冨永悠香

Saku、冨永悠香、望月みゆ。アイドルアコースティックvol.3でド緊張の共演

アイドル達がいつものライブを離れ、アコースティックライブに挑戦する"打てないアイドルイベント"、「アイドルアコースティック vol.3」が2014年10月12日(日)渋谷ソラハウスにSaku、冨永悠香(Especia)、望月みゆ(バンドじゃないもん!)を招いて開催された。(photo by 山田秀樹)[画像:24枚]

今回が3回目の開催となる「アイドルアコースティック」。過去には寺嶋由芙、南波志帆、新原聖生(さんみゅ~)、山邊未夢(東京女子流)、Nao☆(Negicco)、西園みすず(さんみゅ~)が出演し、カバー曲を中心にしてその歌声を披露してきた。

今回、出演したのはシンガー/ギタリストのSaku、Especiaのリーダー冨永悠香、バンドじゃないもん!の望月みゆの3名。
過去の出演者も慣れないスタイルのライブに緊張を口にするアイドルが多かったが、今回は今までで最も強く出演者の緊張感が伝わってくる「アイドルアコースティック」となった。

特に一部では、「ずっと足が震えていた」という冨永悠香はライブ中に固く握りしめたマイクスタンドを離すことができず、望月みゆは歌の途中に声を詰まらせ涙してしまうほどで、3人の中では一番普段のライブに近いのでは?と思われたSakuもお客さんとの距離の近さに内心かなり緊張していたという。
二部では多少気持ちもほぐれた3人は、観客とのコミュニケーションも交えつつそれぞれの魅力を発揮したライブでファンの耳を楽しませた。

Sakuは自らのギターで弾き語りで「あたしを好きだなんて天才かも」「ジェニーはご機嫌ななめ(ジューシィ・フルーツ)」「SKY SKY SKY」を披露。タワーレコード渋谷店で勤務しながらシンガー/ギタリストとしても活動しているSakuは共演したEspeciaやバンドじゃないもん!のイベントでCD販売をしたこともあるという。オリジナルはテクノポップな「ジェニーはご機嫌ななめ」をバラードアレンジに歌い、新曲「SKY SKY SKY」はかつての渋谷系を思わせるネオアコなサウンドで、フレッシュな中にも懐かしさを感じさせるライブとなった。

Especiaのライブでも珍しい私服でのライブとなった冨永悠香のセットリストは「Mr. サマータイム(サーカス)」「家に帰ろう(竹内まりや)」「嘘つきなアネラ」の3曲。「Mr. サマータイム」は本人も知らなかったらしいが、サウンドプロデューサーのSchtein&Longer氏のプッシュで選ばれたとのこと。「家に帰ろう」は両親がカラオケで歌っていたと言う"ザ・冨永家"な選曲。最後の「嘘つきなアネラ」もEspeciaではなく、一人で歌うレアバージョン。ファンだけでなく、集まった多くの観客にEspeciaのリーダーの実力を感じさせたライブだったのではないだろうか。

ライブのトリとなったバンドじゃないもん!望月みゆ。この日歌った「カントリーロード(本名陽子)」と「M(プリンセスプリンセス)」は望月みゆにとってそれぞれ想い入れの強い曲。地元九州を思いを馳せる「カントリーロード」、本人にとって節目の曲と言う「M」。一部のライブでは「M」の曲中に涙をこぼしてしまう一幕も見られたが、二部ではそれぞれを情感たっぷりに歌い上げた。ラストはバンドじゃないもん!オリジナルの「UP↑ぷらいむ」。過去2曲と打って変わってのアップテンポなアレンジに大きな手拍子と"打てないイベント"の中でもささやかなケチャでライブを盛り上げていた。

最後はこのイベントでは定番になりつつある広末涼子の「MajiでKoiする5秒前」を3人でコラボカバーして「アイドルアコースティック vol.3」は終了。
同じ緊張を分けあったSaku、冨永悠香、望月みゆは一部と二部の間に急激に親密になったらしく、仲睦まじい様子をファンの前に見せていた。

アイドルイベントとアイドルの歌声の新たな楽しみ方を見出すことを目的に企画された「アイドルアコースティック」。
イベント終了後は観客からの満足気な感想がtwitter上に多く上がり、次回の出演リクエストのツイートも見られた。

次回の開催は今のところ未定となっているが、今後の継続を期待したい。

アイドルアコースティック vol.3 セットリスト

写真一覧

  • Saku 望月みゆ 冨永悠香
  • Saku
  • Saku
  • Saku
  • 冨永悠香
  • 冨永悠香
  • 冨永悠香
  • 冨永悠香
  • 望月みゆ
  • 望月みゆ
  • 望月みゆ
  • 冨永悠香 望月みゆ Saku
  • Saku
  • Saku
  • 冨永悠香
  • 冨永悠香
  • 望月みゆ
  • Saku 望月みゆ 冨永悠香
  • Saku
  • 冨永悠香
  • 望月みゆ
  • Saku
  • 冨永悠香
  • Saku 望月みゆ 冨永悠香
記事にもどる