・・・・・・・・・

・・・・・・・・・の写真一覧

・・・・・・・・・のインタビューです。[画像:6枚]

2018年のインディーアイドルシーンを語るのに避けては通れない存在になる(かもしれない)アイドルグループ”・・・・・・・・・”が2018年1月12日に1stアルバム「         」をリリースする。その風貌や名前、存在そのものまでが難解なコンテキストに包まれた一方で、期間限定で無料ダウンロードされたアルバムは既に傑作との呼び声も高い。
そんな・・・・・・・・・のメンバーとコンセプト担当の古村氏に本サイト初のインタビューを行った。グループを語る上で避けて通れないいくつかのポイント(問題?)について活動開始から1年半あまりを迎える・・・・・・・・・のメンバーと運営陣はどんな視点で捉えているのか。両者の微妙な温度と距離感の違いも含めて読んで欲しい。

「いや、これが素顔なんですけど(笑)」 -・・・・・・・・・の見た目問題-

・・・・・・・・・が初めてお客さんの前に立ったのはいつだったんですか。

2016年の9月4日です。

その姿で出ていった時のお客さんの反応はどうだったんでしょう。

みんななんか怖いもの見たさで来てるんですよ。自分たちもアイドルになるのが初めての子しかいなかったから緊張とかであんまり覚えてないかもしれない。

今ほどは受け入れられてなかったかな、という感覚はあります。一部の人だけはどんどん入ってきてくれるけどそれ以外の人は難しいところもありましたね。

・さんはどうですか?

あまり覚えてないです。私、人前があんまり好きじゃなくて。最初はステージも苦手だったからあまりお客さんの方も見ないようにしてて。でも、半年ぐらい経ってちょっと慣れてきた気がします。

最初は”顔が分からないなら見なくてもいいや”っていうお客さんが結構いました。でも最近はそういうのをあまり気にしないで見てくれる方が増えてきたなって思います。

僕がこの間ライブを見させてもらった時に思ったことなんですけど、やっている方も見ている方も極々当たり前にライブをやっているように見えて。いつ頃からそういう雰囲気になり始めたのかな?というのが聞きたかったんですが。

4月に行った沖縄遠征で一段上った感覚は自分たち的にはありました。

それはどういうところで感じたんでしょう。

それまではパフォーマンスに対して超省電力?超省エネ?で。汗とかみんな絶対かいてないし、歌もヘタクソだったんですけど、今はどれだけ汗かいてどれだけ疲れるかみたいな。それが変わったのがいつ頃かは分からないんですけど、私たちのパフォーマンスに対する気持ちが変わったのと同時にお客さんも変わってきた感じがします。

最近のライブでは新規のお客さんとかもいると思うんですが見た目について言われる内容が変わったりしましたか?

そんなに触れてこない…(笑)

それはその見た目が当たり前になったのか、あえて触れないようにしているのかどちらなんでしょう?

そういうもんだ、みたいな(笑)

ヲタクの人たち以外の通行人とかには、”ヤッバ!”とか、”それ見えてるんですか?”みたいなことは聞かれますね。

少し微妙な表現ですが、普通の人がサングラスやマスクをしている時って、若干自分が守られているというか安心できる感覚があったりすると思うんですけど、みなさんも今の状態だから振り切ることができるってことはあるんでしょうか。

めっちゃありますよ(笑)

ライブとかでカメコさんがいるんですけど白目とかしてても絶対バレない。あと一番思うのが運営さんにライブの後に「今日は○○だった…」みたいに言われることがあるんですよ。でも、そういう時はマスクしてたりするから全部見えないじゃないですか。だからごまかしがきくというか…

いや、これが素顔なんですけど(笑)

僕たちみたいに目で気持ちが分かったり、泳いだりはしないですからね(笑)

(笑)

そういうのはちょっといいかもしれない。

古村さんにお聞きしたいんですが、この格好だとやっぱり最初はあからさまに引かれることがあると思うんですが、見ている人たちの雰囲気が変わってきたのはいつぐらいからでしたか?

古村 最初の方は・・・・・・・・・って名前も含めて”顔を出せ”、”検索できるようにしろ"って声はいたるところから飛んできていて。それを感じなくなったのは今年に入ってからですね。沖縄遠征の前からちょっと減ってた感じはあるんですけど、沖縄でのライブで東京から遠征にきてたお客さんがハマってくれて、そこからTwitterとかを見てても肯定的な語りがすごく増えたのを感じました。

では、やはり沖縄遠征は一つのきっかけだったんですね。

古村 それが確定的になったのが8月の「CD」発売だったと思います。音源の力っていうのは本当に大きくて。”ここまで振り切れてるんだ”っていうのが8月に確定した気がするんですよね。かつ音自体もいいしって。やり切ってる感と音の良さが評価として第一にくるようになった気がします。

最初の頃は見た目も明らかに違いますし、どんなリアクションが来るのか不安だったところもあると思うんですが、今のみなさんの気持ちはどうなんでしょう?

普通のアイドルとは見た目も違うから”こういうのもいるんだぞ”っていうのを見せつけたくなる。

それは昔の感覚とは明らかに違いますか?

昔は”見ないでほしい”っていう方が強くて(笑)

”恥ずかしい”って…

それがパフォーマンスに出ちゃってた。

パフォーマンスも頑張ろうと思えたから、このスタイルも自信を持って堂々とできるし、かっこいいと思えるようになったなって。

・・・・・・・・・ 1stアルバム「         」リリース概要

写真一覧

  • ・・・・・・・・・
  • ・・・・・・・・・
  • ・・・・・・・・・
  • ・・・・・・・・・
  • ・・・・・・・・・
  • ・・・・・・・・・
記事にもどる
からだにやさしい経口補水液