musicite(ミュージサイト)はアイドルと音楽の情報サイトです

音楽ニュース

黄金時代 “海賊アイドル”がメンバーの姿を解禁。2016年6月26日にラクーアガーデンステージでステージデビュー

メンバーは、安田帆花、葵あおい、七瀬つばさ、柚木れも、日向いちかの5人。
リーダーで最年少の安田帆花は、様々な映画に役者として。また、過去にアイドルユニットでも活動していた経験を持つ、若くして才能豊かな女の子。葵あおいは、アイドルユニットのプロデューサー。自身もついにアイドルとして本格的な活動に打って出ることになった。七瀬つばさは、関西で活動しているソロアイドル。現在も学業との両立から関西から通い続けているが、自身の将来の夢のためにアイドルユニットで自身を磨きあげる決意を持って参加している。日向いちかも、過去にアイドルユニットやソロ活動を経験してきた子。生粋のアイドル好きであり、みずからもアイドルに人生を捧げたい想いからユニットへ参加を決めている。このメンバーの中、唯一アイドル未経験者が柚木れも。得意技がヘドバンというように、強烈な存在感を放ってくれそうだ。

既に告知されているが、黄金時代がステージデビューを飾るのは2016年6月26日(日)東京ドームシケィ内ラクーアガーデンステージにて。
26日当日まで、黄金時代の公式サイト上にあるtwitterボタンを押し、記された内容をツイート。「黄金時代、6/26デビュー」の情報を拡散すると、抽選で5名様に「純金で出来た金貨(24金メイプル)」をプレゼント。さらに、キャンペーンに参加すると「デビューライブ当日にメンバー全員と握手の出来る握手券」を参加者全員にプレゼントする企画が行われている。

海賊アイドルというイメージや黄金時代というユニット名に対するメンバーからのコメント。

安田帆花「今のアイドル界には海賊アイドルって存在してないじゃないですか。しかも海賊って、「奪ってやるぜ!!」みたいな印象もありますよね。だから黄金時代も、「ファンの人たちのハートを奪ってやるぜ!!」という勢いで活動をスタート出来たらなと思っています。漢字四文字のユニット名も、アイドル界では珍しいですからね」

七瀬つばさ「今は個性的なユニット名も多い時代。そういう面では、いろんなアイドルさんたちとは異なる流れの中でインパクトを与えてゆく名前なんだと思います」

葵あおい「大切なのは、その名前をどれだけ浸透させてゆくか。それが認知されたら親しみを持ってもらえると思う。そうするために、私たちがこれから頑張ります!!」

デビューステージで、いきなりラクーアガーデンステージというのも、それだけこのユニットに期待を注がれていることの証拠。黄金時代という名前に相応しい華々しいスタートが切れそうだ。デビューステージへ向けてのメンバーの意気込みは以下の通り

七瀬つばさ「今、歌もダンスも集中した期間の中でみっちりレッスンを重ねています。私、これまでの人生の中で今が一番頑張っている時期なのは間違いないです。その努力を花開かせたいし、何より、初ステージから大きな舞台でライブが出来るように、黄金時代がたくさんの人たちに愛されるユニットになれるように、とにかく今は頑張り続けるのみです!!」

柚木れも「私のアイドルになりたかった夢が、もうすぐ叶います。しかも、いきなり大きな舞台でのスタートのように、恵まれた環境で始められるのは自分でも実感しています。ただし、本当の意味でアイドルとしてのスタートは6月26日から。興味を惹くアイドルユニットとしての印象を最初から与えながら、長く活動し続けたいなと思っています」

安田帆花「デビューから大きなステージで歌わせていただけるのも、それだけ期待してくださっているからだと思うんです。私、このメンバーたちなら一緒に上へ上り続けていける自信や期待があるんですね。それを証明していけるように頑張ります!!」

日向いちか「黄金時代は海賊ポーズというのかな!?、独特のポーズやアクションもいろいろ取り入れてるように、そこもしっかりアピールしていきたいなと思ってる。今言えることは、「期待は裏切らないので、ぜひ観に来てください」ということ。私たちも魅せますから!!」

葵あおい「私、アイドルユニットをプロデュースしている立場とはいえ、一緒に何度か舞台に上がった経験程度で、本格的なアイドル活動は黄金時代からのように、今はプレッシャーも感じているんですけど。黄金時代の魅力は、激しいというか躍動的な歌とダンスだから、そこをしっかりと魅せていきます。もちろん、海賊アイドルとしての煽り方やイメージもこれからどんどん定着させていくので、ぜひ、始まりの日からともに航海へと乗り出し、一緒に盛り上がっていきましょう!!」

おすすめ

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
PAGE TOP