Especia フルバンドワンマンは活動2年の集大成と飛躍の3年目への幕開け

大阪を拠点に活動するガールズグループEspeciaが、活動2周年にあたる2014年6月1日に梅田クラブクアトロに400人のファンを集めフルバンドによるワンマンライブ「Viva Discoteca Especia 2014」を行った。(photo by Makiko Takemura)

「大阪堀江ガールズグループEspeciaです!」。極彩色の大阪のオバちゃんスタイルが目に鮮烈だったEspeciaが活動開始から2年を迎えた。コテコテの大阪ファッションに、80’sディスコ、ファンク、AORなサウンド…どんな物差しで計ってもズレズレなところから始まったグループは、見た目も少しずつ垢抜けてきたのと同時にその音楽に魅せられたファンを徐々に獲得しながら活動をし続けてきた。

そのEspeciaが活動2周年&フルバンドワンマンのライブの場所として選んだのは大阪梅田クラブクアトロ。1年前にソールドアウトを目標に同じ場所、同じフルバンドワンマンでは300名弱の集客に留まり大きなチャレンジと共に挫折も味わった。それから1年後の梅田クラブクアトロに集まったEspeciaファンは400人。2倍、3倍と言うジャンプアップではない数字がむしろフロックではないリアリティを感じさせる。

ステージ上はギター、ベース、ドラム、パーカッション、キーボード、トランペット、サックス、コーラスのバンド隊は一見するとこれからジャズやフュージョンのライブでも始まるのでは?と思わせるが、そのバンドメンバーが奏でる「AMARGA」をバックにEspeciaが登場してフルバンドワンマンがスタート。オープニングの「ナイトライダー」でまず耳に新鮮だったのはボーカルにかかるリバーブの薄さ。Especiaメンバーの生声がほぼそのまま声が耳に届く”生々しさ”が際立つ中で、フロアはと言うとアイドルライブで見られる”コール”や”リフト”があるかと思えば、ただただ歌と演奏に身を委ねるナイトクラブ感も漂い、さらに左右のスクリーンからはヴェイパーウェイヴでサイケデリックに乱れまくったVJが流れるカオス空間。
もともと多元的な要素にあふれたEspeciaのライブに今回はフルバンドと言うスペシャルなピースが放り込まれたことで、そのカオスがより強化された絶好のライブスペースとなった。

ライブ前半は新アルバム「GUSTO」以前の曲を中心にした構成。所属事務所のスクール生をゲストコーラスに招いた「FunkyRock」で地元ライブならではの見せ場を作り、中盤で見せたノンストップメドレーは曲が進むごとに演奏するバンドと歌うEspeciaのグルーヴが増していく様子は生バンドならではの醍醐味を感じさせた。

MCパートでは、メンバーそれぞれが活動2年間を振り返る。涙を見せるメンバー、冷静に語るメンバー、それぞれの個性的な語りの中で、決して平坦ではなかった2年間を一人ひとりが吐露。中でも足の指を骨折し、ワンマン直前までダンスができなかった三ノ宮ちかは「踊れるまで回復したのは、たくさんの人にお祈りしてもらったから…」と涙の中でファンに感謝を伝えた。

そしてライブ後半は、アルバム「GUSTO」の収録曲を次々に披露。2年間で歌だけでなくダンスもレベルアップしたEspeciaのパフォーマンスが発揮される「GUSTO」の楽曲はライブでもワンランク上の見映え。「BayBlues」のメロウなユニゾン、「FOOLISH」の掛け合いが描くグルーヴ。さらに本編最後に披露した「No1 Sweeper」の曲と歌とダンスが作るクールなアンサンブルは決して音源では味わえないEspeciaのライブの真骨頂を見せつけた。

アンコール1曲目のバラード「X・O」でのメンバー一人ひとりにファンから花束やプレゼントを贈る光景は恒例になりつつあるが、今回のメモリアルな場面ではやはり心憎く映るライブ演出。そこから一転してアッパーな「YA・ME・TE!」「ミッドナイトConfusion」を畳み掛けてアンコールを盛り上げた後、出演者全員でのカーテンコールでステージを後にしたEspecia。
ただ、それでも満足しきれないファンのコールに呼び戻されてEspeciaは「Viva Discoteca Especia 2014」のTシャツに着替えてWアンコールに再登場。「Twinkle Emotion」でリーダー冨永悠香が「3年目のEspeciaもよろしくーー!!」と力強くアピールすると、それに応えるようにファンが一斉に焚かれたサイリウムが梅田クラブクアトロを青に染めた。

Especiaの2年間の活動が他には真似できないグループに成長させたことをライブで自ら証明して見せたが、それと同時にこの日はEspecia3年目のスタート。それを象徴するかのようなライブの最終曲「ミッドナイトConfusion(Pureness Waterman Edit)」で”Eyes on me!(目を離さないでね!)”と歌うEspeciaの姿がとても印象的な「Viva Discoteca Especia 2014」だった。

 

Viva Discoteca Especia 2014 セットリスト
2014年6月1日 梅田クラブクアトロ
1.AMARGA
2.ナイトライダー
3.パーラメント
4.オレンジ・ファストレーン
5.きらめきシーサイド
6.FunkyRock
7.センシュアルゲーム
8.トワイライト・パームビーチ
9.雨のパーラー
10.Interlude
11.マセラティ渚メドレー(不機嫌ランデブー〜アバンチュールは銀色に〜海辺のサティ〜くるかな)
12.BayBlues
13.BEHIND YOU
14.アビス
15.FOOLISH
16.No1 Sweeper
17.Theme of BayBridge
EN1.X・O
EN2.YA・ME・TE!
EN3.ミッドナイトConfusion
WEN1.Twinkle Emotion
WEN2.ミッドナイトConfusion(Pureness Waterman Edit)

1st ALBUM「GUSTO」
2014年5月28日リリース
CD+LIVE DVD盤/TRNW‒0051/52/4,630円+税
▼ CD収録曲
1.Intro
2.BayBlues
3.FOOLISH
4.アバンチュールは銀色に(GUSTO Ver)
5.Mount Up
6.Behind You
7.嘘つきなアネラ
8.Intermission
9.No1 Sweeper
10.L’elisie d’amore
11.海辺のサティ(Pellycolo Remix)
12.ミッドナイトConfusion(Pureness Waterman Edit)
13.くるかな
14.アビス
15.YA・ME・TE!(GUSTO Ver)
16.Outro
▼ LIVE DVD
Especiaワンマンライブ「Especia va Bien en Tokyo」2014.1.11 @ 代官山UNIT

CD盤/TRNW-0053/2,778円+税
▼ CD収録曲
※CD+LIVE DVD盤と同様

リンク
Especia オフィシャルサイト www.especia.me/
Especiaファンクラブ準備室「クラブロイヤルリゾート堀江」 www.especia.me/fanclub/
Especia twitter twitter.com/EspeciaOfficial

関連記事一覧