井上苑子 JK完結。高校卒業制服ラストライブで感激の涙。LINE LIVEの生中継は自己最高95万人視聴達成

チケット発売直後、30秒でソールドアウトとなった本公演。会場内は、同世代10代を中心としたオーディエンスで超満員。

ステージには満開の桜が随所にちりばめられ、卒業ライブにふさわしい演出の中、オープニングは今やライブでは欠かせない「線香花火」からスタート。YouTubeで500万再生された恋愛のドキドキを詰め込んだ「だいすき。」、疾走感あふれるロックチューン「青とオレンジ」、せつな過ぎる失恋ソングの新曲「サヨナラバイバイ」、女子共感率100%の新曲「おんなのこ」等を演奏。

途中、中盤では、ツイキャスの女王と称される井上苑子ならでは、会場からのリクエストに応える、恒例のリクエストコーナーを開催。「グッバイディ/YUI」「女の子は泣かない/片平里奈/」「さくら/森山直太朗」「目黒川/YUI」「3月9日/レミオロメン」を、ギター1本の弾き語りのスタイルで披露した。
そんなコーナーをはさみ、後半戦では、女子号泣の「赤いマフラー」、卒業ソング「君に出会えてよかった」等を演奏。

インディーズ時代に発表してきた楽曲と、ニューアルバム「Hello」の楽曲を織り交ぜた、これまでの集大成というべき内容で本編全13曲を披露した。途中MCで「インディーズ時代、ライブの動員が2,3人しかいなく号泣してしまったんです。その時、ここ恵比寿リキッドルームで満員のライブをできるようなろうって目標を決めたんです。その夢がかないました!」と感激の涙を流し語った。

そして、アンコールでは、6月ニューシングルのリリースと、それをひっさげた全国7大都市ワンマンツアー「井上苑子 1st SUMMER TOUR 2016 ~みんなおまたせ!~」を発表。自身の高校卒業と共に、新たなステージに向かう、井上苑子にこうご期待!
また、本日のライブの模様はLINE LIVEで中継され、これまでの自己最高の95万人の視聴を記録した。

関連記事一覧