• 特集
  • 【ガチ恋!】の特集企画ページです。

片平里菜「Oh JANE / あなた」インタビュー

“ちょいちょいめんどくさいお願いをしてますね(笑)” 片平里菜のアレンジワークへの想い

では、最後にアレンジについて聞かせて欲しいんですが『Oh JANE』は亀田誠治さんがやられてますが、作業をしていく中でどんなやり取りがありました?

片平私のこうして欲しい、と言う提案を快く受け入れてくださってそれを形にしてもらいました。シンプルだけどとても派手にしてくださいって矛盾したことを言ったり、鉄琴とかベルとかキラキラした音は使わないでキラキラさせてください、とかよく分かんないことを言ってたんですけど(笑)私の言いたいことの裏をちゃんと解釈してくれて…。本当にかっこよくしていただきましたね。

片平さんは島田昌典さんやアジカンの山田さんと言った錚々たる方々とお仕事されてますが、アレンジって作業をどう言う風に捉えてますか?

片平どう言う?

例えば、最初に片平さんが作った時のイメージから膨らんだり、違うものに発展して行ったりすることもあるのかな?と思うんですが。

片平弾き語りで曲を作ってる段階ではなかなかバンドで鳴ってるイメージができてなかったりするので、アレンジャーさんにお願いして上がってくるアレンジがどう広がっても素晴らしいと思いますね。でも、その中で私も譲らないところがあって(笑)。洋楽を好んで聴いてきたのもあるせいか、なるべくシンプルにとか、最小限の楽器の数でとか、ストリングスがパァーって鳴ってる壮大な曲にしないでくださいとか。そう言うちょいちょいめんどくさいお願いをしてますね(笑)

アレンジって作業は聴く側にはすごく伝わりづらい部分なんだろうな、って思うんです。でも、曲の印象自体がアレンジで決まることもあったり…。

片平そうですね。

だけど、シンガーソングライターにとっては楽曲がその人とイコール、その人が完結させたもの、ってイメージがあると思うんですけど、片平さんは曲を「誰が作ったもの」だと思っていますか?

片平自分が作ったものでもありますけど、ジャケットを撮るにしても、アートワークにしても、アレンジにしても、一つの作品にしていくのにたくさんの人が関わっているので「片平チームの作品」みたいな。バンドではないですけどみんなで作り上げてる気持ちでいますね。まだ音楽歴も浅いし自分だけで決断できる自信もないので、色んな人の意見を聴きながら毎回やってますね。

そうやってできた今回のシングルは、改めてどんなシングルになったと思いますか?

片平『小石は蹴飛ばして』じゃないんですけど、一皮むけた片平里菜を見せられたんじゃないかな?と思ってます。

このシングルで片平さんのことを知ったり、これから知る人達に向けてやっていこうと思っていることはありますか?

片平今までどおりイベントに誘われたら出て、全国に旅したいなと思ったらツアー組んで見たり、フェスに出させてもらったりとか。そう言うことを続けていけたらなと思いますね。後はアルバムとかもリリースできたらな、と思ってます。

関連記事一覧