オルタナティブなアイドルを応援する音楽サイト

アイドルニュース

サンナナニ やついフェスでも絶賛。初の公式音源のハイレゾ配信がOTOTOYにてスタート

このたび配信がスタートした初の公式音源「37°2 LIVE ~MAY.2016~(24bit/48kHz)」は、2016年5月に六本木VARIT.で録音したライヴテイクとなり、ライヴバンドの頂点を極めるべく結成したその真髄がいかんなく発揮された音源だ。この配信に先んじてLINE公式アカウント限定では「ひとりじゃ」が公開されていたが、サンナナニが世に放つ初の公式音源とあってファンの間で話題を呼び、さらなるリリースが待望されていただけに、ハイクオリティなサウンドでライヴの臨場感を楽しめるこの2曲は注目を集めそうだ。

さらにOTOTOYでは、今回の配信に合わせてメンバー インタビューを掲載した特集記事を公開。結成のいきさつから目指すサウンドまでを「サウンド & レコーディング マガジン」の國崎晋氏が探っており、「「シンセベーシストとして行ける!」と確信を得た」というAZUMA HITOMIや、「魂をどう出すか、まだ決まってない」というUの言葉が紹介されている。配信中の「ひとりじゃ」と「一生懸命シティ」についても語っているので、配信音源と合わせて”まだサンナナニを知らない”という人への入門編としても最適だ。

また、サンナナニは2016年6月18、19日に渋谷一帯のライヴ・ハウスを舞台に行われた「YATSUI FESTIVAL! 2016」にて、初日のTSUTAYA O-nestへ出演。これまでとは異なり白シャツに赤い腕章を付けたお揃いの衣装で登場したことでファンから驚嘆の声が上がると、この日が初披露の新曲から、配信中の「ひとりじゃ」「一生懸命シティ」まで。強烈なアクトの連続で次々と観客が増えていく痛快なステージを展開し、終演後SNSなどではファンのみならず初見だったオーディエンスからも絶賛コメントが相次いだ。

本年より活動を本格化し、2016年2月の初ライヴより前人未到の快進撃を続けているサンナナニだが、7月13日(水)には結成からわずか半年にして初のワンマンライヴ「はじめての微熱。」を渋谷 TSUTAYA O-nestで開催。当公演はチケットの一般発売もスタートしている。また、6月21日(火)には最初から最後まで見れば全額キャッシュバックになる異色のイベント「SOGO PR.0621」への出演も決定している。

サンナナニ配信情報

おすすめ

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
PAGE TOP