• 特集
  • 【ガチ恋!】の特集企画ページです。

東京女子流「Stay with me」インタビュー

新旧リーダーに問う「東京女子流のリーダー」とは?

時々、アイドルやガールズグループの”リーダー像”について考えることがあるんですけど、今回は山邊さんと庄司さんに話が聞けたので2人が”リーダー”ついてどんなことを思ってるか聞かせて欲しいんですが?

庄司えぇ!?(笑)

「B.L.T.」の吉田豪さんのインタビューで山邊さんが「リーダーじゃなくなって、気持ちが楽になった」とも言ってたのでそのあたりの話や、今そのポジションをやってる芽生さんがどう思ってるか?とか…。

山邊当時はまだ幼かったし、周りのスタッフさんが考えてくれるって気持ちもあったので、自分自身で何かやる訳でもなく過ごしてきたんですけど、リーダーじゃなくなって、改めて自分が東京女子流のメンバーとして何ができるかを探した時に、歌とダンスの他にトークも頑張っていきたいなって思って。MCってリーダーが仕切らなきゃいけない?ってイメージがあったんですけど、リーダーじゃなくなってから、自分の個性と言うか”色”を出していけるようにもなりましたし、前よりも自分自身のことを考える時間が増えたからかもしれないんですけど、周りを客観的に見れるようになったのですごく楽にはなりました。

芽生さんはリーダーについて思うところはありますか?

庄司最初はリーダーって何やったらいいんだろう?ってすごく思ってて。大きく言えばメンバーをまとめるとかだと思うんですけど、でも具体的には何を?って言うところから始まりました。自分的にはリーダーだから前に出るとかそう言う感じじゃなくて、常にメンバーと同じ目線で少し支えるぐらいの立ち位置にいれたらいいな、と思っています。…それができてるかは分からないんですけど(笑)、それを気持ちの中に置いて今も頑張ってて…ただ、何事も自分が率先してやらなきゃいけないなって言うプレッシャーには常に追われてます(笑)

そう言ってる芽生さんを見て、山邊さんは何を思いますか?

山邊芽生は本当に東京女子流のことを考えてるな、ってすごく感じてます。みんなが共有してるカレンダーがあるんですけど…

庄司(笑)

山邊そこで空いてる時間があったら「ここでアカペラの練習したい」とかスケジュールの管理もしてくれたり、セットリストを決める時とかもみんなの話を聞いてると芽生が一番東京女子流のこと考えてるんだなって言うのがすごい伝わってくるので…

庄司恥ずかしいっ(笑)

山邊でも、ホントに感じる。例えばみんなが意見を出してもただ「これやったらいいんじゃない?」みたいな感じなんですけど、芽生は「ここでこの曲やるとその先がこうなるから、この曲にしよう」みたいに言ってくれたり。そこの差ってすごく大きいなって思ってて。例えば私たちが女子流のことを”10″考えてたとしたら芽生は”13″ぐらいなんだな、って最近すごく思うので、本当にありがたいなって思います。私もこの先の女子流と言うか、アーティスト宣言もしたのでもっともっと自分自身が強くなって頑張らなきゃいけないし、そのためにはまず東京女子流のことを考えないと先には進めないと思うので、私も芽生みたいにもっと考えなきゃ…ってすごく思います。

芽生さん、すごいじゃないですか!

庄司そんなことないですよ…(照)

そんな芽生さんが、山邊さんがリーダーをしていた時のことを振り返るとどうですか?

山邊私、特に何にもしてないし(笑)

庄司でも、今考えると未夢はひとりだけ年上だから引っ張っていかなくちゃって気持ちに追われてたんじゃないかな?ってすごく感じます。たぶんみんな年下だから誰にも相談できなかったと思うんですよ。東京女子流のこと。

山邊(照)

庄司で、一人で抱え込んじゃったりとかしてたと思うんで…ゴメンって思いました(笑)

じゃあ山邊さんの「(リーダーじゃなくなって)楽になった」って言葉には?

庄司うん。少し安心しましたね。

山邊一時期精神的にキツくて(笑)「病み病み病み〜!」みたいな(笑)

関連記事一覧