「寺嶋由芙とゆふぃすとをよろしくお願いします!」寺嶋由芙がワンマンライブで刻んだアイドルシーンの新たな1ページ

ライブ本編の終了後、アンコールが繰り返される中、ステージにはゆるキャラ写真集撮影時のスライドと松尾モノが作成した「#ゆーふらいと」のアニメーション映像が流され、それが終わると配信番組Showroomのアンケートで決定した「#ゆーふらいと」の衣装で再登場した寺嶋由芙は、Dorothy Little Happyの早坂香美がコレオグラファーとして参加した「ライク・ア・ヴァージン」を披露。
寺嶋由芙とDorothy Little Happyの関係はグループ所属時代に始まり、ソロ活動後もイベントなどでの共演や、@JAMの期間限定ユニットとして高橋麻里と「ユフ♬マリ」の結成、2014年末には寺嶋由芙の自主企画「#ゆっふるーむ フレンズvol.3」では2マンライブでの共演を果たし、この「ライク・ア・ヴァージン」の振りでも端々にドロシーテイストを感じさせる”相思相愛感”を滲ませたパフォーマンスを見せた。

そして集まったゆふぃすとたちへの改めての感謝のメッセージを「やっぱゆふぃすとだなー!」と締めると、ゆふぃすとも即座に「だなー!!!」と返す。そんな何気ないやり取りの一つ一つにも寺嶋由芙とゆふぃすとの親密な間柄は表れていて、そんなゆふぃすとへの想いを表した「だいすき」を歌って、寺嶋由芙はステージを後にした…が、そこで終わってしまうことに満足できないゆふぃすとは「ぜーんぜん!ぜーんぜん!」とコールをステージへ投げかける。もはや寺嶋由芙の代表曲の一つと言ってもいい「ぜんぜん」がまだ披露されていないことは、集まった全てのゆふぃすとが分かっていた。

鳴り止まない「ぜんぜんコール」の中、オフィシャルTシャツ姿で再度姿を見せた寺嶋由芙が、スクリーンを案内するとそこには、ゆるキャラからワンマンライブ開催を祝うメッセージ映像が映された。チーバくん、みっけ、ニャジロウ、くもっくる&ゴロちゃん、パンキング、いが☆ぐりお、ゾンベアー、ジンくん、カパル、オカザえもん、ちょうせい豆乳くん、ササダンゴン、有明ガタゴロウ、ふっかちゃん、そして最後はうなりくん。それぞれがそれぞれの個性を活かしたメッセージで会場を和ませると、寺嶋由芙からこの日最後の重大発表があった。
その内容は、なんと4thシングルでのメジャーデビュー!!ワンマンに集まった人はもちろん、会場に来れなかった全国のゆふぃすとが、次のステップとして思い描いてたに違いないメジャーデビューが遂に実現することになった。
ワンマン開催の直前に決まったという大発表に、ゆふぃすとは再度の万歳三唱で祝福し、発表を終えた寺嶋由芙はステージ上にしゃがみ込んでしまう。

ステージ上ではメジャーデビュー先となるEMI RECORDS中村卓氏からの映像メッセージが流され、寺嶋由芙はデビューのきっかけを作り、その後の制作を担った加茂啓太郎氏、活動を支えてきたマネジメントの飯島氏への感謝の言葉を涙ながらに語り、ゆふぃすとへは「推し増し(=応援するアイドルを増やすこと)だったら許すから…!」と寺嶋由芙としては珍しい寛容な態度でメジャーデビューへの意気込みを語った。

そして寺嶋由芙にとって初のワンマンライブの有終は会場の全員が待っていた「ぜんぜん」で締めくくられた。
ゆふぃすとたちが作ったオリジナルのヲタ芸”パンケーキMIX”のボードがフロアのあちこちで掲げられ、「あー!よっしゃ焼くぞー!粉!水!…」と全力のMIXを上げるゆふぃすとたち。それを浴びながら「ぜんぜん」を歌う寺嶋由芙のパフォーマンスは今まで見たことがないぐらいに力強いものだった。

アイドル戦国時代以降、そのムーブメントを支え、大きくしていった理由が、ファンによる献身的な支援と”ヲタ芸”に代表されるライブでの過剰なまでの盛り上げにあったことは言うまでもない。今やファンのこと抜きにアイドル本人を語られることの方が少なくなってきたほどだ。
そんなアイドルシーンの中で、寺嶋由芙がメジャーデビューへの意気込みを「寺嶋由芙とゆふぃすとをよろしくお願いします!」と語ったことには特別な意味を感じずにはいられない。

このメッセージを文字通り解釈するなら、寺嶋由芙のメジャーデビューは”寺嶋由芙とゆふぃすとのメジャーデビュー”と言うことだ。
そして奇しくもこの言葉は、2014年3月「#ゆーふらいと」リリース記念の自主企画「真面目なアイドルたちの春うらら」で、現在の事務所に所属することを発表した際に、新たなスタッフたちに向けて語られたのと同じ言葉だった。
そして今回繰り返されたそのメッセージはEMIレコーズのスタッフ、そしてメジャーシーンへと送られることとなった。

ソロデビュー以降、わずか一年あまりの短い期間に、日本各地でのライブやメディアへの出演、ゆるキャラとの交流を経て、着実にファンの輪を広げてきた寺嶋由芙。さらに遡ればグループ在籍時、その後のフリーでの活動していた期間も、寺嶋由芙は常にゆふぃすとたちと一緒に泣いたり、笑ったり、ドキドキも、ワクワクも、共有しながらその関係性を豊かに育んできた。そしてその関係は共演者からたびたび憧れや賞賛されていたのも事実だ。

そんな寺嶋由芙がメジャーデビュー発表とともに大成功させた「Yufu Terashima 1st Solo Live『#Yufu Flight』」はアイドルシーンの歴史に刻まれた新たな出来事と言ってもいいのではないだろうか。

また、寺嶋由芙のワンマンライブはここで終わらず4月12日には大阪での初ワンマンライブ「Yufu Terashima 1st Solo Live 『#Yufu Flight』 at Osaka」が控えている。東京での大舞台を乗り越え、メジャーデビューへ向かっていく寺嶋由芙とゆふぃすとたちは、大阪でさらに成長した姿を見せてくれるだろう。

関連記事一覧