musicite(ミュージサイト)はアイドルと音楽の情報サイトです

音楽ニュース

GANG PARADE 改名後初そして現体制最後のワンマンライブ。水着姿のアンコールで武道館ワンマンを宣言

POPからの改名後、初のワンマンライブを迎えた”ギャンパレ”ことGANG PARADE。ワンマン直前のインタビューでシグサワアオがは「今までやったワンマンはライブ以外の注目ポイントがあった」と語っていたが、渋谷WWWはフロアの最上段までファンで埋め尽くされていた。

暗転した会場にGANG PARADEメンバーが登場すると大きな歓声が上がり、「QUEEN OF POP」でライブはスタート。イントロとともに明るくなり目の前いっぱいに広がったファンの姿を見た瞬間の”これぞ破顔!”と言いうべきカミヤサキの笑顔が印象的だった。

この日のワンマンは、「盗られそう」「Too Misery」といったプラニメ時代の楽曲を含む持ち曲を全て披露。一曲々々に幅広い個性を放つGANG PARADEのライブはどの瞬間を切り取っても”全力”という言葉がよく似合う。
ファンのMIXや”イェッタイガー!”がキレイにハマる「Daydream」もそうだが、振り付けも日を追うごとに少しずつアップデートされ、ライブは常に”ギャンパレの今”が詰まっている。

2015年のTIFでの2日目の出演キャンセルからのカミヤサキ活動休止〜復活、ライブ中のリフト・モッシュ禁止宣言、そしてギュウ農フェスを始めとする山あり谷ありでの大活動は、いつも先が見えない瞬間の連続だったが、いつしかその一瞬に全てを注ぐ姿勢がGANG PARADEのスタイルにもなってきたようにも見える。

フロアの一角に今回初めて設置された「女性限定エリア」。そこも多くの女性ファンの姿があり、正直「いつの間にこんなに女性ファンが?」とも思ったが、ギャンパレのこれまで活動に対する一つの”答え”がそこに表れていたように思えた。

そんなギャンパレのステージにファンのテンションはライブ後半になっても落ちる気配は全く見せず、「UNIT」ではシンガロングが起こり、「Plastic 2 mercy」でも「まだ足りない!!!」と大絶叫。「Happy Lucky Kirakira Lucky」を終え、「以上、わたしたちGANG PARADEでした!」とメンバーがステージを去っていった時は”え?もう終わり?”と思ってしまうほどに過ぎていったひとときだった。

本編終了後、やまないアンコールの中に戻ってきたのはヤママチミキ。次に披露するヤママチミキ作詞の新曲「これはきっとaventure」の紹介に耳を傾けつつも「他のメンバーは?」という雰囲気が漂っていたが、残りのステージに駆け出してきた瞬間、客席からは女性ファンの「キャーーーー!!」という悲鳴にも似た歓声が響いた。

なんと登場してきたメンバーは全員水着姿!衣装だったヤママチミキも水着に早替えし「YEAH!YEAH!YEAH!YEAH!YEAH!!!」とステージを駆けずり回った。

“夏+ライブ+水着”と三種の神器を手にして無双モードに突入したギャンパレは、アンコールで「これはきっとaventure」「Letter」を披露すると、2016年11月13日に新宿BLAZEでのワンマンライブの開催、そして11月8日に2ndアルバム「Barely Last」のリリースを発表。

嬉しいニュースに湧き上がるファンを前にしたギャンパレは、ユメノユアが一人ステージ前方に進み出て、「WE ARE the IDOL」を作詞の背景となった、自らがアイドルに憧れ、現在アイドルとして活動している想いを語った上で、グループとしての目標を日本武道館でのワンマンライブに置くことを宣言した。

これまで刹那的な道のりを歩んできたGANG PARADEが語った、遠くともはっきりとした目標は渋谷WWWに集まったファンに暖かくそして確実に受け止められ、GANG PARADEの5人は最後の演目「WE ART the IDOL」を披露してワンマンライブを終えた。

ワンマンの後日、シグサワアオの脱退という残念な発表もあったが、ギャンパレの歩みは止まらない。
次の一歩は、昨年2日目出演不可となったTOKYO IDOL FESTIVALへの再チャレンジ。その先は2ndアルバムのリリース、新宿BLAZEワンマンと日本武道館へ続く道を進んでいく。

GANG PARADEワンマン「WE ARE the IDOL」セットリスト

おすすめ

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
PAGE TOP