• 特集
  • 【ガチ恋!】の特集企画ページです。
  • HOME
  • 全ての記事
  • 特集
  • 新参歓迎!千客万来!これを読めばクマリデパートの2019年が分かる!特盛!おいでよ!こころのデパート!大総括インタビュー
クマリデパート

新参歓迎!千客万来!これを読めばクマリデパートの2019年が分かる!特盛!おいでよ!こころのデパート!大総括インタビュー

2019年にシングル2枚、アルバム1枚をリリースし、ツアーとワンマンライブを2回ずつ行い、念願のTIFへの出演も果たし、一気に注目グループの仲間入りをしたクマリデパート。
2020年2月28日(金)には、マイナビBLITZ赤坂での5thワンマンライブも控え、その勢いはまだまだ加速中だ。そんなのクマリデパートの4人に2019年を振り返るインタビューを実施、大躍進となった1年の裏側を存分に語ってもらった。(ロケ・取材協力:池尻セレクトハウス

「シャダーイクン」、TIF、ナコLOVEダンスetc… クマリデパートの2019年をメンバーが語り尽くす!

早桜ニコ(以下、早桜)「シャダーイクン」のリリースが1月なんだ。

楓フウカ(以下、フウカ)クリスマスに初披露だったんだよね。1年近く歌ってるのがすごく早く感じる。

――今年1年でなにか思い出深かったことはありますか?

早桜最近のことなんですけど、「天下一ボブ道会」(musicite企画のさおてゃんソロトークイベント)の時に、「乃木坂46の中田花奈さんに憧れてボブにした」って話をしたんですけど、この前ニコ生で中田さんと共演することができたのがすごく嬉しかったです。あと今年全体のことで言うと、私はやっぱりTIFに出られたことかな。

――TIFのことはさおてゃんには色々なところで話してもらってて、その度に泣かれてるので、今回はさおてゃん以外の人に話してもらえたらと思うんですが。

早桜(笑)

優雨ナコ(以下、優雨)私、アイドルになったらTIFは出られると思ってたんですよ。でも、1年目も2年目も出られなくて、そのTIFに4人になって初めて出られたのがすごく嬉しかったのと、最初のステージのDoll Factoryの後にみんなで号泣してたんですよ。すごい青春だなと思って。

――あまり表には出てこないですけど、優雨ナコさんが泣いた話は今年よく耳にした気がします。

早桜今年一番泣いてる気がする。

優雨えーっ!?早桜ニコに言われたくないんだけど(笑)

早桜泣いてるよね?

小田アヤネ(以下、小田)泣いてる、泣いてる。気づいたら泣いてることが多い。

――泣いてしまうツボとかあるんですか?これ系の話になるとヤバいとか。

優雨これは最初の年からずっと思ってるんですけど、アイドルをいつできなくなるかが分からないから、「もしかしたらこれで最後なんじゃないか」って考えることがあるんです。そうそういうことを思いながら「今日はいいライブができたな」って思うと何か高まってしまう(笑)TIFの時はそれでした。あと…

フウカギュウ農フェスだよ。

優雨そうだ。初めてメインステージに出させてもらったギュウ農フェスでブクガさん(事務所の先輩Maison book girl)のステージを見て、「え?ここでライブするの!?」と思ったら何か怖くなっちゃって…でも、楽しかったです。

――TIFの話をもう少ししましょうか。

フウカ腕相撲出させていただいたけど一瞬で負けて(笑)ギュウ農フェスでやった腕相撲でも即負けだったのに、何で出してもらえたのかな?って。

――誰と対戦したんでしたっけ?

フウカアプガ(2)の高萩千夏さんで。強かったです。

――TIFの腕相撲は見ててドキドキしましたね。全体の進行も含めて。

フウカでも、初めてのTIFで一人でもステージに立たせてもらえる機会があって嬉しかったです。

――小田さんは?

小田SKY STAGEに行く途中にみんなが見えるところを通るんですけど、「クマリ!クマリー!!」って、サッカーの代表の凱旋?みたいな感じになって(笑)そんなに知ってもらえてるんだって、すごく嬉しくなりました。

――では、さおてゃんにも改めてTIFの思い出を…

早桜SKY STAGEで他のアイドルさんが歌ってる姿の写真を見ることが多くて、そこで自分たちがライブできるのも嬉しかったし、特典会がライブの前だったりしたんですけど、それでも会いに来てくださる方がたくさんいて。TIFでもこれだけクマリデパートを見に行きたいって思ってくれる人いるんだって。出られたことが本当に嬉しかったし、ずっとワクワクしてました。

今年は初出演の大舞台も数々経験してきたクマリデパートだったが、楽曲の面でもシングル「シャダーイクン」に始まり、1stアルバムの「ココデパ!」、さらに「極LOVE浄土」と、楽曲面においても話題性においても注目を集めるタイトルをリリースしてきた1年だった。そんな今年のレパートリーについても話を聞いた。

https://www.youtube.com/watch?v=8JNYgrN7igU

フウカ「極LOVE浄土」は、ワンマンのタイトル(4thワンマン「極楽浄土!おいでよ!こころのデパート!」)が先に決まってて、そのタイトルができてからサクライさん(クマリデパートプロデューサー・サクライケンタ)が曲を作ったんです。

優雨いつもはタイトルが分からない状態で送られてくるんですよ。だから先にタイトルが決まってたのは今回初めてな気がする。

――最初に曲を聴いた時はどんなことを思いましたか?

小田「シャダーイクン」の時も、「え?なにこれ?天才の曲じゃん」って大好きだったんですけど、「極LOVE浄土」はもっと聴いたかもしれない。

フウカフウカも「シャダーイクン」よりもサクライさんの仮歌を聴いたかもしれない。

優雨レコーディングの方法もいつもと違ってたんですよ。いつもは歌割りが決まってて、そこをメインに歌う感じなんですけど、今回は最後まで全部レコーディングして完成してから、「あ、私ここになったんだ」っていうのが分かる感じだったので、それも楽しかったです。

フウカ「極LOVE浄土」は初めてなことが多かった。

――初披露は、ブリッツでの4マン(10月16日「(Z)× (仮)× (2)× (ク)」)でしたっけ?

フウカあの時も終わった後にみんな大泣きでした。

――よく泣きますね(笑)

フウカこんだけいい曲ができたのに、それに見合ったパフォーマンスができなかったのが悔しくて…。

小田来年の2月に赤ブリで5thワンマンがであるじゃないですか。それなのに今のこのパフォーマンスで埋まるのかな?って思ったら余計に悔しくなっちゃって。

フウカ「シャダーイクン」のお披露目の時はエゴサしたらみんなすごく褒めてくれてたので、それを自分たちも期待しちゃってたんですよ。自分たちもそうする気だったし。

早桜披露するまでは自信満々で、”見せてやるぞ!”みたいな感じだったんですけど、4マンっていうプレッシャーもあったし、せっかくこんなたくさんのお客さんに見てもらえる機会だったのに…って思いました。

――なるほど。そう言えば今年は初めての海外遠征もありましたよね。

早桜台湾のイベントに呼んでいただいたんですけど、今年になってからファンになってくださった方とかも台湾まで来てくれたりして嬉しかったです。

――日本のアイドルってよく台湾に行く印象があるんですけど、台湾って地元のお客さんっているんですか?

優雨アイドル文化が好きな人は結構いた気がする。

フウカ台湾のアイドルさんが日本のアイドルの曲をよくカバーしてるので。

――クマリデパートの反応はどうでした?

早桜台湾からTIFを見に来てくれた地元の人が、台湾のライブにも来てくれてて…

フウカ「シャダーイクン」を一緒にやってたよね。

優雨さおてゃんとファンの方が振りで戦ってた(笑)

早桜そのお客さんも「シャダーイクン」で知ったって言ってました。

フウカすごいな、「シャダーイクン」。

 

早桜その他の曲も”最高!”って思うのを毎回超えてくるから歌ってて楽しいです。

フウカ「サマーニッポン夏サマー」も夏終わっちゃったけど、まだ全然やるし。

早桜今年からたくさんライブで披露するために曲を短めにカットして繋いだり、「サマーニッポン夏サマー」みたいに、「まだやるの?」っていうぐらい繰り返されるのがあったりして、ライブでしか味わえない楽しみ方も増えたと思います。

――「極LOVE浄土」は、優雨ナコさんがものすごく弾けた動きしてるところがありますよね。

早桜・小田・フウカナコLOVEダンス!!(笑)

――ああいう動きをする優雨ナコさんを今まで見たことがなかったので、見るたびに笑っちゃうんです。

優雨みんなに笑われてます。

――あれはなんでああいう動きになったんですか?

優雨振り付けの先生に「飛んで」って言われました。

フウカ「ここはナコLOVEさんに踊らせるの!」って言ってました(笑)あと、落ちサビ前は小田が一人で踊ってるのでそこも見どころです。

小田はい。そこは小田が任されました。

優雨あと、最後のサビで4人がバラバラの動きのところがあってそこがすごく楽しい。

フウカ初見の人だとあそこは「えっ?」ってびっくりすると思うんですよ。

優雨「踊り忘れたのかと思った!」って言われた。

フウカでも、今は割と浸透してきて、”優雨ナコフリーズ”ってみんなやってる。「極LOVE浄土」は見どころがたくさんなんですよ。

 

「みんな、大好き!!」現体制クマリデパートの集大成。ソールドアウトの4thワンマンを振り返る

そんなクマリデパートが、今年の総決算的に行ったのが、11月2日(土)に開催された4thワンマン「極楽浄土!おいでよ!こころのデパート!」。4人体制の集大成とも言うべきパフォーマンスをファンに披露したワンマンを改めて振り返ってもらった。

フウカワンマンは2日前ぐらいにソールドして。ちょうどさおてゃんとインスタライブをしてる時に売り切れて、みんなで「おめでとー!」ってお祝いしてました。

――本当にお客さん入ってましたね。

フウカ今まで女の子はあまりいなかったけど、女性限定エリアもパンパンで。こんなに来てくれるようになったんだって思った。

優雨たしかに女の子のファンがすごく増えた気がする。MVを見て知ったって女の子も多くて。

――それまでのクマリデパートは”箱”としての良さが一番目立ってたんですけど、最近は”今日のライブはこの人のここが良かった”って、個人々々のパフォーマンスにも目がいくようになったんですよね。それが今年のクマリデパートの一番の変化で、特にそれを強く感じたのがこの間のワンマンだったかなぁ、って思いました。

一同ありがとうございます!

――で、また優雨ナコさんの話で申し訳ないんですけど、一番最後にステージからいなくなる時に「みんな大好き!!」って言ってませんでした?

優雨…言ってないですよ。

――あれ?じゃあ誰だったんだろう??

優雨振り付けの先生にも「アレ、なに!?」って言われた。

早桜じゃあ言ったんじゃん(笑)

優雨ホントに楽しかったんですよね。あのライブ。

フウカ初めての白衣装も着れたし。

――それを着て「眠れない夜は。」も初披露でしたね。あの曲はみんなびっくりだったと思います。今までのクマリデパートには全くない感じの曲で。

フウカクマリデパートの曲はすごく動くんで、あの曲はあんまり動かないでって言われて。

小田動きを抑えるのが難しくて逆に苦戦しました。

――4人が出てくる前にMVも流れてましたけど、その時のお客さんの声は届いてたんですか?

小田着替えの途中にちょっとだけ見れて、みんなの反応は確認してました。でも、感想がちゃんと聞けたのはMVが公開されてからかな。

――あのMV、ガチ恋のお客さんとかは特に殺されるやつですよね。さおてゃんの笑顔が映るたびに、「うわぁー♡♡♡」って声が上がってました。

早桜(笑)

 

フウカフウカは公園で撮ったんですけど、長いいきれいな棒を見つけちゃって。それをずっと持って撮影したんですけど、MVの最後がその枝を持ったフウカの手で終わるっていう。

早桜それよりも最初の転換の時の映像の方が面白くない?

優雨空手?なんで??っていう(笑)

早桜私、空手の方が好き。

――フウカさんは、空手をやってたんですか?

フウカやってました。でも、すごく恥ずかしかった。

小田その時小田も一緒にいたんですけど、木に向かって型をやってたと思ったら、急に走り出したりして情緒不安定だった(笑)

――すごくシュールでした。

優雨あと、さおが作った映像あるじゃん。あれ、欲しい。

 

フウカあれもさおてゃんがすごくこだわってて。音のハマりが気持ちいいよね。

――あれは何で作ったんですか?

早桜iPhoneのiMovieです。時系列をバラバラにして音をハメて作るのが好きで、思い出をいっぱい詰め込みました。曲が「おいでよ!クマリデパート」だったんですけど、一人ひとり歌うパートがあったのでみんなを紹介する感じで作りました。

――あと、ワンマンで思ったんですが、フウカさんはさらに歌が上手くなりましたよね。

フウカえー!うれしい!!

――最初にやった「極LOVE浄土」は、落ちサビで声が詰まったのかな?って感じがしたんですが、アンコールでもう1回やった時はバッチリ決めてて、すごいなって思いました。

フウカ小田がそこをすごく褒めてくれた。

小田そのタイミングって私は本当は目をつぶってる振りなんですよ。でも、どうしても見たくてちょっと薄目を開けて見たら「はぁ、かっこいい…」って思って。だから何回も褒めちゃう。

フウカせっかくソロでいいところ歌わせてもらってるので、ちゃんと決められるように頑張ります!

 

リリース、新メン、ブリッツワンマン…。クマリデパートは2020年も年明けから全速力で千客万来!

こうして2019年のクマリデパートの出来事を話してもらったが、2020年は年明けから大きなイベントが盛り沢山なクマリデパート。始動は1月2日からのNPP(ニューイヤープレミアムパーティー)からとなる。
クマリデパート内部では、2019年に勢いづくきっかけとなったのはNPPでの”だるま落とし企画だった説”が語られており、来年のNPPに向けてもかなりの意気込みを見せている。

2020年はさらなるステップアップの年となるのか?インタビューの最後はクマリデパートの2020年について語ってもらった。

――2020年に向けての話もしようと思うんですが、始まりは1月2日のNPPからからですよね。

フウカそのために小田とジムに通おうとしてて。

小田そうなんです。NPPから頑張んなきゃ!と思って。

早桜NPPで2020年が決まると言っても過言じゃない!

優雨今年はダルマ落とし要員みたいな感じだったから。

――ダルマ落とし?

小田お客さんがダルマ落としをするのを応援するのを今年のNPPやらせてもらったんです。

早桜私たちよりも売れてるアイドルさんのファンの方に見てもらったり知っていただく機会って、同じフェスに出ててもあんまりないんですけど、NPPの時のダルマ落としがきっかけでクマリデパートとか、「シャダーイクン」を知ってもらえた人が多かったので、今度もダルマ落としやりたいんです!

――NPPの後も、1月28日(火)にアップアップガールズ(2)とのスプリットシングルのリリースと2月28日(金)のブリッツでの5thワンマン。あと、新メンバーの募集もやって…って2020年は最初から大ネタばかりですね。

フウカオーディションは、小田とフウカが入った時のオーディションよりも何倍も応募してくれた人がいたって聞きました。

優雨「シャダーイクン」とか「ココデパ!」とか「極LOVE浄土」とか、今年のクマリデパートの活動を知って、その上でグループに入りたいって思ってくれる子が来てくれたらいいなって思う。

小田一緒にガニ股ダンスができる人がいいです(笑)

早桜小田も先輩になるんだ。

小田今絶対バカにしてきた!(笑)最近、さおてゃんが小田のことをバカにするんですよ。

早桜(笑)

優雨そうだ!小田には「シャダーイクン」にも面白いところがあるんですよ。

フウカ「♪夢の中 抱き合って…」ってところなんですけど、そこはフウカが歌ってみんなは太鼓を叩く振りなんですよ。その時の小田が面白いんです。

――動きがってことですか?

フウカ盗人なんです。

――??

早桜見たら分かります(笑)

フウカめっちゃキョロキョロして、みんなにレスを送りまくってる(笑)

小田そこでできるだけレスを送ろうと思ってるので、小田からレスをもらいたい方はそのタイミングでお願いします。

――では最後に、来年チャレンジしたいこととかありますか?

フウカ次のワンマンが、これまでに比べて急に大きな会場になるので、まずはそこを埋めるのが大きなチャレンジですね。個人的には、自分の中の武器は歌だとって思ってるので、もっと引っ張っていけるように、新メンバーの子が歌が上手な子でも追い抜かれないように、もっともっと頑張りたいです。

――小田さんは?

小田今年バンジージャンプをやったんですけど、それは遊園地の中にある小さいやつだったので、川が流れてるところにあるホントのバンジージャンプをやってみたい。あとバンジージャンプ以外にも、「シャダーイクン」の振りとか、小田にしかできないことを来年はもっとチャレンジしていきたいと思ってます。

――では、優雨ナコさん。

優雨バンジージャンプの後に?(笑)来年はもっと体力もつけて歌も頑張らなきゃいけないから、来年は自分にちゃんと時間が使えるようになりたいなって思います。

――じゃあ最後にさおてゃん。

早桜私、年齢非公開なんですけど、来年成人式なんです…だから…泣きそうになってきた。

優雨なんで??あ、ホントに泣いちゃった(笑)

一同(笑)

早桜(涙を拭きながら)…だから二十歳に変わるタイミングなのでもっとちゃんとしたいなって思うし、成人式で友達とかと会った時にも自信を持っていたいし、新メンバーとかワンマンとか、色々と期待してもらえる環境にいるので、それに応えられるように自分にできることを見つけて頑張りたいなって思います。

――ありがとうございました。2020年のmusiciteもクマリデパートを追いかけられる限りは応援するのでよろしくお願いします。

フウカマネージャーさんに、”山田さんを出禁にすると売れる”って聞いたんですけど本当ですか?

――え?まあ、過去にそれに近い感じのこともあったかもしれないですが…

フウカじゃあ、クマリデパートもそうなれるように頑張ります!(笑)

一同(笑)

 


5thワンマンライブ「ニューヤングパワーマックス5000%特盛レッドヒルブリッツにおいでよ!こころのデパート」
2020年2月28日(金) OPEN /18:00 START/ 19:00
マイナビBLITZ赤坂
座席 オールスタンディング
前売り ¥3000 / 当日 ¥3500 (+1 D)
チケット
楽天チケット https://ticket.rakuten.co.jp/music/jpop/idle/rteqaaa/
イー・プラス https://eplus.jp/sf/detail/3146010001-P0030001P021001?P1=1221

リンク
クマリデパート オフィシャルサイト https://www.qumalidepart.com/
クマリデパート twitter https://twitter.com/qumalidepart

関連記事一覧