musicite(ミュージサイト)はアイドルと音楽の情報サイトです

音楽ニュース

「東京!!やれるかー!!!」片平里菜がシャウト。Goose houseとの2マンで弾き語りツアーを発表

カバーソングをUSTREAMやYouTubeで配信・アップする人気音楽ユニットGoose houseのYouTubeに片平里菜がゲストボーカルとして参加したことから関係が始まった片平里菜とGoose house。現在も「女の子は泣かない」や「涙色」(西野カナ カバー)の動画を見ることができるが、この2組がそれぞれの故郷でスペシャル2マンライブを行っった。2014年4月26日には片平里菜の地元福島で「片平里菜×Goose house Special Live 〝連休頃に遊びにきっせ」を開催。そして4月29日にはGoose houseの地元東京で「Goose house×片平里菜 Special Live 〝連休頃、遊びにおいでよ」が行われた。

ライブ会場の恵比寿リキッドルームは超満員。Goose houseのホームとなる今回、先に登場した片平里菜。この日は弾き語りスタイルでライブを行った。
「amazing sky」が会場に心地よく響き渡ると観客は固唾を飲んだように片平里菜の声に耳を傾けてイベントのスタートし、「めっちゃぎっしりですね!」と満員の観客に声をかける。

「Hey boy!」では「(観客の)男女の比率がいい感じなので」と男女別にコール&レスポンスにトライ。思わず「かわいい」と片平里菜も漏らした女性の歌声の一方で、男性ファンも低音のボーカルで応える。また4月から始まった自らのラジオ番組「カタコトラジオ」(FM YOKOHAMA)で発表したばかりの新曲「東京の空に乗って」を”ゆるゆるコーナー”と自称してコール&レスポンスを求めるものの「ちょっと難しいですね(笑)」とファンを湧かせる一幕も。

そしてMCでは片平里菜から2014年5月12日の宮城県石巻を皮切りに全国22公演となる弾き語りワンマンツアーを行うことを発表した。しかも最後の7月11日の東京・自由学園明日館でのライブはマイクもアンプもない「完全アンプラグドライブ」になるとのこと。

最後は新曲「Oh JANE」で片平里菜はソロパートを終了。サビの手拍子に合わせて照明が連動する演出が印象的だった。そして片平里菜はGoose houseのメンバーをステージに招き入れてのコラボライブへ。YouTubeでも公開されている「明日への扉」(I WiSHカバー)を披露。ソロライブでは見られないコーラスワークで多層的な世界観を描き出してステージをGoose houseに譲った。

Goose houseは、オリジナル楽曲とカバーのメドレーを織り交ぜたライブを繰り広げつつ、工藤秀平(vo/g)らメンバー同士の丁々発止なMCで会場をさらに盛り上げる。最新シングル「オトノナルホウヘ→」ライブを締めると、イベント中にGoose houseが何度も繰り返した「Goose houseの”O・TO・MO・DA・CHI”」(滝川クリステル風)に呼び出されて片平里菜がステージに再び登場し、ライブ本編の最後を過去にGoose houseのUSTREAMでコラボしたファンキーモンキーベイビーズの「あとひとつ」をカバー。

アンコールでは片平里菜とGoose houseそれぞれのオリジナルソングを披露することになったが、ここでGoose house工藤から最後の煽りを任された片平里菜が「東京!!やれるかー!!!」と予想外のシャウト。その予想外の激しさに工藤も「そ、そんな声出るんだね…」とたじろいだが、客席からはこの日一番の歓声でが上がり、そのままの勢いで「Come Back Home(片平里菜オリジナル)」と「Sing(Goose houseオリジナル)」のコラボレートして2マンライブはフィナーレとなった。

片平里菜の今後は先日発表になった5月9日(金)に広島マツダスタジアムで開催のプロ野球「広島vs中日」戦での国歌斉唱に続いて、今回の弾き語りワンマンツアーの開催と話題が尽きない。さらには5月2日に日本テレビ系「ミュージックドラゴン」、5月4日にNHK「MUSIC JAPAN」、5月5日にテレビ東京「プレミアMelodiX!」メディアにも立て続けに出演予定。

さらには3rdシングル「Oh JANE/あなた」リリース記念イベントが開催中なので、まずはこちらでリリースの盛り上がりを体感しよう。

片平里菜「Oh JANE / あなた」インタビュー
片平里菜「Oh JANE」PV(YouTube)
リリース・ライブ情報はINFORMATION

おすすめ

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
PAGE TOP