• 特集
  • 【ガチ恋!】の特集企画ページです。
  • HOME
  • 全ての記事
  • 特集
  • ギュウ農フェス「オクタゴン座談会」-ギュウゾウ&PA&演者Pが怪物音響システム”オクタゴンスピーカーを語る”-

ギュウ農フェス「オクタゴン座談会」-ギュウゾウ&PA&演者Pが怪物音響システム”オクタゴンスピーカーを語る”-

「ギュウ農フェスはお客さんが面白いことを探そうとしてる」(jas)「現場で耳にするスピード感とマッチしてる」(齊藤)-演者側からみたギュウ農フェス-

出演者側の2人にとってのギュウ農フェスにどんな印象を持っているか聞かせてもらえますか。

jas(校庭カメラガールドライプロデューサー)今、校庭カメラギャルというグループをやっているんですけど、以前そのグループにいたメンバーが、ウチに入る前にギュウ農フェスのステージに立たせてもらったことがあるんです。

ギュウゾウですね。(※ギュウ農フェスVol.3 羽田空港ガールズフライトだっぺ!)

jasそれがギュウ農フェスとのスタートなんですけど、コウテカ(校庭カメラガール)でコーストに出させてもらった頃は、よく対バンをやっていたグループがメインフロアで、ウチがバーフロアだったのをメンバーがずっと楽屋で悔しがってました。

ギュウ農フェスというイベントそのものについてはどうですか?

jasアイドルイベントなんですけど、お客さんが面白いことを探そうとしてるイメージはあります。たくさんグループが出るイベントだと目当てのグループ以外の新しいグループを見つけるのってなかなかハードル高いと思うんですよ。でもギュウ農フェスは、食べ物売ってるところから何からみんな常に面白いことを探そうとしてる変な貪欲さと変な空気が流れてるなって。

齊藤さんはいかがですか。

齊藤元々、僕らは少し毛色は違ったと思うんです。amiinAの立ち位置自体がすごく難しくて。それこそ正統派のアイドルさんと一緒になってもマッチするし、ゴリゴリのロックなところでもマッチはするんです。ギュウ農フェスは空港の時もギュウゾウさんと出会う前に見ていて、”やべーな。めちゃくちゃじゃん(笑)”と思って興味はあったんですけどすごく”島”が遠かった気がしたんですよ。

amiinAとギュウ農フェスとの距離ということですか?

齊藤そうです。でも、色んなグループさんとやっていく中でギュウゾウさんがamiinAのライブを見て”これはヤバい”って言ってくださって出演させてもらえることになったっていうのが経緯ですね。印象としては、僕たちが現場で耳にするスピード感ってあるじゃないですか。”今これがヤバいよ”とか。そのスピード感とギュウ農フェスのブッキングはマッチしてるんです。それがすごいなって思います。普通は”遅れ”が出るじゃないですか。フロアの今の空気感がそのままブッキングに表れてて。ギュウゾウさんはいつもすごいリスクを負ってるなって。

ギュウゾウ(苦笑)

齊藤オクタゴンも一緒なんですけど、それをやっちゃうスピード感がギュウ農フェスの一番の魅力なのかな?って思います。あとは特にamiちゃんが、去年一番印象に残ったライブをギュウ農フェスのスタジオコーストってツイートしてましたけど、苦しい思いというか色々あったんですよ。スタジオコーストって。

…というと?

齊藤amiina(miyu加入前)でコースとに出演した最初のライブが外にあるテントのステージで。もちろんお客さんも全然いなくて。3年ぐらい一度もメインステージに立てなかったんです。ずっとあのメインステージの前をうらやましいと思いながら素通りしてたんです。でも絶対大丈夫、いつか立てるって信じてやってきていたところをギュウゾウさんが…。ただ、それもリスクだったと思うんです、集客とか色んなことを考えたら。そういうところにamiinAをポンって入れてしまう感じがたまらなく心地よかったというかホントに嬉しくて。それがあった去年なので、今年も出させてもらえるならその先に何ができるかって考えてた時にギュウゾウさんから”オクタゴンスピーカーって興味あります?”って電話がきて…

ギュウゾウ(笑)

齊藤まず、その”オクタゴン”ってワードが分からなくて。ギュウゾウさん何の話してるんですかね?って感じだったんですけど、”ああ、コーストの上のやつのことか。頭いかれてるな”って思って(笑)ただ、jasくんも前に言ってたんですけど、このチャンスがなかったらあれは絶対に使えないですよ。僕もそれに引っ張られたのとギュウゾウさんも「いっぱい失敗して地獄を見てください(笑)」って言ってくださったんで、”やってみたい”の方が優先してしまって…。

関連記事一覧