Faint⋆Star YURIA

Faint⋆Star 1stアルバム「PL4E」インタビュー

2015年7月7日に1stアルバム「PL4E」をリリースするFaint⋆Star。デビューから1年、Tomato n' Pineの散開を経てFaint⋆Starとして活動を再開したHINAはどんな思いを抱いていたのか。数々のキャリアを持つスタッフとメンバーに囲まれた中に飛び込んでいったYURIAにとってのFaint⋆Starでの1年とは?それぞれの想いを深堀りする単独インタビューを実施しました。(photo by 山田秀樹)[画像:9枚]

「ス ラ イ」は「メナイ」を超えた!-「PL4E」のダンスチューンについて-

では、アルバム「PL4E」の中身について聞きたいんですが、今回のアルバムを聴いて楽曲が両極端に分かれてる感じがしたので、HINAちゃんには「PL4E」のダンスチューンの楽曲について聞きたいんですが。

HINA EDM系の、ってことですよね。

そうですね。

HINA トマパイではあんまり歌ってないですよね。「メナイ」を聴いた時はすごい"強いな"って言うのを感じたんですよ。「自分に歌えるかな?」って言うのがすごくあって。歌詞も仮谷せいらちゃんが描いてくれてすごく等身大な歌詞で。私はまず最初にデモをいただいた時に歌詞を見るんですけど、「これは入りやすい」って思って気持ち込めて歌いましたね。

今までやってこなかった曲でお客さんの前に出た時のリアクションはどんな風に感じてました?

HINA お客さんからの反応をお手紙だったりサイン会の時に聞いたりすると「HINAちゃんじゃないみたい」ってすごく言われたんですよ。自分もトマパイの時と比べるとたぶん歌い方とかパフォーマンスとかも、気持ちがあの時と違うと思うんですよ。トマパイの時は音楽ができて嬉しいって気持ちがすごく入ってて。それをみんなに見てもらってたんですけど、Faint⋆Starはちゃんと見せるものにしなくちゃいけないって思ってるし、見た人が魅了されてお家に帰ってもらいたい気持ちが強いので、そう言うところがファンの人は「前と違う」って感じたのかな?って思いますね。

今回「PL4E」に収録されてるダンスチューンで特に好きな曲ってありますか?

HINA 「ス ラ イ」が好きですね。

僕も大好きです!

HINA ホントですか!?(笑)私「ス ラ イ」を最初に聴いた時に「『メナイ』を超えた!」って思いました。

僕も思いました!

HINA (笑)歌詞を最初に見た時に"僕"って書いてあったんですよ。男の人の気持ちを歌うのが初めてだったのと、男性の弱い部分と強い部分が混じってると思ったので、これをどう表現しようかなってずっと考えて、それを自分に置き換えることにしました。女の子でも入っていける感情だと思ったので。そう言う気持ちで歌ったんですけど、それに負けないぐらいに曲の威圧感があって。訴えかけられてる感じがすごくして。イヤホンとかで一人で聴いて欲しいです。

あとアルバムにはカジヒデキさんがリミックスした「Boyfriend -A.S.A.P-」がボーナストラックとして入ってますが。

HINA 最初に聴いた時にすごいトロピカルで南国なイメージがしました。インドネシアでライブしてきて、インドネシアにかぶれちゃってたので「そういうのを意識して下さったのかな?」って思っちゃったんですけど。この曲ってオリジナルはメロディーがポップな渋谷系で、トラックはソフトなEDM風なんですよね。それがこんな可愛らしい感じに仕上がって嬉しかったです。

最初の"カンカンカン"って音でちょっと笑っちゃいました。

HINA 私も笑っちゃった。

めちゃめちゃ陽気ですよね。

HINA ライブとかであのリミックスでやりたいなって思います。

7月7日の「Tokyo Sound Collection vol.5」は絶好のタイミングかもしれないですね。

HINA そうですね。トマパイの時は「POP SONG 2 U」のリミックスをライブでやってたんですよ。だから「Boyfriend -A.S.A.P-」もリミックスでライブができたら楽しいだろうなって思います。

 

Faint⋆Star 『Boyfriend -A.S.A.P-』 (Full ver.)
Faint⋆Starリリース&イベント情報

写真一覧

  • Faint⋆Star
  • Faint⋆Star HINA
  • Faint⋆Star YURIA
  • Faint⋆Star
  • Faint⋆Star「PL4E」
  • Faint⋆Star「PL4E」
  • Faint⋆Star「PL4E」
  • Faint⋆Star「PL4E」
  • Faint⋆Star「PL4E」
記事にもどる