WHY@DOLL

WHY@DOLL 1stアルバム「Gemini」リリース決定!緊急インタビュー

2016年2月10日に初のフルアルバム「Gemini」をリリースすることを発表した”オーガニック・ガールズユニット”WHY@DOLL。アルバムリリースの情報を受けて急遽行ったインタビューでは「2016年こそ勝負の年」と意気込む二人に2015年を振り返ってもらった。「ほわどる、気にはなってたけど…」と言う人もこのインタビューを読めばWHY@DOLLの今とこれからが見えてくる!(撮影:山田秀樹)[画像:2枚]

WHY@DOLLからのクリスマスプレゼント!2016年2月10日1st フル・アルバム「Gemini」リリース

アルバム「Gemini」のリリース決定おめでとうございます。

青木・浦谷 ありがとうございます!

待望の、と言う感じですか?

浦谷 そうなんです。ずっとフルアルバム出すのが夢で、今年の2月のミニアルバム(NAMARA!!)で半分叶っちゃった感があったんですけど、フルアルバムはボリュームが違うので"とうとう"って感じがしますね。

青木 これでほわどる(WHY@DOLLの通称)の全てをみなさんに知ってもらえるしCDだけでも楽しんでもらえるかな?って。ライブになかなか来れない人もアルバム欲しいって言ってくれてたので。

浦谷 ライブだけで披露してた曲がやっと音源化されるので、地方で来れなかった方にいち早く届けたいアルバムになりましたね。

アルバムを作ろうって話が出たのはいつ頃だったんですか?

浦谷 アルバムの話は結構前から出てた…?

青木 夏くらい?レコーディングしたの夏じゃん?

浦谷 そうだよね。そのもっと前から話は出てたよね。月に2曲ペースで新曲を増やしてたので私たちも実は結構しんどい日もあったんですけど…

スタッフ (睨)

青木 (苦笑)

浦谷 そんな目で見ないでくださいよ(笑)月に2回ずつ定期公演をやって毎回新曲を披露してって形だったので、振り入れをやって、すぐ新曲を披露して、振り入れやって、新曲披露…みたいな。

青木 ワンマンもあったしね。(「WHY@DOLL 「『応援しててよかった!』と思ってもらえるグループを目指します!」決意のワンマンライブで4大都市ツアーを発表」

ちはるんはその頃のことをどう思ってた?

青木 曲を増やしたいっていうのがあったので増えるのは嬉しかったんですけど、ダンスがすっごいレベルアップしてて…。「Tactics」とか曲も大人っぽい感じだし、私ダンスが苦手なので覚えるのがすっごく大変で。振り入れの日がくると「今日かぁ…」みたいな気持ちになったこともあったんですけどファンのみんなに色んな曲を届けたいなって思いでやってたので…結果オーライです(サムアップ)。

浦谷 (笑)この短い間に振り入れと発表を繰り返したおかげで、新曲発表に対する度胸というか免疫がついたと言うか…

青木 あ、分かる。

浦谷 ビビらなくなった?のは感じましたね。24日にまた新曲の披露があるんですけど、それも今は楽しみでしかなくて。夏に月2回ペースで新曲を出してたのは自信っていうのは変ですけど、いい経験できたなって思いますね。

青木 こっちが自信をもってやれば初披露でもファンの皆さんもいいって言ってくれるから。

浦谷 ね。「clover」の時とかすごく感じたよね。私たちも仕上がった状態で見せることができたのですごい反響も大きくて。みんなの反応が楽しみだった。

じゃあ最初の頃の新曲発表は?

浦谷 最初は詰め切らないまま発表してたこともあったんですよ。お客さんは「いいよ」って言ってくれる方も多かったんですけど、「ライブやっていく内に良くなるんだろうな」って思ってる人も多かったと思いますね。でも、最近は初披露だからって手を抜いていると思われるのは嫌ですね。第一印象って大事じゃないですか。ライブで育てていくのはもちろんなんですけど初披露からインパクト残したいよねって思うようになりました。

定期公演もちょいちょい見させてもらってたんですが、毎回発表される新曲を見ていて「この曲どうなるんだろう?」って思ってたんですよ。新曲は出るけどリリースの話も聞かないし…。「いつ出すの?」とか言われませんでした?

浦谷 よく言われたね(笑)

青木 「これ、次のシングル!?」「俺だったらこの曲がいいなぁ」とか。

浦谷 ファンのみなさんで想像が飛び交ってたと言うか「カップリングになるならあの曲がいいよね」とか。

青木 物販とかでも「◯曲目に歌ったやつのCD売ってる?」って聞かれても「ないいんですよー」って言ってたのがこれからは「ありますよ!」って言えるのですごく嬉しいです。

WHY@DOLLの2015年を振り返る

では2015年の振り返りもしたいんですが、全体的に言うとどんな年でした?

青木 2015年は年明けにミニアルバム、3月にシングル(「曖昧MOON」)をリリースして、夏にワンマンライブ…。

浦谷 で、秋もワンマンツアーやったし。

青木 富士山も行った…

浦谷 で、「clover」のリリイベも始まって…

青木 今まで活動してきた中で一番濃かった?

浦谷 今年中に3枚出せたのがすごいなって。

青木 あと「シグナル」とかアルバムに入ってる曲もいくつか自分たちで世界観を考えたのがあったので、作品に携わる機会が増えたし色々考えることができたかな?って思いました。

浦谷 あとはアイドル同士の対バンだけじゃなくて曲調が合うような方たちとの対バンに出演することができたりとか、さっきも言った通り今年一年で曲が増えたんですよ。この間の新宿BLAZEでのワンマンをやってみて、ようやくこれだけの大きな舞台でWHY@DOLLを最大限に表現できるぐらい曲が増えたって言うのを実感した年で。あと去年も同じ4都市でのツアーもやったんですけど去年よりも確実に人が増えてるし、東京は今までのワンマンで一番手応えとやり切った達成感があったワンマンだったので新しい一歩を踏み出せたかな?って思う一年でした。

夏のRUIDO K4のワンマンで新宿BLAZEのワンマンの発表もしましたよね。その時の心境はどうだったんでしょう?会場の大きさは2014年にやった恵比寿リキッドルームともあまり変わらないじゃないですか。

浦谷 本当に埋まるのかな?って言うのが正直な感想だったんですけど、でも初めてワンマンでソールドアウトしたのがRUIDO K4のワンマンだったんですよ。大きさは違うにせよ自分たちの足下を見て冷静になって会場を決めてそこでちゃんとソールドアウトを出せた次がBLAZEだってので"未知数の世界"ではなくなったと言うか。一回ソールドアウトを出せたので頑張ればなんとかなるんじゃないかな?とはちょっと思ってたけど…それでも不安でしたね(笑)

ちはるんはどうだった?

青木 新宿BLAZEは自分の中で「絶対ここでワンマンをしたい」って場所だったので決まったのは嬉しかったんですけど、会場も大きいし人が来てくれるかな?って言うのは不安だったんですよ。ツアーで色々なところを回ってたくさん仲間を増やしてBLAZEでみんなが集まるツアーにしたいなって思ってたので、その気持を大事にしてやってたんですけど、来てくださいって言っても来てくれる訳ではないし、そのためには良いライブを見せるしかないって思ってて、 対バンライブとかでも…私たちちょっと…なんて言ったらいいんだろう。曲が…

浦谷 アイドル楽曲っぽくないってこと?

スタッフ 楽曲派?

青木 そう。それです(笑)アイドル界隈では楽曲派と言って頂いているんですが、合う合わないもたくさんあって、それでも刺さってくれる人がいるって信じてやってたので、BLAZEでは「TIFを見て来たよ」って人とかもいたので信じて頑張ってこれてよかったなって。

僕なりの2015年WHY@DOLLのの印象なんですが、2014年の「Magic Motion No.5」の存在感が大きすぎて、2015年のWHY@DOLLはどうなるのかな?って思ってたんですが、一年がかりでそれを塗り替えたと言うか、また新しいWHY@DOLLを作れたように見えました。

浦谷 色んな顔を見せることができる曲が増えたなって。「Magic Motion No.5」はディスコだったけど、"ザ・ファンク"って曲や大人っぽい表情を見せられる曲とか。

青木 ハモりとかね。

浦谷 そうそう。WHY@DOLLの新たな顔を見せられる曲がちょっとずつ増えてきたかな?って思いますね。

2015年になって今までと変わったところって2人の中でありますか?

青木 個人的なことでもいいですか?

全然いいですよ。

青木 たぶん、千春すごく喋るようになったと思います。

浦谷 あー、たしかに。

青木 MCとかもキャラ的に聞いてる感じだったんですけど、はーちゃんが「ちはるんはもっと殻をかぶってた方がいいよ」って…

浦谷 いや「破った方がいいよ」だよ。かぶっちゃダメ(笑)

(笑)

青木 間違っちゃった(恥)「破った方が絶対いいよ」って言ってくれて。自分はどういう時に発言したらみんなが笑ってくれるんだろう?って言うのを考えて喋るようになって。Showroomとかでもヤバいキャラなんですけど…

ちょいちょい見てるので分かりますよ。

浦谷 (笑)

青木 「ちはるんの新しい一面が知れた」って昔から見てくれてる人にも言われて。「もっと昔からやればよかったじゃん」「はーちゃんだけが目立ってるよ」って。

浦谷 いやいやいや(笑)私のは悪目立ちだよ。

青木 でもWHY@DOLLは2人だけしかいないから、もっと面白い面も出していいのかな?って思ったので、やっと自分のキャラが出てきた感じがします。

そう言う意味ではShowroomをやったのは大きかったんですかね。

浦谷 大きかったですね。その前は一年間新潟のラジオの生放送をやらせてもらってたんですよ。おかげで書かれてることを読んだりするのはだいぶできるようになったんですけど、Showroomはずっと顔が映るから台本を見てる訳にはいかないし、アドリブとかが入ってもどう軌道修正していくかとか、時間のことも考えないといけないし、色んなことで鍛えられてますね。

見ててすごかったのが、ずっと身体を鍛えてた回があったでしょ?

青木 富士山行く前だぁ。(Showroomの視聴数が5000viewを越えなかったため罰ゲームとして9月2〜3日に富士登山を行った)

腕立て、腹筋、スクワットを一時間ずっとやってたでしょ。あれ鬼だなと思って。

浦谷 笑えないですよもう。太ももプルップルで。もうやんない(真顔)

スタッフ またやる?定期的に。

青木 ウソでしょぉ…

浦谷 ボイコットします!

富士山はどうでした?(WHY@DOLL 富士山頂で新曲「clover」のヒットを祈願

浦谷 キツかったんですよー。登ったことあります?

ないです。

浦谷 ヤバいですよ、富士山。

青木 富士山って登るルートが4つあるんですけど、一番しんどいルートで。足場がこんなんだったりこんなんだったりとかあって(手を上下に)。

浦谷 スキーのストックみたいのを持って歩いてたんですけど、体力もそうなんですけど呼吸がキツくて。呼吸法があって…吸って吸って吐くだっけ?

青木 鼻から吸って口から吐くんだっけ。

浦谷 そうそうそう。

青木 「それができないと上まで行けないです」って。

浦谷 それやってても苦しくて。で、一番キツいのが9.5合目から先で。休憩所から頂上が見えるところにいるんですね。でも全然着かないんですよ。

青木 「あと10分ぐらいで着くかなー?」って言ってたのが40分ぐらいかかって。

浦谷 天国が見えてるのに続く地獄みたいな。

青木 途中までほわどるチームで登ってたんですけど、毎年登ってるスタッフさんも「もう無理」ってなって。はーちゃんも途中で高山病にかかっちゃって。千春、自分だけすごい元気だったんですよ。

浦谷 すごい元気だったよね。

青木 だからみんなを置いて自分だけ先に行ってました(笑)

浦谷 で、ゴール直前で待っててくれて一緒にゴールしました。でもゴールしたはいいんですけど、就寝が9時で夜中の3時には起こされるんですね。Showroomの配信もしたんですけど「もう寝てください!」って怒られちゃって。でも3時間ぐらい寝たところで2人とも起きちゃって、そこから3時まで2人で毛布かぶって「あと降りるだけだから頑張ろう」って。

山小屋でやってたShowroomも結構大変だったんですね。

青木 周りの目も気になったよね。何やってんだこの子たち、みたいな(笑)

浦谷 頑張りました。

青木 でも、いい経験でした。

浦谷 登ってみたかったんで…もう登りたくないですけど(笑)

でも次は琵琶湖一周が待ってますね。(次回は3000viewに到達しないと琵琶湖を徒歩で一周しなければならない)

浦谷 そうなんですよね…って待ってないですよ!(笑)

青木 ならないように…。

絶対無理だと思う。

青木・浦谷 えぇーー!!

浦谷 そんなこと言わないでくださいよ!

達成してもなんらかの"工作"が働くと思います。

浦谷 絶対毎週見てくださいよ!

…はい。

青木 絶対、琵琶湖見たい派だ…

 

WHY@DOLL - clover(YouTube)
WHY@DOLL アルバム「Gemini」リリース情報

WHY@DOLLのキャッチフレーズ「オーガニック・ガールズユニット」とは?

あと、これ一つ話してもらわなきゃと思ってたことなんですが、今年の初めにインタビューをした時にWHY@DOLLについて「オーガニック・ガールズユニット」って言う紹介を初めて教えてもらったんですか、正直最初は「なんじゃこりゃ?」って思ったんですね。

青木 (苦笑)

でも、それ以降ずっとその言葉を使ってるじゃないですか。なので、ここで改めて「オーガニック・ガールズユニット」って言葉を2人がどう受け止めているかを聞かせて欲しいんですが。

浦谷 最初は私たちもピンと来なかったんですけど、今のWHY@DOLLの曲は楽器の生音をすごい使ってて。最初からブラスサウンドが鳴り響いてたりとか。「clover」はそれの真骨頂って感じなんですけど、2人の二声コーラスがあったりとか、あと自分たちの飾らないままの自然体で背伸びせずに活動していこうって言うありのままの姿を表したオーガニック…無農薬(笑)みたいな感じの意味がありますね。

青木 衣装とかも、今回は派手なんですけど衣装々々しないでこのままでも街に歩いて行けちゃいますみたいな自然な感じにこだわってて。

浦谷 今回は「せいいっぱいの背伸び」って言うコンセプトがあったので背伸びさせていただきました(笑)

青木 そういうところも他のアイドルさんと違うところを貫いていきたいなって思いますね。化粧品とかも馬油を使ってたり、はーちゃんはオリーブオイルで。

浦谷 オリーブオイルも使ってるし、洗顔は石鹸でとか…オーガニックです(ドヤ)

青木 一応、気を使ってやってます(笑)

…思ったよりしっかり考えられてて意外でした。

一同 (笑)

ここ、もうちょっとグダる感じをイメージしてたんですけど。

浦谷 期待にお応えできずにすいません(笑)

いえいえいえ。

浦谷 でも、まだだいぶフワッとしてますよね。

スタッフ 最初よりはだいぶしっかりしましたよ。当初は「なんでしょうね、オーガニックって?」って自分たちで聞いてましたからね。

浦谷 最初は分からなかったけど、今の自分達に一番しっくりくるキャッチフレーズだなとは思いますね。これまでキャッチフレーズがあまりなかったんですよ。上京した頃は「武者修行アイドル」って言ってたんですけど、ずっとそういう訳にもいかないし、「オーガニック・ガールズユニット」が一番分かりやすい?

青木 あまりそう言う風に言ってる人がいないから逆に印象に残るんじゃないかなって。

浦谷 「何がオーガニックなの?」って聞いていただける。

青木 ラジオとかでもよく言われるしね。

浦谷 今までは「コンセプトはなんですか?」って聞かれた時に「いやーコンセプトがですねぇ…」

青木 「武者修行?なんですよねぇ…」みたいな。

浦谷 「修行してるの?」って聞かれると「は、はい。してます!ニッ!(苦笑)」って(笑)

青木 「どういうことしてるの?」って聞かれたら…

浦谷 「フライヤー配ったり…」とか…

青木 でもそれも毎日してた訳じゃないしね。

浦谷 「オーガニック・ガールズユニット」は楽曲とか2人の感じとかを含めて自信を持って出せる一番わかり易いキャッチフレーズになったなって思いますね。

WHY@DOLL リリースがなかった期間は…

話を聞くと充実の一年だったように感じるんですが、不安だった部分はなかったんでしょうか?個人的には春以降にリリースが空いた期間にこの先どうなるのかな?って思ったりしたんですが。

浦谷 リリースイベントが"出会いの場"になって、前回のミニアルバムやシングルのリリースイベントがきっかけで今のファンになってくれてる方が多かったので、どういうところでファンを増やしていこう?って言うのはあったんですけど、さっき言ったアイドルとの対バンだけじゃないイベントに出られるようになったのが結構大きくて。見つけてもらうきっかけが一つ増えたのと、ライブに力を入れられたのも大きかったなって思って。月2回の定期公演で新しい曲ができたのもそうだしノンストップライブやってみたりとか、そう言う部分でみんなを飽きさせないと言うか日々変わっていくWHY@DOLLを見せられたから逆にリリースが空いてもそんなに不安はなかったかな?って感じでした。

青木 なかなかお客さんが来ない日とかもあったんですけど、今年はWHY@DOLLを注目してくれる人が結構いるって言うのも自分たちでも実感してるし、twitterとかライブでも「◯ ◯ の曲いいよね」とか「あのライブすごく良かったからまた見にきました」って人が確実に去年より増えてて。このまま自分たちを信じてパフォーマンスレベルをもっと上げていいものを見せていけば、お客さんが増えたりWHY@DOLLが上に行くためにもそうやっていくのが今は一番大事なことなんだ、ってプラス思考に変えて「どうしよう?どうしよう?」って言ってるヒマがあったらもっと頑張ろうって思ってたので、不安は今回はそんなになかったかな?って。

その辺りの心境は2014年とはだいぶ違う感じですかね?

浦谷 そうですね。2014年の方が不安は多かったかもしれない。

 

WHY@DOLL - clover(YouTube)
WHY@DOLL アルバム「Gemini」リリース情報

  • 1
  •  
  • 2
  •  
  • 3

写真一覧

  • WHY@DOLL
  • WHY@DOLL
記事にもどる
からだにやさしい経口補水液