SAWA

SAWA ミニアルバム「RingaRinga」インタビュー

2014年9月24日にリリースするミニアルバム「RingaRinga」をリリースするSAWA。シンガーソングライターとして楽曲制作やアイドルへの楽曲提供を行う一方でライブイベント「サワソニ」も主催するSAWAに「サワソニ」を通じて見たアイドルシーンについて、そして「サワソニ」からのフィードバックが大きく影響したという「RingaRinga」の制作について話を聞いた。さらにSAWAが楽曲提供したEspeciaの代表曲「ミッドナイトConfusion」の制作過程をSAWAそしてEspeciaのサウンドプロデューサーSchtein&Longerが制作したデモ音源とともに紹介する特別企画を実施。全音楽ファン必見の大特集です!(photo by 山田秀樹)[画像:11枚]

「サワソニ」から見えたアイドルシーンとこれからの「サワソニ」が作る音楽シーン

SAWAさん主催のイベント「サワソニ」ですが、スタートしたのは2013年11月に「アイドルサワーソニック」からですよね。

SAWA ちょうど11月6日で私と代官山LOOPの誕生日が一緒って言うことでこれはめでたいってアニバーサリーをやろうって言うことで始まったんです。

これまで6回ありましたが最初から定期的にやって行く予定でした?

SAWA 自分で組んで継続していこうと思ってましたね。

共演者さんはどうやって呼んでるんですか?

SAWA 最初は思い当たるアーティストさんが少なかったんですけど、やっていくにつれて私も"サワソニ目線"でアーティストを見るようになったと言うか。サワソニ以前は他のアーティストさんを見てるようで見てなかったんですね。でも、そう言う目線で見るようになってからはアンテナを張ってtwitterとかでみんなの動きとかもちゃんと見るようになったし、この辺界隈が熱いのかな?とか、SAWAと馴染むのかな?とか。そういうことを考えながらブッキングするようになりました。

サワソニをやってきて分かったことや気づいたことってありますか?

SAWA サワソニで…って言うことではないんですが、私がアイドルイベントに出ることもでてきて。アイドルでも馴染むもの馴染まないものがあるんだな、って言うことに気付きましたね。

SAWAさん自身と馴染むか?ということですか?

SAWA はい。ただ、私が馴染まないアイドル…例えばちょっと地下っぽい場所でも出るからには全員持ち帰れるようなぐらいのパフォーマンスをしたいと思ったんですよ。狭めるのは簡単で「こう言うイベントに出ません。アーティストなんでここはやりません。」ってやってたらどんどん狭くなる一方で。昔はそう言う考え方でも良かったのかもしれないけど、今はもうみんな色んなことを解禁している時代だし、そんなことやってるのって古いって気付いて。どんな地下アイドルイベントに出たってすごいって思われたいし、結果を残すためにどうしたらいいか?を考えるようになって、それが楽曲制作にもつながっていったと思います。今回のアルバムにも響いてるんじゃないかな?と。

なるほど。その楽曲制作に響いたところについては後ほど改めて聞かせてください。

SAWA はい。

ライブのやり方も昔とは変わってバンドでやるようにもなりましたよね。サワソニでびっくりしたんですが、自分でCDJでミックスしながら歌ったりするじゃないですか。アレはどういうきっかけで始めたんですか?

SAWA DJのお仕事をいただく機会があって。(註:SAWAはDJ WASAとしてDJイベントにも出演する)J-WAVEとか宇多丸さんの「ウィークエンド・シャッフル」(TBSラジオ)とか。その時に「DJって?」って考え始めて、別々になってるのが勿体ないから上手く融合させられないかなと思って。SAWAでやっちゃえばいいやってことでやりだしました。

一緒にやるのって単純に大変ですよね。

SAWA 超大変です。ちゃんと音源を下処理した上でやるんですけど確認してる暇がないんですよ。テンポがあってるか?とか。だからぶっつけで外音に合わせるみたいな感じになっていて、絶対に失敗ができないプレイです。万が一、失敗したらごまかすしかない(笑)

あれは色んな人が一度は見た方がいいプレイだと思います。

SAWA すっごい忙しいですよね。

見た目の大変さもそうだし、それでちゃんと歌も歌ってるのがすごいです。

SAWA (笑)

SAWAさんはアイドルをどういう風に捉えていますか?

SAWA アイドルがお客さんに対してすごく寄って行ってるなって。ちょっと言葉を変えればゲスいところもあるし、それを逆手にとって面白がってたりしてて。お客さんもそれを楽しんでるみたいなところもあるから、どうやってもっとお客さんの感情を揺さぶるか?って言うところかな、と。アイドルを見てる人の気持ちってそれぞれだと思うんですけど、私は割と精神的なところ見てると言うか。その日の状態とかコンディションを見ますね。

お客さんの?

SAWA いや、アイドルの。不安定な人の方が見がいがあるし。「大丈夫かな?」みたいな。

アイドルシーン全体としてはどんなことを感じますか?

SAWA 盛り上がってると思いますし、最近はもうヲタクがヲタクじゃなくなってきてるって言うか。昔ってゲームやパソコンをやる奴はヲタクで、健康な子は外で遊ぶみたいな(笑)それぐらい垣根があったものが、今はパソコンできなかったら話にならないし、アイドルヲタのイメージももっと気持ち悪いものだったのが割と普通になってきてますよね。アイドル自体もヲタの人がいるから垣根がないって感じがしますね。

先ほど少し話がありましたが、SAWAさん自身がアイドルイベントに出る時に自分の立ち位置とかを気にしたりしますか?

SAWA 私の中では後藤まりこさんとか大森靖子さんがTIFに出たことに勇気づけられました。あの人たちが垣根をさらに破ってくれて、今や何がアイドルだか分かんないみたいな(笑)アーティストアーティストしてる人の方が損をするぐらいの時代になってきて、自分も変に高いところにいないで寄っていこうってしてますね。

昔、SAWAさんやSweet VacationやJaccaPoPやBREMENとかがいたあの頃って、女性のボーカルでアイドルっぽいんだけどアイドルじゃないって人たちがたくさんいたと思うんですが、その時ともまた違いますよね。

SAWA あのシーンは全体的に死滅…って言っていいのか分からないけど(笑)昔ほど盛んではなくなったと言うか。エレクトロポップの火が消えかけているので、みんな次の就職先を探すべきであって。私はそれがアイドルフィールドだった。あの頃はみんなアーティストとしてやっていく時代だったから。物販とかに出て行かないし、そもそも物販もなかったり(笑)儲けようとかCD売ろうと言うことよりも"アーティストです"って言うことの方が強くて。音はもちろんかっこいいんですけど、今はアイドルがそれぐらいの音をやってるから、それでもうちょっと愛想が良かったら「そっちの方がいいじゃん」ってなってきてるんだろうなって感じですね。

SAWAさん自身にもそう言う意識の変化はありましたか?

SAWA ありますね。アイドルでも結構ゴリゴリのダンスミュージックだったりするし、音をちゃんと作ってるところもあるので、アイドルだからってナメるようなこともないし、かっこいいなって普通に思います。

アイドルと一緒にやってきてSAWAさん自身が受け取ったものや気付かされたことってありますか?

SAWA 「アイドルってなんなんだろう?」って考えた時期もあって。もはやかわいいだけではないじゃないですか。ビジュアルだけで言えば、普通と言うかそんなに…って言う感じの人もいる訳で。そう言う人たちが絶大な人気を得てたりもして。じゃあ魅力ってなんだろう?って思うと人間性だったりするんですよ、最終的には。必死さとか仲の良さを売りにしてるアイドルもいても結局人の心に残るところってMCとかだったり。ライブでも結局MCしか記憶に残ってなかったりもするので人間性が大事って思いましたね。

サワソニは今後も続けていくんですよね?

SAWA はい。今後も結構なスパンで続けていこうと思っています。

こんな風にしよう、と言う考えはありますか?

SAWA サワソニも盛り上げていきたいけど、SAWA自身もスケールアップしたいと思っているので、やり方とかお客さんの感じをよく見て"ここだ!"って言うツボを刺激していきたいと思ってます。最初はアイドルイベントだったけど、最近はそうじゃない人も出てもらっているので、アイドルもアーティストも出やすくて面白いイベントになりたいなと思います。最近は「サワソニに出たい」って言ってくれる人とかも増えてきたので。

サワソニvol.6に出たCharisma.com(カリスマドットコム)とかblue marbleとかが入ってくるのが新しい流れですよね。

SAWA Charisma.comはちょっと飛び抜けてますけど、blue marbleとかはすごくいいんだけど収まる場所、シーンがもっとあったらいいだろうなって。人気もあって支持もされてるんですけど…っていうところがあるので、そう言うアーティストさんにスポットを当てると言ったらおこがましいんですけどSAWAも一体どこが本拠地なんだろう?的なところがあるので、そう言う人達が…

…集まる場所?売り文句としてはあまり適当じゃないですが(笑)

SAWA (笑)そう言う意味では"新しいジャンル"というか。あまりコテコテにアイドルやアーティストしてないイベントなんだけど絶対いいアーティストが見られるってところまでブランディングできたら、とは思ってます。

そんなサワソニですが10月19日(日)に「サワソニ vol.7 生誕&リリパ」(昼/夜公演)が控えてますが、どんなことをやろうと思ってるか話せる範囲で聞かせてもらえますか。

SAWA つばさflyさんはこれまでに出ててもおかしくない人たちだと思うんですけど、サワソニとしてバランスを取ってくれそうなのがNEKOPUNCHだったり。ああいうアーティストなのか何なのか分からない人とかがいる中に安定のゆっふぃーがいて…って言う面白いラインナップです。

hy4_4yhさんとアイドルネッサンスも出ますね。

SAWA 正統派アイドルのアイドルネッサンスもいて、ハイパヨちゃんみたいな激しいのがいて…って、うまくどこにも寄ってない感じを作り出せたんじゃないかと思ってます。そう言う環境だとどこにも自分を寄せなくていいじゃないですか。誰にも気を使わなくてもいいから何をやってもいい訳で。バンドサウンドで攻めてもいいだろうし、DJでやってもいいだろうし、ピンでやってもいいだろうし、ひたすらビーチバレーしてもいいんだろうし(笑)まぁ、"ホーム"なのでそれなりのことはやろうと思ってます。

RingaRinga / SAWA [MV FullVer.] (from Album "RingaRinga")(YouTube)
君とバーテンダー / SAWA [MV FullVer.] (from Album "RingaRinga")(YouTube)
SAWA リリース・ライブ情報

  • 1
  •  
  • 2
  •  
  • 3

写真一覧

  • SAWA
  • SAWA
  • SAWA
  • SAWA
  • SAWA
  • SAWA
  • SAWA
  • SAWA
  • SAWA
  • SAWA
  • SAWA
記事にもどる
からだにやさしい経口補水液