもしれないが、STEREO JAPANのライブは明らかに他のアイドルとは異質な空間を描き出している。
ライブの最後に日本国旗を掲げるパフォーマンスをしてみたり、2日目のSKY STAGEではライブ中におっPを乱入させてみたりと、同じことを真似できるアイドルは他にはいないかもしれないが、今年のTIFでSTEREO JAPANがアイドルシーンに新風を吹かせたのは間違いないだろう。

リンク
STEREO JAPAN(Stereo Tokyo) オフィシャルサイト http://www.st-tokyo.com/

Especia(8月1日 DOLL FACTORY/HEAT GARAGE 8月2日 SKY STAGE/マイナビステージ)

今年で3度目の出演となりいつしか全出演者の中でも中堅的な立ち位置になっていたEspecia。
2015年最初のステージDOLL FACTORYでは、MINMIのコンピレーションアルバム「新MINMI☆FRIENDS」に収録の「サタデーナイト」に始まり、ブラック・ミュージック色満載の「West Philly」、そして最後はアーバンテイストたっぷりの「くるかな」で締め、トロピカルに飾られたステージの逆を行くセットリストでまずは観客へカウンターパンチ。そして夕方のZepp Diver CityのHEAT GARAGEでは「Especia CLASHメドレー」と題し、15分のライブ時間の中に7曲を詰め込んだメガミックスを披露。曲もメンバーも慌ただしく動きまわるステージで観客に衝撃を与える。おそらく全ステージの中で一番の集客だったHEAT GARAGEでぶっつけ本番的なライブに挑むEspeciaの大胆さは圧巻だった。
2日目は真昼のSKY STAGEに登場。昨年はライブ時間中ひたすらスマホで自分たちやファンを撮影し続けるなど”やらかす”のが恒例になっているEspeciaのSKY STAGE。さて今年は?と思いながら見ていると極々無難に最新曲「Boogie Aroma」を歌っている。「今年は何もやらないのかな?」と思って最後まで見届けているとこの「Boogie Aroma」が全く終わらない。”Baby I’m just in love with you oh baby”の終わりのサビを延々々々々々々々々々々と繰り返し続け、この一曲だけでライブを終えた(繰り返したのは合計72回!)。聴いているこちらも途中から耳と脳が完全にトランスあるいはゲシュタルト崩壊状態になり、「このまま終わらないんじゃないか?」と言う不安を感じるほどだった。ライブ後、Especia公式twitterから「Boogie Aroma 覚えてくれたかな?」と言うつぶやきがポストされたが、曲名よりもトラウマに近いに何かが脳に刻まれたような感覚だった。
そして、Especiaの2015年TIFの最後はマイナビステージ。フジテレビの夏イベント「お台場夢大陸」の一角でもあるフジテレビ社屋の一階に設営されたマイナビステージは周囲にアトラクションや出店が立ち並ぶ一般客の目に触れやすい。そのマイナビステージでEspeciaが披露したライブは「We are Especia」そして「ミッドナイトConfusion(Pureness Waterman Edit)」と王道なスタイル。
ひねりを効かせたパフォーマンスだけでなく、正攻法のライブでもきっちり観客を盛り上げるEspeciaは、TIFの時間と空間をひたすら自由に楽しんでいるように見えた。

リンク
STEREO JAPAN(Stereo Osaka) オフィシャルサイト http://www.st-osaka.com/

関連記事一覧