musicite(ミュージサイト)はアイドルと音楽の情報サイトです

COLUMN

「二十四時間四六時中」がZeppのトリを飾った日 -「限界無限大ツアー2021」ファイナル@Zepp DiverCity(TOKYO) –

クマリデパート

もう一ヶ月以上前のことになってしまいましたが、2021年11月5日(金)にクマリデパートのツアー「限界無限大ツアー2021」のファイナル公演がZepp DiverCity(TOKYO)で開催されました。

今回のツアーは、大阪、愛知、宮城、福岡、北海道、栃木、新潟、そして東京と全国8都市をまわるクマリデパートにとっても過去最大規模のツアーです。昨年から続くコロナ禍を吹き飛ばすような勢いがいよいよ本格化してきたクマリデパート。春にはLINE CUBE SHIBUYAでのワンマンも大成功を収め、今回のツアーファイナルではついにZepp DiverCity(TOKYO)でのワンマンを迎えるところまでやってきました。

今回はどんなライブを見せてくれるんだろう?と期待度ケン%で会場に入って最初に目に飛び込んできたのはステージセットに組まれたクマ型のトラス(←でかい骨組みのこと)。前回のワンマンでもお目見えしましたがこのクマちゃん型のトラスはワンマンのシンボルになりつつあるようです。

ナイスな客入れBGM(←MEGとかShiggy Jr.とか最高!)に耳を傾けながら開演を待っていると場内が暗転していよいよライブがスタート。

前回のワンマンは意表を突く「限界無限大ケン%」からの始まりでしたが、今回は安定安心の「おいでよ!クマリデパート」がオープニングナンバー。ライブが始まるまで気づかなかったのですが、アーチ状になったクマ型のトラスに這うようにスポットライトが並んでいて、曲中のソロパートになると全てのライトがメンバーカラーに変わって一斉照射されるシーンが度々見られました。しかもそのタイミングが毎回曲とバッチリ合っててびっくり。

いくらワンマンライブとは言え、会場を使ってのリハーサルは当日しかできないのが普通。それでも当日の短時間の間に合わせてくるライブ制作スタッフの技術、そしてクマリデパート運営のツアーファイナルに懸ける意気込みがビシビシというのが伝わってきます。

序盤の5曲を終えた少し早めのタイミングで最初の転換。そこではツアーの振り返りトークと、もはやクマリデパートのワンマン恒例(?)となった謎映像「クマリデパートの日常」が流されました。

全国ツアーで美味しいものを食べ過ぎてしまった楓フウカ。新人メンバーの山乃メイ、七瀬マナには水しか飲ませないという傍若無人ぶり。そんなフウカに業を煮やした小田アヤネ、優雨ナコ、早桜ニコはダイエットを要求。摂取したカロリーを消化すべくダイエットに勤しんだ結果、クマリデパートはさらなる進化を遂げるのであった…。

シナリオもさることながらあまりにシュール過ぎる世界観は、新しめのファンの方がついていくのは大変かもしれませんが、ここはなんとか乗り越えてほしいところ。

ただ、この映像は次の曲への振りもになっていて、映像の最後に「シャキーン!」とクマリメンバーがクラスチェンジ(新衣装)すると、その姿のままステージに再登場し2022年1月リリースの新曲「あみだ☆ふぉーちゅーん」を初披露となりました。

これまで新曲のリリースの度に様々なミュージシャンとのコラボレートしてきたクマリデパートでしたが、今回はMOSAIC.WAVとサクライケンタ氏のがっつりコラボ曲。聴けば相性がいいに決まっているMOSAIC.WAVとクマリデパートの組み合わせですが、それでもリリースの度に「今度はこうきたかー!!」と思わせてくれるクマリチームの視野の広さと目の付けどころに毎回感服させられます。「あみだ☆ふぉーちゅーん」は2022年の年明けとともにクマリデパートの新境地が開拓されそうな曲なのでリリースが今からとても楽しみです。

その後に続いたソロ曲メドレーはやや変化球なセットリストに思えましたが、このツアーファイナルに至るまでの地方公演でもソロコーナーが披露されていたそうで、言わばこのパートはツアーの集大成版ソロメドレー。Zeppという大舞台の中にもツアーのコンセプトも外さない芯の通ったライブクリエイティブでした。

「さおてゃんだよ〜」を歌うさおてゃん

ただ、ソロコーナー最後の「さおてゃんだよ〜」はそんなテーマを超越する破壊力があり、サビの”エンドレス・さおてゃんだよ”を聴くと未だに別の時空に持っていかれるトリップ感を味あわせてくれます。クマリデパートは時々こういう”試練”を確信犯的にファンに突きつけてくるので気をつけないといけません。

やがてライブも後半、畳み掛けるようなキラーチューンが会場のボルテージも爆上がりでしたが、個人的にお気に入りな「恋のハッピーチョモランマ」もその中に組み込まれていたので大満足。以前twitterにも書いたのですが「YESモチFEVER」や「恋のハッピーチョモランマ」のような”おめでたい曲”を恥ずかしげもなく全力でパフォーマンスできるクマリデパートは本当に素晴らしいです。

アッパーカットをする七瀬マナ(「恋のハッピーチョモランマ」より)

あとこれは個人的に思ってることなのですが、クマリデパートライブは前の曲のアウトロから次の曲のイントロまでの間が絶妙すぎるのです。「シャダーイクン」や「愛Phone渋谷」の入り(はいり)なんかは典型的ですが、アウトロの余韻からコンマ何秒ぐらいの間に脳内を駆け巡る「あの曲くる!?マジきそう!!キター!!!!」の快感に今まで何回悶絶させられたことか…。

ただ、この日の「せかいのおわりの物語」からの「シャダーイクン」への流れはDJ用語でいうところの”ブッコミ”だったので余韻を感じる間もなかったのですが、”それもアリ”にしてしまうのが今のクマリデパート。さらにそこから「限界無限大ケン%」へつなぐサクライx玉屋曲2連発で締めくくった文句なしの本編でした。

そして、ほどなくしてアンコールとなりましたが、その1曲目はこの日2曲めの初披露曲「これから」でした。「これから」は「眠れない夜は。」を彷彿させるノスタルジックなミディアムバラードでしたが、「これから」も本編で披露した「あみだ☆ふぉーちゅーん」と一緒にリリースされるとのこと。

「これから」を歌い終えると6人からファンに向けて一人ずつメッセージが語られました。こういう場面でメンバー一人ひとりの口からクマリデパートの”これから”について前向きな言葉が聞けるのは本当に大事なことで、耳を傾けているファンが「これからもずっと応援するぞ!」という気持ちをどれだけ固くしてくれるか分かりません。

銀テープが舞うZepp DiverCity(TOKYO)

そんな6人からのメッセージが終わるとライブはアンコールの有終を飾る「アンサー!!」を披露。曲中に舞う銀テープを見ながら、「今回もいいワンマンだったな…」とライブを見届けようとしたのですが…あれ?終わらない?あれ?もしかして!?…と思っていると、先ほども書いた絶妙すぎるタイミングで”あの曲”のイントロがZepp DiverCity(TOKYO)に轟きました。

”あの曲”というのはそう!「二十四時間四六時中」です!クマリデパートのデビューシングル「クマリデパート1」に収録されている最初期曲のあの「二十四時間四六時中」です!!

クマリデパートを取材で追いかけ始めてから今に至るまでの間、数々の名曲が生み出されて来ましたが、その当初からずっと”クマリデパートで一番好きな曲”と言い続けてきたのがこの「二十四時間四六時中」でした。

僕は、恋心が芽生えた瞬間の衝動を歌っている曲が無条件で大好きでクマリデパートの「二十四時間四六時中」はそのど真ん中な曲です。歌詞に出てくる…

二十四時間四六時中 頭の中がいっぱい
責任とってくれるの?ねぇ?あぁもう限界!

君に会いたい君に会いたい
いますぐ走り出せ

こころが踊る 笑顔を見たい
大好きだから

とか聴いているだけでドキドキワクワクが止まりません。

こういう曲こそアイドルに歌って欲しいと常日頃から思っているし、このツアーを締めくくるタイミングで披露される「二十四時間四六時中」は、各地のライブでたくさんの出会いを重ねてきたクマリデパートとファンのお互い気持ちすら表しているように感じました。

かつて持ち曲が少なかった頃の「二十四時間四六時中」はライブの定番曲の一つでしたが、最近はセットリストから外れることも出てきました。なのでアンコールで「アンサー!!」が始まった時は内心「あ、今日は二十四時間やらないのか…」と思っていましたが、その直後に流れ出したイントロを聴いた瞬間の感動は紛れもなくこの日の最高到達点。しかも、あの「二十四時間四六時中」がツアーファイナルのトリを飾る曲になったという喜びがその感動に拍車をかけていました。

そう言えば、TSUTAYA O-EASTで開催された6thワンマンの最後に披露された「いくじなし」も「二十四時間四六時中」と同じ「クマリデパート1」に収録されている最初期曲。そのことについてライブ後のクマリデパートの公式twitterから…

「この曲が似合うグループになれるように成長するまでやらないって決めていた」

というツイートがあり、その背景については当時のレポートにも書き記しましたが、その時と同様に自分たちのルーツとなる楽曲を最高で最強の場面に満を辞してぶつけてくるクマリデパート。

そうした姿勢を見せつけられると、”クマリデパートは裏切らない。クマリデパートは推しても大丈夫”という信頼感すら芽生えてきます。多くの人がクマリデパートの現場を”多幸感”と評していますが、それはクマリデパートとファンが作ってきた信頼の輪が少しずつ広がっていった結果なのではないでしょうか。

クマリデパートが好きで良かった。「二十四時間四六時中」を推しててよかった…。

終演後にライブの余韻に浸っていると、場内にはツアーの終わりを惜しむようにケツメイシの「夏の思い出」が流れていました。ありがとう、クマリデパート。今日の「二十四時間四六時中」のことだけでこの先20年ぐらいは美味しいお酒が飲めそうです。

そして、来年も素敵な夢を見させてください。

(photo by Jumpei Yamada)

クマリデパート「限界無限大ツアー2021」ツアーファイナルセットリスト
2021年11月5日(金)@Zeep DiverCity(TOKYO)
1.おいでよ!クマリデパート
2.愛phone渋谷
3.YESモチFEVER
4.Furniture Girl
5.極LOVE浄土
6.あみだ☆ふぉーちゅん(新曲)
7.ちゅるちゅる☆革メイ(山乃メイ)
8.時々ドキっと☆栃木(楓フウカ)
9.HELLO HELLO(七瀬マナ)
10.Who are YUU?(優雨ナコ)
11.オーダーメイド(小田アヤネ)
12.さおてゃんだよ~(早桜ニコ)
13.ピアノ
14.サクラになっちゃうよ!
15.ネコちゃんになっちゃうよ~
16.恋のハッピーチョモランマ
17.SUN百6じゅ~GO!日ッチ☆
18.せかいのおわりの物語
19.シャダーイクン
20.限界無限大ケン%
en1.これから(新曲)
en2.アンサー!!
en3.二十四時間四六時中

おすすめ

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
PAGE TOP