• お知らせ
  • HOME
  • お知らせ
  • マイクロ課金サービス「codoc(コードク)」を導入のお知らせ

マイクロ課金サービス「codoc(コードク)」を導入のお知らせ

音楽サイト「musicite(ミュージサイト)」は、この度マイクロ課金サービス「codoc(コードク)」を導入することといたしました。

codoc(コードク)とは

「codoc(コードク)」の導入で可能になること

「codoc(コードク)」を利用することで、サイト内のコンテンツに対して

  • 単体課金
  • 定期購読課金(サブスクリプション)
  • 投げ銭

いずれかの形式による課金を行うことが可能となります。

導入例 「ダイナマイト・マリン(THE BANANA MONKEYS)単独インタビュー

 

課金を行うコンテンツと課金形式

本日(5/2)以降に、インタビューをはじめとする当サイトの独自取材記事を対象とします。
課金形式は”投げ銭”を基本とし、収益はmusiciteと取材対象との間で分配いたします。(下記を参照)

 

収益の使い道

「codoc(コードク)」の利用によって得られた収益は、当サイトと取材対象となる団体・個人との間で分配いたします。分配の割合(投げ銭の場合)は以下の通りとなります。(2020年5月2日時点)

収益の分配例(投げ銭の場合)

musicite最大200円(上限固定)※投げ銭可能な最低額は100円
取材対象(組織・組織)投げ銭の総額から上記の金額+システム側の手数料を差し引いた金額

例1)インタビュー記事に対して、1,000円の投げ銭を行った場合
musicite配分 → 200円
取材対象配分 → 800円(からシステム手数料を差し引いた金額)

例2)インタビュー記事に対して、5,000円の投げ銭を行った場合
musicite配分 → 200円
取材対象配分 → 4,800円(からシステム手数料を差し引いた金額)
※musiciteへの配分は、サイト運営費および音楽エンターテイメントへの支援として利用いたします。

 

投げ銭のやり方

別記事の「投げ銭のやり方「codoc(コードク)」」をご参照ください。

 

「codoc(コードク)」の導入によって実現したいこと

「codoc(コードク)」の導入、およびコンテンツ課金システムによって、musiciteは音楽エンターティメントの”活動主体”(演者・マネジメント運営・媒体)へのより直接的な投資や投資を可能にし、業界の発展に寄与したいと考えています。

とりわけ昨今の新型コロナウイルスの世界的な感染拡大によって晒されることになったエンタメ業界全体への窮状の対策にも役立てられたらと考えています。

何卒ご理解・ご支援のほどよろしくお願いいたします。

「codoc(コードク)」の導入に至った経緯や背景については下記のコラムに掲載していますのでそちらも御覧ください。
musiciteにコンテンツ課金システムを導入することになりましたのでその経緯をば…

本件に関してのお問い合わせは、こちらの問い合わせフォームからご連絡ください。

最近のお知らせお知らせ一覧