相沢光梨

Hauptharmonie(ハウプトハルモニー)インタビュー 「今、駆け出す女の子たち」

"アイドル戦国時代の終演"という言葉も聞かれる中、新たなアイドルグループが活動を開始した。彼女たちの名前は"Hauptharmonie(ハウプトハルモニー)"。プロデュースするのはライブハウスに"ロックDJ"と言う新たなムーブメントを切り開いたTOKYO BOOTLEG主催のあーりー(DJ O-ant)。自らアイドルイベントもオーガナイズする彼が2014年の今、なぜアイドルを手がけることになったのか?また今アイドルになりたいと思う女の子たちは何を思い、何を考えているのか?現在のアイドルシーンの最前線を映し出す過剰なまでの全力特集です。(photo by 山田秀樹)[画像:15枚]

寺田珠乃(てらだじゅの)個別インタビュー

寺田珠乃

自己紹介をお願いします。

珠乃 寺田珠乃です。15歳の高校一年生です。東京出身です。

Hauptharmonieのオーディションを受けようと思ったきっかけを教えてもらえますか。

珠乃 私は元々ITP(アイドルのたまごプロジェクト)という団体に所属していて、そこからオーディションを受けに行ったんです。最初にその話を聞いた時にステージで歌って踊って、楽しそうでいいなと思ってて。そう言う機会が来たのですぐ出たいと思いました。

…と言うことは前からアイドルになりたい、ステージに立って歌ったり踊ったりしたい、と思ってた?

珠乃 そうですね。歌って踊ってる時が一番何もかも忘れられる瞬間なので、それが仕事にできたら絶対楽しいだろうなと思いました。

最初にそう思うようになったのはいつ頃?

珠乃 中学校入ってからだと思います。元々歌うのが大好きだったんですけどAKBさんの曲を聴いて「私、こういうの好きだな」と思って。そこから振りとか覚えてたら、ちゃんとステージに立ちたいと思って応募しました。

AKBでは誰が好きですか?

珠乃 松井珠理奈さんが好きです。

憧れの人?

珠乃 はい。全部に憧れます。努力してる姿にも憧れるし、かっこいいし、かわいいし、どこを見ても全力だし、ステージですごい楽しそうにしてるし、リーダーシップがあるところとかも。

松井珠理奈さんの特に好きなところは?

珠乃 努力してるのを表に出さないところです。珠理奈さんが高熱でも全力でステージに上って、最後にハイタッチがあったらしくて、その時に最後の一人が出るまで倒れなかったんですよ。そこまでできるのはすごいなと思いました。

自分でそこまでキツいってなったことありますか?

珠乃 そこまではないかもしれないですね。

いつかそう言う時が来ちゃうかもしれないけど、その時は…

珠乃 絶対頑張ります。

今自分で自信があるところってなんですか?こう言うところを見て欲しい、とか。

珠乃 うわぁ、なんだろう?曲に感情移入してるところですかね。私元々演技も好きなので、曲がきて歌詞を見て、"こう言う世界があるんだな"って言うのを知って、そこから主人公になり切るようにするんですけど、そう言うところが一番見て欲しいです。

歌は好きなんですね。

珠乃 好きです。一人で歌って踊って、みたいな(笑)ちっちゃい頃からテレビで流れてると、目の前に立ってゆらゆら揺れてるみたいな感じでした。

これからどんなアイドルになりたいですか?

珠乃 オールマイティーに全部こなせるようになりたいです。

デカく来たね。その中でまず最初にこれを、と言うのはなんでしょう?

珠乃 "いつでも笑顔"を一番大事にしてます。失敗した時に顔に出ちゃったり、ステージだと緊張して顔がこわばってるみたいで。”顔が踊れてない”ってこの間言われたりしたので、今はそこを意識してます。自分がステージで一番楽しめるようになりたいです。

あーりーさんにはどんなこと言われますか?

珠乃 「そのまんまでいいよ」って。化粧とかしなくていいから、そのままの珠乃でいいよ、みたいな。

それを聞いてどう思う?

珠乃 おおおお、みたいな(笑)

お化粧もしたい?

珠乃 思いますけどぉ(笑)あと、しっかり者だよね、みたいな。ですかね。してるつもりはないんですけど「ハルモニーは年下になるほどしっかりしてるね(苦笑)」って。

相沢光梨(あいざわひかり)個別インタビュー

相沢光梨

自己紹介をお願いします。

光梨 相沢光梨です。16歳で、東京生まれの埼玉育ちです。

オーディションを受けるまでの経緯を教えてもらえますか。

光梨 ちっちゃい時からテレビとかに興味があって「映りたい、映りたい」って思ってたんですけど、妹と一緒に原宿に行った時に妹がスカウトされて、すごい羨ましくて。その一年後ぐらいに私もスカウトされて、その時はライブアイドルをやってたんですけど、やっていく内に本格的にやりたいと思って。そこを辞めて新しくオーディションを受けたのが"アイドルたまごプロジェクト"って言う違う事務所で。そこから事務所を通してHauptharmonieのオーディションで受かった感じです。

じゃあHauptharmonieのオーディションを受ける前もアイドル活動をしてたってこと?

光梨 一応。

どれくらいの期間?

光梨 3〜4ヶ月ぐらいですね。

と言うことは元々アイドルとかステージに立って歌うことをしたかった?

光梨 やりたかったです。

いつ頃からやりたいと思うようになったの?

光梨 人に言ってないんですけど、中学2年生の頃からいきものがかりがすごい好きになって。すごい音痴だったんですけど家のお風呂に窓がないんで歌えるんですよ。で、毎日のように歌を歌ってて単純に歌うのが好きだから歌手になりたいって思ってて。それから芸能界の本とかを読むようになって、AKBさんの本を4冊とか読んで、「私がやりたいのはアイドルかもしれない」っていう感じでした。

AKBでは好きな人はいますか?

光梨 一番最初は、たかみな(高橋みなみ)さんで、その次がまゆゆ(渡辺麻友)さんで…、あ、私推し変が激しくて(笑)色んな人を好きになっちゃうんですけど、今は市川美織さんが好きです。

今、自分で自信があることってなんですか?

光梨 本当に全てに自信がないんですけど…すごい変な話になっちゃうんですけど、私本当に生まれつき頭がおかしいんですね。

頭がおかしい!?

光梨 自分が主人公だと思ってたんですよ。みんな実は脇役…じゃなくてみんな人間じゃないんじゃない?かとか考えたりするんですよ。

自分以外は動物に見えるとかそういうこと?

光梨 自分だけが命がある…じゃない。神様が作った…心があるとか…上手く言えないんですけど、神に選ばれし人間だと思ってたんですよ。

おぉ!すごいね!

光梨 お母さんは普通の子どもだと思って育ててたんですけど、普通の子がこれくらいの時期で覚えるって言うことがすごく長くかかるし、色とかも何回教えても覚えられなくて、目がおかしいのかと思って、お医者さんに行っても何も異常がないって言われて。やっぱり知能なんだ、って。幼稚園の時とかもみんな普通に座って話が聞けるのに、私一人だけ飛び回ってたり普通のことができないんですね。で、中3まではずっとクラスの問題児で。勉強面でもそうだし、さすがに中学生になったら暴れまわるとかはないんですけど、それでも人よりちょっとおかしいところがあって。でも本が好きなんですよ昔から。で、読書とかをすごいしてて、ドラマとかも見るのが好きで、その障害的なものが治っていったんですね。それで、歌も下手で、ダンスも上手くなくて。ちょっと頭が悪くて。本当に何も特技とかもないし。逆に人よりも習いごとをしていたのにも関わらず何もないんですよ、できることが。なのに何故か自信があるんですよ。

私以外は人間じゃないって話だけど、例えば学校のクラスメイトとかどんな風に見えるの。

光梨 なんて説明すればいいんだろう。歩いて、座って、立って、とか何の動作をするにも自分で動かそうと思って動かすじゃないですか、自分の身体を。それって他の人のは動かせないじゃないですか。

例えば、今インタビューをしてても僕のことは立たせることはできない、とか?

光梨 そうそう。それってみんなも同じじゃないですか。同じ人間だから。だけどそれに気づけなかったんですよ。自分だけが生きてるみたいな。

難しいな。他人を思いのままに動かせないのはなんでだろう?って思ってた?

光梨 違くて。自分が主人公で周りは絵じゃないけど、人形じゃないけど…

ロールプレイングゲーム的なこと?

光梨 要するに自分が中心で世界が回ってると思ってたんですよ。

そう言う考え方だったりするといじめられたりしない?

光梨 ずっといじめられてましたよ(笑)

あ、そうなの?(笑)

光梨 やっぱり違いすぎて。通ってたのはどちらかと言うと平和な小学校だったんですよ。それでもいじめられるって言うことはかなりかけ離れた人間だったんだと思うんですよ普通より。だから曲がってる部分が未だにあるんだろうと思います。

いじめられてもへっちゃらな感じだったの?

光梨 小学4年生ぐらいまではいじめられてることに気付かなくて。幼稚園の時からずっといじめられてたから。冷たい態度とかとられるのも、それが全部普通なんだと思ってたんです。だんだん普通になってきたから中学とかでは人気者じゃないけど、いじめられるとかじゃなくなって。で、高校生になって周りが普通だったんですよ。中学までとは人が変わるじゃないですか。だから「あれ?みんな優しい」みたいな。これが本当は普通だったんだ、って気付いて。ずっといじめられ続けた人って分かるじゃないですか。考え方が卑屈だったり…

内気だったり、人と話さなかったり?

光梨 だから私は両方の気持ちが分かると思ってるんですよ。イジメられてる人のことも分かるし、もうちょっとこうすればいいのにって思う人の気持ちも分かる、って思ってるんですよ。

Hauptharmonieの中で私のこう言うところを見て欲しい、注目して欲しいってところはありますか。

光梨 私、本当に作らないんですよ。性格とかを。最初は人見知りで話すのとかもすごい下手なんですけど仲良くなったらなつくし、好きって思ったら本当に表れるのでそれが唯一の魅力かな?って。

では、最後にHauptharmonieとしてでも個人としてでもいいんですが、どんなアイドルになっていきたいですか?

光梨 私の今までの人生を活かして、病んでる人とか、いろんな事に悩んでる人とか、自分に自信が持てない人に…あ、私ニックネームがぴっかなんですけど、"ぴっかちゃまは、前はああだったけど、今は輝いてるから、私も頑張りたい"って思ってもらえるような人になりたいです。

12/07/2014 Hauptharmonie Debüt Konzert(YouTube)
Hauptharmonieリンク情報

写真一覧

  • Hauptharmonie
  • 寺田珠乃
  • 寺田珠乃
  • 相沢光梨
  • 相沢光梨
  • 瀬戸ゆりな
  • 瀬戸ゆりな
  • 豊田冴香
  • 豊田冴香
  • 小川花
  • 小川花
  • アイハラエミ
  • アイハラエミ
  • Hauptharmonie
記事にもどる