• 特集
  • 【ガチ恋!】の特集企画ページです。

ヤなことそっとミュート(ヤナミュー) レナ 単独インタビュー

ネバーランドをマイケルの子どもに -レナ、マイケル愛を語る-

なるほど。ではそのままヤナミューに入ってからの話も聞きたいんですがその前に、なでしこさんにインタビューした時に一つ情報をいただきまして…。レナさんはマイケル・ジャクソンが大好きだと。

レナハァァッ…(喜)はいっ。大好きです。

…と聞いたので、マイケル・ジャクソンについてどうぞ語って下さい。

レナえー!えー!そんな…語るなんて…(嬉しそう)

いつごろ知ったとか思い出に残ってる曲の話とかでいいですよ。

レナお姉ちゃんの影響で好きになって。その時は小学校の低学年だったので全然英語とかも分からずに…記憶が曖昧なんですけど、年齢を重ねるごとに改めてすごい偉大な方だったんだなって感じました(笑)へへへへへ。

当然ライブを生で見たりはしてないですよね。

レナないです。

では、曲や映像で見た話でよいのでマイケル・ジャクソンについて何かあれば。

レナへへ(笑)「You Are Not Alone」って曲があるんですけど、その時のライブ映像って必ず女性の人を一人上げてマイケルとハグできる、みたいな。ハグッ…ハグできるみたいな(笑)その歌を歌ってる最中に警備員の人が客席から女性を一人抱えてマイケルの下にエスコートする、みたいなのがあるんですけど。

はいはい。

レナそのシーンはすごい衝撃的で、すごい泣きながらマイケルを抱きしめてる女性の方とかを見て…すごい、って。めちゃくちゃなんかすごい画を見てるなっていう感じですね。

私もあれに…みたいな?

レナははははは(照)まあ、それはノーコメントで(笑)

最後の映画「THIS IS IT」は見ましたか?

レナ見ました。リハーサルの映像ですよね?最後まで踊るとか歌う体力がなかったみたいな説をネットとかで見て…泣いちゃいました。

僕もあの映画は見たんですけど、健康的な理由でもうライブができないんじゃないかって言われてましたけど、あの映画の中に出てくるマイケルは全然そんな感じではなくて。

レナそうですね。

すごく元気そうに見えて、たくさんの人も関わって、本当に実現したらすごいライブになったんだろうなって思いました。

レナ考え方とか行動もすごく好きで。子どものことがめちゃくちゃマイケル大好きじゃないですか。しかも世界平和を歌った歌とか、愛を歌った歌とか、差別反対とか…。それを言葉にもすごくしてるし、行動も起こしてて、本当に心がきれいで、とても純粋な方なんだなって思って。歌もパフォーマンスもとても大好きなんです!

友達にそういうマイケル仲間とかはいるんですか?

レナいないんです…。お友達にも私全然マイケル愛を語るんですけどね。「どうしたら会えるかなぁ?」ってふと言っちゃう時があるんですよ。そしたら「死んだら会えるんじゃない(笑)」とか。めちゃくちゃ簡単に流されるんです(笑)

へぇ。いいですねぇ…。

レナ”いいですねぇ”って(笑)

そこまで好きになれるものがあるっていうのは。

レナあ、そうですよね!ホントに!

他にないですか?マイケルについて語れる機会はそんなにないと思うんですけど(笑)

レナいやー!えー?!(興奮)ふふふふ…。

好きな曲はさっき言った「You Are Not Alone」と…

レナ「Heal The World」とかもすごく好きです。

と言うことは割と最近の曲ですね?

レナはい。でも小さい時に一番よく聴いてたのは「Bad」でした。あ、ネバーランドってあるじゃないですか。あれって押収された?みたいなだったじゃないですか。でも、たぶんまだ誰の手元にも渡ってないんですよね?私が将来買い取ってマイケルの子どもにプレゼントしたいって夢があります(笑)

へー、だいぶ気持ち悪いですね―(笑)

レナお、おいっ!(笑)

マイケルの子どもにっていうのが…なかなかいい拗らせ方してると思います(笑)ありがとうございました。いい話をたくさん聞かせていただきました。

レナ語らせていただきありがとうございます(ペコ)

関連記事一覧