• Mu-mag
  • "もっとあの子が好きになる"

SAKA-SAMA Dr.まひるんの「アナログ百景」003

Dr.まひるん 東北一人旅コラム 第3弾
SAKA-SAMA Dr.まひるんさん(@sakasama_drm)の旅コラム「アナログ百景」の最終回です。
先日、発表があったとおりSAKA-SAMAさんは2019年8月17日で現体制での活動を終了することになりました。残念以外の言葉が見つかりませんが、3回に渡ってまひるんさんにこんな素敵なコラムを寄稿していただけたことを心から感謝しています。
正直このコラムも終わる感じが全くしないので、またまひるんさんが旅に出た折にはまた記事が読みたいな、と思っています。


3月30日

昨日はカプセルホテルに泊まった。
カプセルホテルは人生で2回目だった。

カプセルホテルの上の段の人になれたのは嬉しかったけど、やっぱり登ったり降りたりするのがめんどくさいから、下でいいなと思った。

これは東北ひとり旅3日目の朝のことだけど、わたしはこの時点ですでに失敗をしている。
いや、正確に言えば先に仙台に来てしまった時点で間違っていたのでした。

(そういえば昨日、クリーニング中にメディアセンターでマンホールカードをもらいました。)

わたしは女川町に行きたかった。

 

女川町とは宮城県の太平洋沿岸にある町です。
以前から名前は何度も聞いたことがあったけど、テレビで駅前商店街が特集されていたのを見て以来、なんとなく行ってみたいと思っていま。海も見えるし。

わたしは行きたい場所を、Googleマップのデフォルトの町を見ながらなんとなく決めることがある。
観光地やなにか目的があるなどの理由はない。

例えば、北海道の旭川駅と稚内駅を結ぶ宗谷本線には変わった読み方の駅名が多かったりする。それを眺めては、そこにどのような暮らしがあるのか想像するのが面白い。
駅と駅の間の長い距離を線路沿いに辿ってみて、ぽつんとあるカフェやスーパーを見つけては、まだ何も知らないその町になんとなく行ってみたいなと思う。
(宗谷本線は地方交通線の中で最長距離を走るらしいという情報も、なんでかわからないけど良いなと思う。)

それと同じような感じで、秋田県の男鹿半島や男鹿線、福井県あわら市〜東尋坊あたりの町にすごく行ってみたい。
実際に行ってみてどう思うかはわからないけど、この2つはGoogleマップ選抜。

そんな、なんとなくの理由で女川町に興味を持っていたけど、仙台駅から女川駅は片道1時間半以上かかる上に電車の本数が少ない。
最終目的地へ行くことを考えると、女川町に行ったとしても散歩をするのに十分な時間がなかった。
わたしは女川町に行くことを諦めた。

いつか絶対行ってみたいな。
マンホールカードも欲しかったし、温泉にも入りたかったのにな〜。

仕方ないので、朝ごはんを食べながらどこに行くか考えていた。

松島へ。

本当は仙台観音か愛子に行ってみようかと思ったけど、これまた行って散歩する時間がなかった。
ここに来て突然の大仏好きを思わせるようなセレクトだけど、残念ながら大仏には詳しくない。

雨の降る土曜日の松島海岸駅で下車する人は思ったよりも多かった。

雨だしいいかなと思って、
主に歌いながら歩くなどをした。

ヒルナンデス!で紹介されたという「ずんだ揚げパン」を買おうとしたけど、現金を持っていなくて買えなかったのがちょっと残念だった。

あ、こんなところにマルイ。

松島海岸支店。

遊覧船の乗り場から今度は太平洋を眺めた。
雨で霞んで、その先がよく見えなかった。

歌い歩くこと以外に特にすることがなかったので、もう最終目的地に行くことにした。

14:13発の仙石線に乗り、仙台で乗り換え。
そこから仙山線に乗車。

終始、山の中を通っていた気がする。
Wikipediaを見たところ、仙山線は実際に標高が高めのところを走っていた。
あと、始発の仙台駅から山形駅までの全ての駅が仙台市青葉区と山形市にあるそう。他の市町村を通ることなく県庁所在地同士を結ぶJRは仙山線だけらしい。たぶんすぐ忘れるけど、こういうプチ情報を知ると嬉しくなっちゃうね。

景色はあまり変わらなかったけど、車窓から見えた「ママ、クリーニング小野寺よ」というクリーニング屋がとても気になった。

自分の中に「クリーニング屋、だいたい可愛い説」があり、渋めのクリーニング屋の前を通り掛かるたびに、やっぱり自分の説は間違っていなかったんだなと思う。

「ママ、クリーニング小野寺よ」は山形県と秋田県を中心に展開するクリーニングチェーン店だそう。
わたしは名前の良さに惹かれて、なにか面白いことがあるのではないかと色々調べてしまったけど、普通にクリーニング屋だった。しかも結構店舗数ある。
行ったところで何をするわけでもないけど、時間があればお近づきになりたかったな。ママ、クリーニング小野寺よ。

乗り換えの羽前千歳駅に到着した。
乗り換えまで10分ほど時間があったので、駅構内を回ったけど特に見所もなく、すぐに戻ってきた。

すると、ホームに電車がすでに到着していたのが見えたので慌てて乗った。
そして扉が閉じた瞬間に気づいた。

わたしは間違った電車を乗ってしまった。

最後の最後なのに……!!!

終わったなと思った。
1番間違えてはならない場面での失敗に手が震えていた。昨日やおとといに電車を間違えて宿無しとかだったらちょっと面白かったけど、これは笑えない。

わたしの最終目的地は山形空港だった。
先ほどの羽前千歳駅からは、新庄方面に向かうべきだったのに、逆方面の山形行きに乗ってしまった。
空港の最寄りである神町駅が山形方面なのか、山形方面じゃないのか、どちらかわからなくなってしまって、とりあえず目の前に停まっていた逆方面の電車乗ってしまったのだった。
いや、ちゃんと確認しなよ……。

それでも、元から空港にはかなり早めに着くようなスケジュールで動いていたので、一旦山形駅に着いてから引き返せば大丈夫だろうと思った。なんなら、電車を待っている間に山形駅周辺を散歩できそうだし、たいした失敗ではなかったのかもしれない。

16:29に山形駅に到着した。
16:58の電車に乗って空港に向かおうとしていたので、20分くらいは散歩する余裕がありそうだ。

改札を出る時、駅員さんになんとなく
「神町駅から山形空港って歩いたらどのくらいかかりますかね?」と聞いてみた。

すると、
「歩いて行ける距離じゃないですよ。」
という答えが返ってきた。

歩いていける距離じゃない…?

ぱっと見、地図上では駅から空港まで徒歩15分くらいで着きそうな距離に見えた。
さらに駅員さんは、40分くらいはかかるのではないかと言った。

(それ、飛行機のチェックイン時間過ぎてしまいますけど……)

普通に大パニックだった。
やばい、やばすぎる。

飛行機間に合わない→東京に帰れない→翌日のライブを欠席

になってしまう。これはやばすぎる。
やばい、どうしよう。

そんなとき、さっき電車の中で呑気に眺めていた山形空港のホームページである文字を見かけたことをふと思い出した。

シャトルバス……!!!

そうです。山形駅から空港行きのシャトルバスがあったのです。やった〜!

この時点であと数分後にはバスが発車するくらいになっていた。
焦りながらも、駅員さんにシャトルバスが駅のどの出口にあるか聞いて走った。具体的な乗り場がどのあたりにあるかはわからなかったけど、とにかく東口に向かって走った。

しかし、その時わたしは現金をほとんど持っていなかったことに気づいた。松島でずんだ揚げパン買えないくらいお金を持ってなかった。

なんてタイミングでお金がないんだ…!!と自分のあまりの間抜けさには呆れたけど、奇跡的に近くにATMを発見、無事にお金を手に入れ、走り、なんとか空港行きのバスに乗ることができた。

ものすごく疲れた。

あの時駅員さんに「どのくらいかかりますか?」と聞いていなかったら、わたしはいつものようにふらふら散歩をし、お土産なんか買っちゃったりして、電車に乗って空港の最寄駅に着いた時に絶望していたことでしょう……。
そもそも最寄は神町駅じゃなくて、さくらんぼ東根駅だった。色々間違えすぎてるよ。

あとでよく考えてみたら、最寄り駅から空港まではタクシーに乗れば良かったし、シャトルバスも1本遅いものに乗っても間に合っていた。

電車の本数が少ないことはわかっていたので、ちょっとでも間違えたら終わる!!!と思いすぎていたので、つい焦ってしまった。
もうヒッチハイクするしかなくない…?とか考えてた。(冷静さ0)

飛行機の時間に余裕で間に合った勝利の芋煮定食。

山形空港に着いてからも、天気がかなり悪かったので、欠航になったりしないよね…?ヒッチハイクか…?と不安になったけど、飛行機は40分遅れで到着し、無事21:00には羽田空港に到着した。

飛行機、2年ぶりに乗った。
1人で飛行機に乗るのはこれで2回目だった。
はじめて1人で飛行機に乗った時、本物の孤独のようなものを感じた。
空に浮かんだまま誰も助けてくれないし。
2回目のこの日は、気流の乱れが激しかったせいでとても揺れた。怖かった。

東京は暑い。
それまで超防寒真冬仕様だったので、羽田空港は熱が出そうなくらい熱かった。

そのあと、家にて。

秋田駅のNewDaysで買ったアベックトーストだよ。
右下がネズミにかじられたみたいになってるけど、ずっと持ち歩いたせいでちょっとボロボロになっちゃっただけです。(それも嫌だな)

これは次の日。

山形空港で買ったさくらんぼ餅とDr.まひるん。
SAKA-SAMAチームには、さくらんぼ餅とずんだタルトを差し入れた。

ライブもめちゃめちゃやりました。
相変わらずわたしは最強なので旅の疲れはなく、終始楽しかった。

 

3日間の東北ひとり旅が終わった。

こんな感じで移動したよ。
(赤→1日目 青→2日目 緑→3日目)

今回は青春18きっぷがあるから大移動に力を入れてみたけど、あまり移動はしないで青森県と秋田県をもっと散歩してみるのも良かったかなと思う。特に青森県には行きたい場所がいっぱいあるので。
山形県では電車を間違えて芋煮を食べた記憶しかないので、ぜひ再訪したい。

きっとまたどこにでも行けるんだと思う。
さあ、次はどこに旅しようか。

 

<3月30日まとめ>
8:00 起床
10:00 仙台駅周辺をさまよう
12:21 仙台駅発
13:02 松島海岸駅着 散歩
14:13 松島海岸駅発
16:29 山形駅着
16:45 山形駅発(シャトルバス)
17:25 山形空港着
19:50 離陸
21:00 羽田空港着

<この日に学んだこと>
・カプセルホテルの上の段、テンションは上がるけど下の方が便利
・薬局はだいたいツルハドラッグ
・花粉じゃなくてこちらは風邪
・なんでも徒歩で行けると思わないこと
・車窓から見える景色、海よりも川のほうがテンション上がる(まひるん調べ)


TRASH-UP!! 10th Anniversary 大TRASH-UP!!まつり 2019 AqbiRecといっしょ!
2019年7月30日(火)OPEN 16:30/START 17:30
Zepp DiverCity
前売:3500円/当日:4000円
チケット発売中
e +、ぴあ(Pコード153-992)、ローチケ(Lコード73006)

現体制ラストワンマン「イッツ ア SAKA-SAMA ワールド vol.3」
2019年8月17日(土)OPEN 11:00/START 11:30
渋谷CYCLONE
前売:2500円/当日:3000円
eplus.jp/sf/detail/3010090001-P0030001P021001

 

リンク
SAKA-SAMA オフィシャルサイト www.trash-up.com/sakasama/
SAKA-SAMA 公式 twitter twitter.com/sakasama_info
Dr.まひるん twitter twitter.com/sakasama_drm

関連記事一覧