musicite(ミュージサイト)はアイドルと音楽の情報サイトです

音楽ニュース

水曜日のカンパネラ 2度目のアメリカライブでJ-POPファンを魅了。観客からのサプライズも

2016年7月22日(金)〜2016年7月24日(日)にアメリカ・サンフランシスコで開催された「J-POP SUMMIT2016」は、JPOPカルチャーを海外で広めることが目的のイベントで、23日(土)フォートメイソンセンターのステージに水曜日のカンパネラが出演した。
アニメやJPOPのファンが見守る中、1曲目の「ナポレオン」のイントロが会場に響き渡る。
しかし、ステージにコムアイの姿はなく、中央のモニターに写し出された彼女は客席後方のNHK WORLDブースに設置された「どーもくん」のモニュメントの後ろから妖艶な羽の仮面を付けた顔を覗かせて歌っている。予想だにしない登場で観客から歓声が上がり、すぐにモニュメントのまわりに観客が集まる。
台から飛び降りると、赤い提灯や龍が這う特製お神輿に乗って、観客をかき分けながら進む。
ステージに到着するとすかさず、2曲目「シャクシャイン」へ。
「雪男イエティ」では、途中ステージから降りて自らの足で観客の中に分け入っていく。
ハイタッチをしたり、座っている観客の目の前に行って踊るように誘う。
このコムアイが取る密なコミュニケーションに、観客も自然と笑顔になっていく。
この枠にはまらないパフォーマンスに、屈強な警備員も最初は驚いていたが、最後は笑顔で警備にあたっていた。
続く「チュパカブラ」では、SXSW2016でも披露されもはやお馴染みとなった、アプリMSQRDを使ってのパフォーマンスを披露。
次々に変化していく顔に合わせ声色を変えながら歌うコムアイの姿に笑いが起こる。
MCでは、今回7月22日の誕生日が丁度サンフランシスコへの渡航日と重なり2回迎えることになったと報告すると、観客から自然と「happy birthday to you~♪」と合唱が起きる。
アメリカらしいサプライズに、コムアイも目を潤ませながら「Thank you so much!!」と感謝を伝えた。
同じく誕生日の観客が2人もいたようで、プレゼントとしてアヒルのフィギュアがなげこまれた。
続く「ディアブロ」のために、「いい湯だね」のコールアンドレスポンスを練習すると、なかなかうまくそろわない。
「違う!”いい湯だよね”じゃなくて、”いい湯だね”!!(笑)」
とコムアイが指摘すると観客も、なるほど!といった感じで綺麗にそろうことができた。
そしていよいよ本番、コムアイは出店ブースから借りたという温泉の顔ハメパネルを使いながら歌う、観客は「いい湯だね!」と応えどちらもばっちりと決まっていた。
そして最後は「桃太郎」。
ウォーターボールがステージに登場すると観客からも「ウォー!!」と歓声が上がる。
コムアイが入り、観客席に投げ込まれるとコロコロと自由自在に転がっていく、ただ、今回のウォーターボールは特別仕様となっていた。中に仕込まれた電飾によってボールに色が付き曲に合わせて様々に変化していく、ピンクに色付くと観客の海原を渡るまさに桃のようになっていた。
中で転がるコムアイも、それを落ちないようにと次々に手渡ししていく観客もどちらも笑顔でパフォーマンスを楽しんでいた。
曲が終わっても、「次はあっちでサイン会があるから向こうまでこれでいくね!またね!」とボールに乗ったまま観客の頭上を客席後方へと流れて行きライブは幕を閉じた。
2回目のアメリカライブは、観客みんなをHappyにさせるパフォーマンスで魅了し、笑顔で包まれたライブとなった。

今後も精力的に海外でも活動してく水曜日のカンパネラは、AppleMusicのラジオステーションBeats1へのインタビュー出演も決定した。
Beats 1 とは、毎日24時間、ロサンゼルス、ニューヨーク、ロンドンのスタジオから世界100か国以上に向けてライブでオンエアされるラジオステーションで誰もが無料で聴くことができる。
今回、EP『UMA』に収録されている楽曲「雪男イエティ」を作曲したアメリカ・ロサンゼルスで活動するプロデューサー・MUST DIE!と共にロサンゼルスのスタジオにゲスト出演し、作曲秘話やコムアイのお気に入り楽曲が紹介される予定だ。
その模様は、日本時間7/27AM9:00〜11:00(現地時間:現地時間 7/26 PM5:00〜7:00)にBeats1「Request」にてOAされる。
更に、今週末7月31日には、台湾で開催されるフェス・SUPER SLIPPA 2016への出演も控えている。
日本でも各地の夏フェスに参加する水曜日のカンパネラ、日本・海外共に枠に囚われない活動に今後も注目して欲しい。

水曜日のカンパネラ 「J-POP SUMMIT 2016」概要

おすすめ

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
PAGE TOP