musicite(ミュージサイト)はアイドルと音楽の情報サイトです

PIGGSと新型コロナウイルス -それが30人だったとしても…-

PIGGS

PIGGS

――PIGGSの2020年についてもう少し話を聞きたいんですが、今年一番大変だったのはやっぱりコロナじゃないですか。プー・ルイさんもやろうと思ってたことがほとんどできなかったんじゃないかと思うんですけど、その間のみなさんのモチベーションの保ち方はどうしていたんでしょう?落ち込んだりはしなかったんですか?

CHIYO-P私は今までの経験がなくて、コロナの状態でもライブそのものが初めてだったから、できたことが本当に嬉しかったので落ちることはなかったです。

UMI私ももっと先になると思ってたんですよ。ライブができるのが。年末ぐらいの時期に初めてできるぐらいの感じだと思ってたら、結構早い段階でやらせてもらえて”え?やったー!”って気持ちの方が大きくて。

SHELLMEこんな本数ライブできると思ってなかったし、ツアーとかも当分は無理だろうなって思ってたから、それに対してモチベーションは…モチベーションが落ちる?

――コロナで鬱っぽくなっちゃう人もいるじゃないですか。

SHELLMEコロナのせいでのそれはないです。

――車中のケンカとか、そういう別の理由なら?

SHELLMEそうですね(笑)それでも鬱にはならないですけどね。自分が悪いんで。コロナの影響でのどうちゃらっていうのはなくて、私はライブはしたことあったんですけど、マイクを持たせてもらったことがなくて。ヘッドセット?でライブをやっていたので、とにかくマイクを持って歌って踊るっていうことに憧れがあって。ステージに立てた時はそれだけで”うわー!”みたいな感じだったし、あと自分たちを見に来てくれるお客さんがいたことなんてなかったんですよね。例えそれが30人だったとしても、私たちを見に来てくれてるところでやらせてもらえるっていうのがすごいモチベーションになりました。

BAN-BAN私も初めてすることばっかりだから、この活動がコロナのせいでお客さんが声が出せないとかで嫌だなって思うことは全然なくて、今でもこんなにライブが楽しいのに声が出せたらどうなるんだろう??みたいな。むしろ未来に対するワクワクっていうのもあって、落ち込んだりとかは全然なかった。

――プー・ルイさんはどうでした?

プー・ルイ2019年にデビューしちゃってたらモチベーションも下がったと思うんですけど。ライブがいっぱいあって声も出せて…っていう。それを知らずにスタートしたグループなので、そういう意味ではこっちが日常だから良くなる未来しかないっていう状況なのは…コロナがいい訳じゃないけど始動のタイミング的にはよかったのかな?と思いますね。知っちゃってたら声が出せなくなるのは寂しいじゃないですか。

――でも、それで言ったらプー・ルイさんはコロナの前を知ってるじゃないですか。

プー・ルイそうですね。最初は結構やりにくいなっていうのはありましたけど、でも逆に久しぶりにライブができる喜びとかもあったし、PIGGSになってからの方が”ちゃんとステージしよ”って思う気持ちが強いから(笑)、あんまり気にならないですね。

――前はそういうことではなかった?

プー・ルイ前の映像とか見ると、”もうちょっとちゃんとライブやればいいのにな”って思いますね。移動のタイミングとかで間抜けな顔してる時とかあるんですよ(笑)今は時間があるからたくさん練習もできるし、10年やってますけど自分の技術を上げるのも楽しいなってやっと思えるようになりました。前はそういうのじゃないところで追われてた…精神的にとか。そういうちゃんとしたところに楽しさを見つけられるようになりました。

――やっと真っ当なアイドルになれたんですね(笑)

プー・ルイそう。真っ当な。でも、両方やりたかったんですよ、ホントは。歌も上手くなって、ダンスも上手くなって。ステージもかっこいいけど、エモいのもあるみたいな。両方あるアイドルやりたかったから、そういう意味では一番楽しいです。

――両方やれてるってことが。

プー・ルイそうですね。エモを極めてた時は歌は被せだったりとか、逆に歌の強いチームにいた時はユルく頑張ろうみたいなテーマだったから、その両方が共存してたことが私の活動の中にはなくて。両方できたらすごくかっこいいなって。感情を爆発もするし、でもちゃんと技術もある…って一番難しいですけど。

――PIGGSが配信ライブをあまりやらなかったのは意図的に?

プー・ルイ配信ライブは配信ライブ用のことをちゃんとやらないといけないんだろうなって。最近は有観客ライブの無料配信はやってるんですけど、配信ライブでそれを売るっていったら、ちゃんと演出とか照明とかもそれ用のものを入れないといけないと思うけど普通にお金がなくて(笑)

――ライブハウスでやってる様子をただ流すってことにはそれほど価値を感じてない?

プー・ルイないと思います。見てて楽しいと思わないから。ちゃんと凝ってるグループのはかっこいいなって思いますけど。例えばりなはむ(苺りなはむ。現CY8BER。初期BiSのオリジナルメンバーでもある)の武道館を発表したやつとか、新しい学校のリーダーズさんとかがやってるぐらいのやつだったらいいなって思うんですけど、ライブハウスで配信というよりは、少人数でもお客さんを入れてできるんだったらそっちをやればいいんじゃない?って思うタイプですね。

――だったら配信よりもYouTubeや別のことをやった方がいい?

プー・ルイそうですね。やっぱりライブって人がいて成立するものだから。初ライブはそれが良かったっていうのはありますね。

 

”もっとやれる!もっとやれる!” -プー・ルイが戦ったPIGGS最初の大舞台-

――徒歩ツアーファイナルのO-westの感想を一言ずつ聞かせてもらえますか。

CHIYO-P私は前日の横浜で大コケしてたので、取り返すのもそうだしこれまでの集大成を見せないと歩いてた意味とか、歩いてた時に考えてたこととかも意味がゼロになっちゃうから、横浜ではすごく落ちたんですけど気持ちを切り替えてツアー中に学んだことを全部、ダンスとか歌を通して伝えられるものをしようと思って挑みました。自分の中ではまだまだできた気がするし、あれで満足しちゃったらホントにそれ以上にはいかないから、もっともっと成長できるように頑張ろうってまた強く思えたライブでした。

UMI私もツアーの最後だったっていうこともあったし、O-westは3日連続でライブをさせてもらった最後の日だったので、体力的には限界を超えてたんですけど集大成を見せてないとって気持ちは負けてなかったし、今まで地方でやってきた倍以上の人たちが見に来てくれて、配信もあってさらにもっとたくさんの人が見てくれる、って思ってライブをしたので、そこの気持ちは絶対に負けないぞって思ってやったライブだったし、すごく楽しかったし、あれよりもいいものをもっともっとこれから出せていけたらなって思いました。

SHELLMEツアーの最初が大阪だったんですけど、自分的には最悪というか。気持ちをしっかり切り替えてやろうとは思ってたんですけど、もちろん納得いくものにはなってなくて。そこからの道中で自分の覚悟とか必死さをとにかく出さなきゃって思ってたので、ファイナルだけじゃなく一本々々大事にしてやろうっていう気持ちがより強くなっていた中でのさらにファイナルだったんで、とにかく必死って感じ?前日の横浜もCHIYO-PのMCがどうちゃらとかの前に自分はもっとやれたなみたいなところがあったので、ツアーをやってきた意味をもっとより強くするためにファイナルをすっごいいいものにしなきゃって。あと配信もあったから、たくさんの人に次のライブを見たいとか、ここに来なかった人を後悔させなきゃいけないって思って。コロナとかで来れない人はしょうがないんですけど、”PIGGSから目を離しちゃダメだ”みたいな感じを絶対思わせる気持ちと、あとは自分の覚悟を出さなきゃいけないって思いでファイナルは臨みました。でも、次のO-eastのこともあるから、ここでコケたら絶対に人は来ないから、っていうのもあってとにかく必死にやったって感じでした。

BAN-BAN私にとってファイナルの前まで、いいライブっていうのは自分が気持ちを込めて歌えたか、踊れたか、表現できたか、っていう方にいっちゃってたんですけど、でもそうじゃなくて、ライブをするのは見てくれてる人のためだなっていうのを前日にすごく思って。だからファイナルは、見てくれてる人のためにやろうって気持ちを強く思ってやりました。あともちろん、ツアーファイナルを楽しもうって気持ちもあったし、最高なライブをしないと全然ダメっていう…最高なライブじゃなかったら最低だ、みたいなそういう気持ちでやってて。あとは、プーちゃんのMCとか聞いて、ライブ全体を通して全部やり終えて、PIGGSに対する気持ちがすごく強くなったし、覚悟は元々決めてやってたけどそれがさらに強くなった感じでした。

――プー・ルイさんは、O-westのツアーファイナルはいかがでしたか?

プー・ルイO-westは…不安でしかなかったです。

――不安?

プー・ルイ絶対に決めないといけない?そういう場面ってあるじゃないですか。人生のタイミングとして、ここだけは絶対に決めなければいけない日。PIGGSにとっては確実にそれの第一回目というか。今までも初ライブとか色々あったけど、その中でもダントツで今後に関わるものではあったし、あとメンバーに1,000kmも歩かせちゃってるし、最後にしくったらそれこそ歩かせた意味も本当になくなるから…不安でした(笑)私、あんまり不安になることないんですけど。

――過去を振り返ってこの間のO-westと同じぐらい不安になったことってありますか?

プー・ルイないです。初めてかも。PIGGSになって思ったのは、メンバーってお気楽だなって…メンバーを前にして言っちゃダメだけど(笑)すげぇ気楽だったんだなっていうのは日々思ってて。周りがどれだけ用意してくれてるかとか、どれだけ人が関わって、どれだけのお金が動いてっていうのはメンバーだと分らないじゃないですか。でも、今は全部見えてる状態で、しかも絶対に決めなければいけない日って、メンバーだった時期とはプレッシャーが段違いで大変でしたね。押しつぶされそうでした。

――他のメンバーさんから見てプー・ルイさんのそんな様子は伺えましたか?

BAN-BAN直前までずっといっぱいいっぱいって感じが出てました。

SHELLME走り回ってたよね。ライブ前に。

プー・ルイ私も自分のことやメンバーとのことに集中したい。MCの確認とか。だけどそれ以外にやることめちゃめちゃ多くて。”プー・ルイさん、こっち来てください。”とか、確認を全部やらないといけないから。でも、それはツアー中で分かってたんでなるべく早く進めてたけど、それでもファイナルはやることが多くて。それでよりてんてこまいになってました。だけど”やるしかない!”って感じで、ライブ中は自分と戦ってましたね。”もっとやれる!もっとやれる!”って。で、やった結果があんな感じ(笑)

――いやいやいや、最高だったんじゃないですか?

プー・ルイでも終わった後は本当に余力がない感じでしたね。ぺたんって。初めての感覚でした。

――そういう感じになるプー・ルイさんって、今まであんまり印象になかった気がします。

プー・ルイないですよね?私、結構平坦なテンションなので。

――飄々としてるというか。

プー・ルイ自分でもそう思ってたから意外でした。で、サキちゃん(カミヤサキ)と会って号泣するっていう(笑)

CHIYO-P過呼吸になりそうだった。

プー・ルイだから決意を込めたライブでしたね。あのMCをするっていうのは逃げられないから。

――プー・ルイさんが新しくアイドルを始めました。PIGGSっていいます。このメンバーです…っていう風に今年1年かけてやってきたと思うんですけど、果たして何のためにこのグループを作ったんだろう?っていうことについては案外ぼんやりしてた印象があったんですよね。

プー・ルイでもそこは迷いもあって。私のやりたいことにフォーカスを当てすぎちゃうと、結局私のグループになっちゃうとか。今までもそうでしたけど、”武道館に行きたい”とか、”横アリに行きたい”とか?…だけどそれは今一度宣言しないとダメだなとか。そういう気持ちはあったけど、でもそれができない自分もいたんですよね。それはメンバーに対しての信頼とかもあったと思うんですけど…でも、徒歩ツアーで覚悟を決めたというか。

――そのための徒歩ツアーだった?

プー・ルイ結果としてですけど。

――もし、そこで覚悟が決まらなければあのMCにもならなかった?

プー・ルイならなかったと思います。自分の中で言おうと思ってたことは何個かあって、ギリギリまでどれにしようって決め切れてなかったです。

――でも…あのMCは普通に泣いちゃいましたね。

一同(笑)

プー・ルイ昔を知ってる人はそうかもしれないですね。

――周りにいる大人の目の色が変わった瞬間だったと思います。

プー・ルイ(笑)でも、そういう人をこれから増やしていかないといけないし、それはメンバーにはよく言ってるけど本当の意味ではまだ分かってないんだろうなっていうのはありますけど。メンバーが頑張れることもあるけど、アイドルって成り立ち的にどれだけ周りの人を狂わせられるかが勝負だと思うから。そういう意味ではまだまだだなって思うところもあるけど、これからだなってポジティブな意味でも思うところではあるから、いい意味では完成はしてないし、ムラがあるから。実は今O-eastを直前にしてるけど結構マズいんで。空気が(笑)

――あ、そうなんですか?

プー・ルイあと3日でO-westよりギミックがない中で、すごいものを見せなくちゃいけないからより難しいんだけど…

――ちなみにMCで言った”あの場所”っていうのは武道館?横浜アリーナ?

プー・ルイ武道館はぶっちゃけ立ったことがないから現実味がないんですけど、横アリの方が立ちたいなっていうのはあります。キャパで言ったら横アリに立てれば武道館も立てるから(笑)武道館はいつかメモリアルな感じで立ちたいですよね。色んな人の屍の上に立つっていう。”死んでいった人”が何人もいるんで(笑)

――プー・ルイさんの武道館を見るためにその人たちも生き返ってくるかもしれない。

プー・ルイたしかに(笑)そうなったらいいですね。

 

「明るい未来しか見えてない」by BAN-BAN -PIGGSが語る2021年-

――では、最後に2021年の抱負を一人ひとり聞かせてもらえますか。で、最後はリーダーのBAN-BANさんに…

プー・ルイほら、言ったじゃん。リーダーは大変だよって。

一同(笑)

BAN-BANはーい。

――CHIYO-Pさんからいきましょうか。

CHIYO-P私、PIGGSのCHIYO-Pになって。初めてのことをたくさんして、学んだこともたくさんあったので、来年は失敗したこととかを活かして、PIGGSをより大きなものにしていきたいです。自分としては他人に優しい言葉もかけてもらうと自分もそれに甘えちゃうし、そういうところとか、もっと大人な人間になれるように努力していきたいです。

――具体的にやりたいこととかありますか?

CHIYO-Pライブをもっといっぱい経験したいです。コロナがどうなるかは分からないんですけど、新しいライブの形とかを早く見たいですね。声出しとかもある状態も見たいし、まだまだやりたいことがいっぱいあるけど、もっと大きいところでやれるようなグループになりたいです。

――UMIさん。

UMI私は個人としてはさっき言った課題を早急にクリアできるように自分で分析とかもちゃんとやって、っていうのと。グループとしてはやさっきプーちゃんも言った武道館とか横アリに一歩でも二歩でも三歩でも行けるところまで行って、ライブの本数とか経験とかもたくさんして、”PIGGS、横アリ行けんじゃない?”っていうところまで行きたいし、あとは…私…あの…メジャーにも近づきたいなって思…い…ます。

――プー・ルイさん、顔色伺われてましたけど?(笑)

プー・ルイ気にしなくていいよ。自分がやりたいことだから。

――メジャー・デビューってことに対して憧れがあるってことですか?

UMIあります。ランキングとかもCDを出したら10位以内には入りたいって思う。

プー・ルイマイクに向かって言っときな。”メジャーのひとーっ”って。

UMI「お願いします。PIGGSです。お願いしまーす」

――言霊じゃないですけど、言葉にすることって結構大事だと思いますよ。

プー・ルイそうですよ。だって武道館だってね…

――目の前までは行きましたからね。

プー・ルイ最初は”武道館(笑)”みたいな目標だったけど。

――それを聞いて本気になる周りの人たちもいたりするから、言っておくことの価値はあると思いますよ。

UMIはい。以上です(笑)

――SHELLMEさん。

SHELLMEはい。今年はずっといた事務所も辞めて一回ゼロになって。で、PIGGSに入って、ダメなところ?仕事面でも自分の人間的にも直した方がいいところとかが分かって。それをもっと具体的に形にしていって、グループのため…それが自分のためにもなると思うんですけど、そのために動ける?難しいと思うんですけど少しずつでも毎日々々こうした方がいいかな?ああした方がいいかな?とかを工夫してみながら2021年はそういうのをちゃんと行動に移したい。覚悟を決めたんで、その覚悟でみんなの信用を取り戻せるようにしていく。あと、徒歩ツアー中にZepp Nagoyaを外から見たんですけど、自分がステージに立つ立場になって見たら”こんなにデカかったっけ!?”って思って。でも、”ここ、めっちゃ立ちてー!”っていう風にも思って。だからまず段階を踏んでいくっていう意味でもZeppとかに立ちたいって思ったし、そのためにO-eastをなんとかしなきゃって思ってて。とにかく来年はもっといいライブにしていくことと、個人的にはグループのために…例えば自分はダンスが得意だからダンスとかでグループのためにできることを見つけたりしていきたいなって思います。

――プー・ルイさん。

プー・ルイ2021年の目標は…社長としてはもっと余裕を持ちたいです(笑)

一同(笑)

プー・ルイホント、手一杯なんです。精神的に。私がそっちに手一杯になるとメンバーに寄り添う時間がなくなって…そういう面ではまだメンバーを信頼できてないというか(笑)今もたぶんそうなんです。私が一週間メンバー以外のことに気を取られてたから…私がもっと早く手を打ててればこんな直前に大変なことになってなかったと思うので。だから、グループのためにも余裕を持ちたいですね。やってみて分かったんですけど、メンバー兼社長とかスタッフとかは厳しいですね(笑)助けてくれる人が今はいるからまだ回ってるけど、それでも今度はその人たちが今死にそうになってるんで。来年は死人が出ちゃうから、生き抜くために余裕を持ちたいなって思います。

――グループの活動としては?

プー・ルイグループの活動としてはもっと死にたい。徒歩ツアーで久しぶりに生きてる感じがしたんですよね(笑)

――もはやマゾですよね(笑)

プー・ルイもうちょっとキツくてもいけたかも?って。期間が長かったからダレた部分とか体力的に余裕があったと思うんですよ。別にいっぱい歩くとかじゃなくてもいいんですけど、死を感じながら生を感じたい(笑)…っていうのは2021年もまだやらないといけない時期だと思うので、何かやりたいなって思ってるけど…募集しまーす。

――用意しているものはあるんですよね??

プー・ルイでも、色んなところがやりすぎてハードルも上がってるから。100kmマラソンとか、24時間ライブとか、無人島脱出とか…結構やられてはいるからなかなか難しい。何かあったら教えて下さい。

――分かりました。

プー・ルイドーバー海峡横断とか、ムカデ競争で日本横断とか、そういうことになっちゃうから。

――せっかくYouTubeチャンネルがあるので、そこも使えて何かできたらいいですよね。

プー・ルイやりたい。死ぬ一歩手前を来年もやりたいなって思うんですよね。

――分かりました…ってそれでいいのかな?(笑)

プー・ルイでも、そこで学ぶことがあるから。なんだろ…いうて女の子って雑魚だと思うんですよ。私も自分に甘いから。追い込まないと考えないとか。追い込まれないと…っていう部分は絶対あるから、アイドルっていうのは。色んなアイドルを見ててもそれは思うし。そういう意味で2021年でその追い込みは終えられるといいなと思います。そこに変な負荷を掛けないでもかっこいいものに行く時期っていうのは絶対やってくるから…

――単純にキツいことやってるから面白いでしょ?ってことではなくて、自分たちが何かを見つけるためにやらなきゃいけない?

プー・ルイまだそれが必要かな?って。2021年は。

――では、最後はリーダーにカッコよく締めてもらいましょう。

BAN-BAN私は2021年、真のリーダーになりたいです。今話を聞いててちょっと思ったんですけど、やっぱりプーちゃんがいないとできないことが多くて。だからプーちゃんがもっと伸び伸びできるようになるには4人がもっと頑張らないといけないから、そういうところでもっと成長しなきゃいけないと思うし、あとはグループとしてはどこまでも上に行きたい。例えばこのぐらいの時期にこのぐらいのところに行く、っていうのはスタッフさんとかと話してて決めてたりすると思うんですけど、毎回そのライブをしたりとか、企画をしたりするたびに、”あれ?もっと行けるんじゃないかな?”みたいな。どんどんそれを覆せるぐらいのものを出して、どんどん上にいきたいでーす。私はすごく前向きなので、明るい未来しか見えてないんですけど、みんなも明るい未来しか見えなくなるような行動をしたいです!

(Nextページ PIGGSフォトギャラリー)

1

2

3

おすすめ

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
PAGE TOP