NGT48

NGT48 研究生インタビュー -絆と団結力の10人、研究生のこれまでをクローズアップ-

2017年4月12日にメジャーデビューシングル「青春時計」をリリースするNGT48の研究生メンバーインタビュー。[画像:16枚]

“全員で昇格を!”-NGT48研究生たちのこれから-

では最後にこれからのNGT48と研究生のみなさんの目標について聞かせてもらえますか。

水澤 4月12日にデビューしてテレビ番組とかに呼ばれるのはNIIIのメンバーだと思うんですけど、研究生9人も個性派ぞろいの熱いメンバーがいるっていうことがもっと世間に知られるといいなって思います。その入り口はNIIIが作ってくれると思うので、そこから徐々に研究生に興味を持ってもらって、研究生は今は外側とかで踊ってるかもしれないけど、どんどん真ん中に行ってもらえるようになって欲しいです。

西村 個人的な目標としては私にしかできない仕事ができるようになりたいなと思ってて。例えば私は駅伝がすっごい好きなんですよ。箱根駅伝とかは現地で見ないと気がすまないくらい好きなんですよ。今年はスポーツ報知さんで特集してもらったんですけど、そういう私にしかできない仕事を自分から発信してできるようになるのが今年の目標です。NGT48としては私はこの研究生が一つのチームだと思ってるので、みんなで昇格をして団結力とか長けてる部分をもっともっと伸ばしていいグループにしていけたらいいなと思ってます!

清司 私の個人的な目標は研究生から正規メンバーに昇格することなんですけど、グループとしてはNGT48って全国にはまだ知らない人の方が多いと思うので、これからデビューして知名度が上がっていって、最初はテレビ番組とかに出てるNIIIしか分からないと思うんですけど、そこから研究生にも興味を持ってもらって最終的にはみんなで昇格できたらいいなって思います。

日下部 みーちゃんが卒業してNGT48全体も今まで26人だったのが25人になっちゃうし、研究生も9人になってしまうんですけど、気持ちはずっと10人のままでいきたいなって思います。みーちゃんがいなくなってしまうけど、研究生のみんなでMCやパフォーマンスで個々のパワーをつけていってみーちゃんの穴をしっかりと埋められるような研究生になれたらいいなって思います。

奈良 研究生の目標としては10人で昇格をみんなで願ってきたんですけどそれは叶わなかったので、みーずんが「みんなで昇格してほしい」って卒業公演で残してくれた言葉を叶えられたらなって思います。個人的には…色々ヘタクソなので殻を破れる一年にしたいです。

大滝 どの48グループよりも輝くようなグループにしたいです。個人では趣味がたくさんあるので、趣味に関した冠番組が欲しいです。

中村 研究生って正規メンバーがいる分、下に見られがちなところがすごく悔しくて。私が元々マイナス思考なところもあったんですけど、研究生もいつまでも研究生でいると思ってないので、今の研究生の私にできることをこれからやっていけたらいいなと思います。グループ全体の目標は、元々みーずん先生が新潟市南区のPR大使をやっていて、今回私が新しく就任したので新潟県の地元のいいところをもっともっと発信していけるように頑張りたいと思います。

宮島 私の個人的な目標は、メイクとかファッションとか美容関係のことが大好きで勉強したり研究したりするのも大好きなので、将来的には今応援してくださってるファンの方はもちろんもっとたくさんの女の子から憧れられるような存在になりたいです。NGT48全体の目標は研究生は一人ひとり得意なことがあったり個性があったりするので、それを活かせられるお仕事とかをもっとしていって、たくさんの方に研究生のことももっと知っていただけたらいいなって思っています。

メジャーデビューしてからNIIIと研究生で活動の差が生まれてくると思うんですけど、でも今まで作ってきたチームワークを活かしてその差を感じさせないくらい研究生もレベルアップしていけたらいいなって思います。

髙橋 私、とってもネガティブ思考で常に後ろ向きなんですよ。公演でも全員で踊る曲もつねに最後列の一番端っこで一番光が当たりにくいところにいるんですけど、そこから脱出してちょっとでも前に内側にいけるように気持ちの面からポジティブになれるように頑張るっていうことが個人の目標です。NGT48としての目標は、もうすぐ総選挙があるんですけど、その総選挙でNIIIとか研究生とか関係なく一人でも多くNGT48のメンバーがランクインしてくれたら知名度も上がると思うのでみんなで頑張りたいなと思います。

NGT48 メジャーデビューシングル「青春時計」リリース情報

  • 1
  •  
  • 2
  •  
  • 3
  •  
  • 4

写真一覧

  • NGT48
  • NGT48
  • NGT48
  • NGT48
  • NGT48
  • NGT48
  • NGT48
  • NGT48
  • NGT48
  • NGT48
  • NGT48
  • NGT48
  • NGT48
  • NGT48
  • NGT48
  • NGT48
記事にもどる