Chu-Z

Chu-Z メジャー1stシングル「ボンバスティック!」CD発売記念イベントを開催

2014/10/03 18:13

2014年10月1日(水)、PaniCrew・YOHEYプロデュースのもと活動する6人組ガールズグループ「Chu-Z(チューズ)」がメジャー1stシングル「ボンバスティック!」のCD発売記念イベントを開催した。[画像:5枚]

発売日当日に池袋サンシャインシティB1F噴水広場での開催となった本イベントには新曲のリリースを祝うべく多くのファンが駆けつけ、Chu-Zのパフォーマンス中は通りがかりの人も足を止めて観ていたことで上のフロアまで人だかりができていた。また、オープニングアクトとして登場した小学生から中学生のメンバーで構成される姉妹グループ「amorecarina(読み:あもれかりーな)」もこれからを期待させる元気いっぱいのパフォーマンスを見せ、会場の空気を温めていた。

表題曲の「ボンバスティック!」はこれまでSMAPやPaniCrewなど数多くの著名アーティストに楽曲提供してきた井手コウジがChu-Zのために書き下ろしたEDMのビートが効いた低域が強調されたナンバー。アイドルらしからぬストロングサウンドに乗せてメンバーが振りかざすのは”ルミトン”と呼ばれるLEDスティック。Chu-Zはこれを「ボンバスティック」と呼び、実際に振付に取り入れることでこの楽曲のカラーを際立たせることに成功した。楽曲の根底にあるテーマは「応援歌」であり、これからを生きる人々へ向けてChu-Zメンバーがまるで応援団になったかのように自らを奮わせながら鼓舞する曲となっている。

カップリングとして収録されている「Direct to U」はインディーズ時代からChu-Zの数々の代表曲を手がけ支えてきた小田桐ゆうきにより書き下ろされた作品。表題
曲とは対照的なしっとりと歌い上げるナンバーとなっているが、実際のパフォーマンスではキレのあるダンスがふんだんに盛り込まれたダンスチューンとして仕上げられている。遠く離れていても目視では近くに見える星と星の距離、それを自らが掲げる夢や目標と現在の実際の立ち位置との間の距離、しいてはメンバー自身とファンとの距離感にさえ置き換えているかのような、懐の深い歌詞の世界観にも注目の楽曲である。

「ボンバスティック!」は日本テレビ系「ミュージックドラゴン」のPOWER PLAYに決定しており、札幌テレビ(STV)「ジョシスタ あいく的」10月エンディングテーマや東海ラジオ10月「POWER PLAY RUSH HOUR!」に選出されるなど、全国的に注目を集めている。10/5(日)には東京・品川ステラボールでのワンマンライブも控えており、こちらも見逃せない。ボンバスティックを武器にメジャーシーンに斬り込んだChu-Zの快進撃に酔う注目だ。

「Chu-Z My Live 2014~Chu-Zトレイン品川ステラボールに停車chu~」概要

写真一覧

  • Chu-Z
  • Chu-Z
  • Chu-Z
  • Chu-Z
  • Chu-Z
記事にもどる